墨 人  ブ ロ グ

T A K A の 釣 行 レ ポ ー ト で す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第5回 墨人エギング大会



さぁ! 待ちに待った、


   第5回 墨人エギング大会


の日がやってきました!



この大会毎年墨人のメンバー で、
秋に1~2回(数勝負・デカさ勝負など) 行っているのですが、


今年はメンバー達は、何かと忙しかったり、家庭の事情だったりで、何回もは開催出来ない・・・


それなら、1回で濃い内容にしよう と思い、



『大物嘗』  『大漁嘗』  の二つの賞 を設けて、賞品 まで付けました。



受賞者は、賞金(参加費を半分ずつ分けたもの) と、どちらかに賞品も授与


という事になった。



ならば、条 件 も面白みを出すために、



 エントリーサイズは、15cm以上!

 場所は、どこでも、何を利用してもOK!




という事になり、



集合場所・時間など




 足 場 の 高 い と こ ろ に 集 合


 A M 4 : 3 0 ~ A M 1 0 : 3 0




となった。





そして、みんな色々考えたり、相談したりした結果、



全 員 が 沖 磯 希 望




ということになり、さらに相談した結果、




  ゴ ム ボ ー ト 組 VS 渡 船 組



って事に!




まず、ゴムボート組 は、


 おいら・YOSSAN・ノリソン


で、 スーパーヘルパーゆうたのパパさん も一緒に行ってくれる事に。



でもって、渡船組 は、とらっきーで、それに乗っかって、


  とらっきー・ぐっちょん・トイソン


3人 が行く事となった。




問題 は、、、第1回から、1度も良かった事のが無い、、、



  天 気  と  状 況



第1回の、 から始まって、台風直後だったり、大雨だったり、と



  恵 ま れ た こ と が 無 い ・・・



今回はどうなるだろうか・・・







そして、




当 日 ―



おいら
は、ゴムボートを用意するのと、車を停める場所を確保する為、



 A M 3 : 0 0 過 ぎ に 出 発




途中のコンビニによると、


 ぐっちょん 発 見 !



「おはよーさ~ん、早いなぁ~」
「あっ!おはよーさんです~ 
  いやぁ、早めに行って様子見てこようと思って」

「おいらは車の駐車場所を確保せなあかんし、ボート膨らまさなあかんで」

     ・
     ・
     ・
     ・



しばらく喋っていると、時間が経ってしまったので、慌てて現地へ向かう。


なんとか車を駐車し、ボートを膨らませていると、


ゆうたのパパさん 到 着


「おはよーさんです~ 早いのぅ~
  気合い入ってるんじゃないの~?」

「いや、今日は日曜やし、場所確保せなあかんで早めに来たんですわ」

     ・
     ・
     ・
     ・




すると、とらっきー 到 着


「おはよーさん」
「おはよーさん、待ち合わせ場所はココじゃないで?」
「知ってるよ、車見えたで
  あっちは、ゆうたのパパさんか?」

「そう」
「おはようございます・・・はじめまして・・・」
「おはようさんですー、・・・・」

     ・
     ・
     ・
     ・


しばらく話した後、とらっきー も場所探しに。



というのも、

渡船A M 6 : 0 0 にしか 出 港 しない為、

それまでの空き時間に、どこかで釣ろうと、その場所を確認に・・・



でも、目ぼしい場所はどこもいっぱい のようでした。



やがて、YOSSANも到着し、トイソン・ノリソンも集合場所に到着したようなので、

おいらも向かった。




みんな集まって、しばし 雑 談




でもって、





   大 会 ス タ ー ト !!





心配だった、天候・状況はというと、、、



今回はいつもとは違った!!




   晴 れ   波 穏 や か  風 弱 い




という、エギングをするには、持ってこいの、





  ベ ス ト コ ン デ ィ シ ョ ン




こんな事は、墨人大会〝初〟の事。




ここ最近は、釣果良い情報ばかり!




そうなれば、否が応でも、




  テ ン シ ョ ン 上 が り ま く り !!






渡船組は、出港漁港の近くの地磯に向かった。



ゴムボート組は、


ゆうたのパパさん・ノリソン ペア が先に沖磯に向かい、

TAKA・YOSSAN ペア が 次に向かうことに。


おいら達は準備にちょっと時間がかかり、ボートを出す時には、


ゆうたのパパさん達は、もう見えないところまで行ってました。




  や ば っ ! 早 く 行 か な い と !!



今回、ボートを漕ぐのは2回目で、しかも人を乗せるのは初めて




  ち ょ い と 緊 張 気 味




ボートを浮かべて、おいらが乗り込み、荷物を積んだ。




だが、、、



イマイチ ポジション〝しっくり〟こない・・・




おいらのボートは 3 0 年 近 く も 前 の も の なので、 座 板 という物が無く、


クーラーBOX をその代わりとしなければいけなく、


その位置が微妙に悪いので、ボートの上 微 調 整 をしていた。






    ぐら~  ぐら~  ぐら~




「おいおい、危ないぞ! 大丈夫か?」
「お、おう・・・ 大丈・・・」





バランスを取ろうと、ボートに手をかけた・・・





その時だった!










   ぐ  る  り  ん  っ っ








   ど ば っ し ゃ ~ ~ ~ ん







あっという間に、、、






   転   覆







おいら荷物 は・・・ 





   海  に  落  ち  た  ・ ・ ・





大丈夫かっ!!




慌てて岸に上がるも・・・






  全 身 ビ ッ シ ョ ビ シ ョ






・・・・・最悪や・・・
「大丈夫なんけ!? 荷物は?」
「お、おう・・・」




バッグ類は、リュックに背負っていて無事クーラーBOX、ロッドケース

海に浮かんでいたのを引き寄せ、なんとか無事



ボートも元に戻した。





無事じゃないのは、


   おいらの服装と、〝心〟 ・・・




10月のに落ちた割には冷たくは無かったから、ズブ濡れになったのはいいとしても、



さすがに、、、〝心〟 は 一瞬で折れました・・・。



そして、恐怖心 も強まった・・・。





でも、そんな事言っててもしょうがないので、気を取り直してもう1度乗り込んで、



なんとか、、、





   出   発





したのはいいけれども、まだ経験も浅いので、真っ暗な海は怖く、気持ちも不安定・・・



しばらく漕ぐと、ゆうたのパパさんが戻ってきてくれました。



「大丈夫か~?」
「大丈夫じゃないです・・・
  海落ちました・・・」

えーー!? 何で?」
「乗って荷物の位置を微調整するのにちょっと立ち上がったら・・・」
ホントにかー!?
  でも、ボートの上で立ったら危ないわ~
  大丈夫なんか?」

「ベッタベタやけど、なんとか・・・」
「危ないって言った瞬間にひっくり返ったんやわ」
「ほんなら、1人コッチ移んねや」
「ここで!?」
「大丈夫、大丈夫」




そういって、YOSSANゆうたのパパさんのボートに。


おいらは、またもや 牽 引 されつつ、1人で漕ぐ事に。




漕いでる時は、〝必死〟というか、半分〝放心状態〟で、



何にも考えず、ただひたすら漕いでいた。


漕いでるうちに、なんとなくコツはつかめてきて、


慣れてきた時に、沖磯の目の前に、、、




「全然大丈夫やが、漕げるようになってる~」
「う~~ん、なんとなくやけど・・・」





沖磯に先に渡ったノリソンに引き上げてもらい、





  無 事 ? ?  到  着




「お疲れさんです」
「最悪やわ・・・海落ちた・・・」
えーー!? マジっすか!?」
「出発する時に・・・」
「大丈夫なんですか?」
「大丈夫は大丈夫やけど・・・
   ハァ~~ア・・・
  ヤル気無くなったわ・・・」

「そら、そうなるわな・・・」
「何言ってるんやって!俺なんてまだまだ悲惨な目にあってるって!」
「う~~ん、けど、さすがに凹んだわ・・・
「大丈夫やって! ブログのいい〝ネタ〟になったが!」
「そんなネタ作りにきたんじゃないんやけど・・・」




とりあえず、カッパを脱ぎ、ビッショ濡れのまま、準備に取り掛かった。






  ここまで来て、一人で凹んでてもしゃあないな・・・


  こうなったら、気持ち切り替えて、釣りまくるしかねーなっ!


  デッケーの釣っちゃるっっ!!!






素早く準備して、無理矢理テンション上げて





   キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始 !







ノリソンもそのすぐ隣で始めた。









すると!!






   グ ー ッ





   グ ッ   グ ッ






よっしゃ!! 乗ったー!!
「早っ!」
「マジでか~!? やぁるのぉ~」
「いきなりけや」
「でも、、、小さいかな・・・」





上がってきたのは、 12cmくらいの リリースサイズ




見ると、カンナにラインが絡んでる・・・



どうやら、ノリソンのラインで、なんとか解こうにも、食い込んで中々取れない・・・


仕方なく切ることにしたのだが、ノリソンのエギは、手前の底の岩に引っ掛かり、



 ロ ス ト




「何か・・・わりぃな・・・」
「いえいえ、しょうがないっす」




ノリソン早くもロストリーダー結び直し・・・ 






トラブルはあったものの、釣りに関しては、幸先の良いスタートになった!






   よぉぉぉ~~~し!! 

    ズブ濡れやけど気合い入れるぞーっ!!







が、







その後は







  全 っ っ っ 然 釣 れ ね ー ー







「おっかしーなぁ・・・ いきなり釣れたのはなんやったんや?」







そんな中、反対側の水深の無いほうでやってる、ゆうたのパパさん



 ポン ポン  と、サイズは出ないものの、H I T している。




やがて、明るくなってきたので、渡船組ぐっちょんに電話してみる。


「もしもし~ そっちどう?」
「全然やって・・・ 沖磯行く前にいきなりロストしたわ・・・」
「それぐらいいいやん・・・
  おいらなんかボートひっくり返って、海落ちてベッタベタやわ・・・

海落ちたー!? わははははー! マジでかぁ?
  大丈夫なんか?」

「大丈夫は大丈夫やけど、ちょっと寒いわ・・・」
「そら寒いわ・・・」
「で、釣り始めて、いきなり釣れたわ」
ホントにか!?
「でも、ちっちゃくて即リリースして、それっきりや」
「そうなんやー」
「もうすぐ出港やろ? 頑張っての~」
「はーい」






その後も、おいら、YOSSAN、ノリソンにはアタリすらなく、



白々と夜が明け始めた・・・




潮が悪いのか、イカがいないのか、、、






   ど う な っ て ん や ? ? ?






反応悪すぎ・・・





そんな中、何気にノリソンのシャクリを見ていた。




素早い4段ジャーク、フォール・・・







   へ ぇ ~ 上 手 く な っ た な ぁ ・・・





なんて思いながら見ていた






   4 段 ジ ャ ー ク ・・・  フ ォ ー ル






その時!!







ロッドの先が、





   グ  ン  ッ




と持っていかれるように しなった!! 




よそ見をしていたノリソンも、ビックリしたようにロッドを立てると!







   グィーーーン   グィィーーーーン






   ジジジジ・・・   ジジジジ・・・・・







ドラグ音と共にロッドが曲がった!!





キ、キタっ!!
「やるなー!! 結構デカイんでないか?」
「わかんないスけど、、重いです」





  ジジジジ・・・  ジジ・・




「ドラグ緩すぎやっ! もっと締めろっ!」
「は、はいっ!」
「あんまり慌てて巻くなー」
「はい・・・」





その後、ゆっくり ゆっくり 寄せてくると、




お~っ!! 良いサイズそうやぞ!」
「ギャフかタモ入れるか?」
「いや、大丈夫そうです」




そして上がってきたのは、、、




   2 0 cm の グ ッ サ イ ズ !!




「やるなぁ~! 良かったやんっ!」
「ありがとうございますっ!」
「お~ 良いサイズやがぁ~」
「死んで縮む前に写真撮っておけよ~」
「はい、わかりました~」



で、画像がコチラ↓


   08.10.19 ノリソン










   いるのは間違いないみたいやなぁ~

    んなら、ガツンッと釣っちゃろかいっ!!









しかーし、、、








   ま ~ ~ ~ っ た く 釣 れ な い







デカイのどころか、チビっこいのすら、釣れない・・・




もうスッカリ明るくなって、マズメなんかとっくに過ぎちまった・・・



もうみんなほとんど諦めかけていた







すると!!






隣で!





乗ったーーー!!
「ウソやんっ!?」
「乗ったの?」
「みたいですわ~
  デカイんか?」

「たぶん・・・」





しばらくすると、足が見えた




デカイ デカイ!
20くらいじゃない?」
「もっとあるって! タモ入れるか?」
「大丈夫ですわ」
「そっちの低いとこから抜けるやろ」




でもって抜いてみると、思ったよりもデカイ!



「やっぱデカイって!」
「ホントやの~」
「なんか久々に釣ったんやけど・・」
「デカイっすね~」



先程釣ったノリソンのよりも、一回り大きく、丸く見えた。




早速、測ってみると、、、





   2 4 cm の ビ ッ グ サ イ ズ !!

    08.10.19 YOSSAN






「やるなぁ~! 何で釣れた?」
ヒ ョ ウ  マ ー ブ ル やな」






そう、この日、YOSSAN自作エギ(安モンのを剥いて下地テープと布を張りなおしたモノ)

試作も兼ねていた。



これは、随分前に、おいらが考案したのだが、方法が分からず、保留になっていたのを、

YOSSANが、とりあえず安モンのエギを改良して作ってきたもの。




考えたモデルは、

おいら考案の、キリン柄・ヒョウ柄・バンビ柄 の他、

YOSSAN考案の、オレンジ/パープル・パープル/オレンジ・ブラック など

下地の色は、赤テープ・マーブルテープ




で、



今回、YOSSANが作ってきたのは、

    コチラ↓

    YOSSAN 自作エギ


上から、

 オレンジ/パープル  赤&マーブル

 パープル/オレンジ  赤

 ヒョウ        マーブル

 キリン        赤




4モデル (他に、ブラック 赤 もあったが撮り忘れ・・・)





でもって、今回、その中の ヒョウ マーブル で釣れたのが、




  24cm の ビ ッ グ サ イ ズ





だっただけに、喜びと興奮もひとしおだっただろう。


今後は、更に改良を重ねて、オリジナルエギ開発してくれると思います。









さて、話を本題に戻します。









ゴムボート組は、その後もサッパリが続く・・・




すると、ゆうたのパパさんが、



ハマチや!!
   今、エギにハマチが2匹ついてきたわ!」

ウッソー!? そんならイカなんか釣れんが~」
「ジグの方がいいかも」





こんな事もあろうかと、今回はちゃんとジグ持ってきました。



早速、エギをジグに替えて、キャスティング!






しかし、、、






   ま っ っ っ た く 反 応 せ ず ・ ・ ・







さすがに疲れてきたので、休憩がてら、渡船組と連絡




だが、誰も繋がらない・・・



しばらくすると、とらっきー から電話が



「もしもーし、どう?そっちは?」
「全然あかんわ~」
「え~?! せっかく渡してもらったのにか? どこ?」
「○岩 やわ」
え?・・・そんなとこゴムボートでも行けるやん・・・」
「でも、ここで釣れんかったら、どの磯でも釣れんって言われたわ」
「そうなんや?」
「らしいよ」
「こっちは、ノリソンが20cm、YOSSANが24cm の釣ったわ」
「みたいやの~ さっきYOSSANと話したわ」
「おいらは全然やけどの・・・」
「こっちは9時半くらいに迎えに来るらしいで、それで上がるわ」
「こっちもそれくらいかな・・・」
「ほんならそれまでの」
「頑張っての~」




どうやら、今日はどこも イ マ イ チ 良 く な い ら し い ・ ・ ・


ま、時間と場所にもよるのだろうけど・・・


それとも〝腕〟か?







その後、ゆうたのパパさんの提案で、ボ ー ト エ ギ ン グ をする事に。



その方法は、

まず、ボートを潮上まで漕いで行って、そこでエギを落として、

後は自然な潮の流れに乗って、ボトムを攻めるながら潮下へ流れるだけ。

でもって、また潮上へ・・・ の繰り返し






早速、おいらチャレンジする事に。





潮上で、エギを落としてみると、深いのなんのって・・・




   軽~く15m以上はある・・・





つーか、、、ボトム取れてるかどうかさえ微妙・・・





潮上から潮下へ でもって、また潮上へ・・・









   な ぁ ぁ ん に も 釣 れ ま せ ん 






 2 往 復 したところで、







   気゛ 持゛ ち゛ 悪  ・ ・ ・






最悪な事に、





   船  酔  い





しちゃいました・・・。





これが、悪かった・・・





後はに戻っても、気持ちの悪いまま・・・





しばらく続けるも、ノリソンが リリースサイズを1つ

ゆうたのパパさんも リリースサイズをポツポツと釣ったのみ・・・



おいらは、船酔い寝不足の為、頭痛までしてきて、






   戦  意  喪  失





すっかり心が折れてしまいました




時間を見ると、集合時間まで1時間を切っていたので、



ゆうたのパパさんおいらは先に帰りの準備に取り掛かり、



YOSSANノリソン は、ギリギリまで粘っていた・・・





 が、






   ダ メ だ っ た ・・・







でもって、






ゴムボート組





    終    了






そして、集合場所に向かうべく、ボートで戻ることに・・・



まず、ゆうたのパパさん・ノリソン ペアが先に出て、

おいら・YOSSAN ペアが後に続くことに






いざボートに乗り込もうとすると、、、




出発の時の転覆が頭を過ぎる・・・






   ぐ  る  ん  っ




   ど ば っ し ゃ ぁ ~ ~ ん








   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 





脳裏に焼きついた出来事は、恐怖心へと変わる・・・






   こ  、 怖  い  ・ ・ ・






深呼吸一つ入れて、そぉ~っ と乗り込む。




荷物を載せ、YOSSANを乗せ、





なんとか無事に  出  発




先を行く ゆうたのパパさん を見ると、もうかなり先に進んでいた・・・




YOSSANの支持に従い、



右へ行ったり、左へ行ったり、フラフラしながらも、





   無  事  帰  還








     ホ ぉ ~ ~ ~ っ






時間を見ると、余裕あったはずが、TIME LIMIT まで残り30分・・・



急いでボートを担いで、駐車場に戻った。



後片付けをしてると、 目がまわる・・・






   気゛ 持゛ ち゛ 悪  ・ ・ ・





どうやら、直りかけた船酔い が ブ リ 返 し た みたいで、






  かなり気分が悪い・・・





それでも、なんとか集合場所までたどり着いた。



渡船組はまだ来ていなかったので、少し休憩することに・・・




しかし、




  気分はどんどん悪くなる・・・





「大丈夫ですか?顔真っ青ですよ?」
「・・・船酔いしたみたいや・・・気持ち悪いわ・・・」
「大丈夫か?」
「なんとか・・・ ボートエギングがダメやったかも・・・」






やがて、渡船組 も 到 着 





「お疲れさん」
「お疲れっす~」
「お疲れさん」




おいら自身は、かなり弱っていたが、


しばしお互いの釣果などを話して、




   結  果  発  表





「え~、まず 『大物賞』 は、、、

   Y O S S A N !!





   パ チ パ チ パ チ パ チ



「ありがとさんです!」


「続いて、『大漁賞』 は、、、

   該当者無し です」





  一 同 納 得





「でもって、賞品 は、、、

   Y O S S A N !! 」




   パ チ パ チ パ チ パ チ



ありがとさんですっ!」





結果的には、YOSSAN【 優 勝 】 ということに。








ここで、

全員の結果を、、、


 TAKA    キープ 0 リリース 1

 YOSSAN  キープ 1 (24cm) リリース 0

 トイソン    キープ 0 リリース 2

 ノリソン    キープ 1 (20cm) リリース 1

 とらっきー  キープ 0 リリース 2

 ぐっちょん  キープ 0 リリース3?(もっとかも)


でした。


ちなみに、

 ゆうたのパパさん  キープ 4 (15cm以下も含む) リリース 6 


という、ダ ン ト ツ な 数 字 でした。




それに引き換え、、、



墨人メンバー数字を見ると、、、






  ど ん だ け ヘ タ レ チ ー ム や ね ん っ っ !!




ってな感じですね。




中でも、おいらダ ン ト ツ で 〝 ビ リ 〟 でした・・・。 





その後は、みんなで輪になって、座り込んで



   雑  談  T I M E




いろんな話をして盛り上がり、楽しい時間を過ごした。


おいらも、少し気分も良くなった。




で、





「そろそろ終わろうか?」
「そやの」
「ヤバッ!早く帰らんとっ!」
「お疲れさん」
「お疲れっした~」
「お疲れ様でーす」
「お疲れさんですぅ~」







てなわけで、、、





   第 5 回  墨 人 エ ギ ン グ 大 会




は、 幕 を 閉 じ た 。 。 。









そして、その帰り、、、




おいらは、疲れもあったのか、車にも酔ってしまい、


家に近づくにつれ、



  寝 不 足 ・ 船 酔 い ・ 車 酔 い







  三  重  奏





に襲われ、これ以上無いってくらい、気分が悪くなった。



途中、何度か停車して深呼吸したりして、死ぬ思いで




  帰   宅




そして、、、



車から降りた瞬間



 

   ピーーーーーーーーーーーーーー(自主規制)





リバース してしまいました・・・。









今回の大会は、今までの中でも、天候や結果を見ると、




 ま ぁ ま ぁ 




結 果 だったと思います。



数日前情報からすると、ショボイですが、



そこは ヘ タ レ チ ー ム墨 人






   こ ん な も ん で し ょ う ~







参加出来なかった、今年のエースエロりん は



  「何やってるんや!? お前ら?



なんて言いそうですが・・・








しかし、、、ボートの転覆には参りました・・・。


10月の海に落ちた割には、寒くは無かったけれど、



 あんな最悪な経験はもうイヤですね・・・




みんなは笑ったけど、、、おいらは笑えんかった・・・







しばらくは、、、




 いや、、、




  もう、、、







   ボ ー ト は 卒 業 し よ っ か な ・ ・ ・
   (自分で漕ぐの) 















P.S.

    次の日 も、懲りずに、秋吉朝マズ狙い(時間限定釣行)で行ってきました。

    向かったのは、ちょっと前にエロりんも行った、


     び ー ち く


    ですが、、、



      さ ぁ ~ ~ っ ぱ り


    でした。

    おいらが、イ カ パ ン チ のみ秋吉が ゲ ソ のみ でした。

    このままじゃ悔しいので、元聖地までぶっ飛ばして、

    外テトラに入るも、、、

    おいらが、16cm のを 1ハイ秋吉が、12cm のをリリースして、


      終   了  


    でした。


    同じ時間帯に、とらっきー も、とある磯場に行ってて、

    13cm 以下 のが 3ハイだけ 

    だったみたいです。

    やっぱり、、、


    ヘタレチーム・・・


    ですかねぇ?



    あ、そうそう、大会の日の夕方

    ゆうたのパパさん は、また沖磯に渡って、


      21cm頭に11ハイ 


    だったそうです。


    凄すぎる・・・
  1. 2008/10/19(日) 04:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<秋ダービー 中間発表 | ホーム | ダービーエントリー>>

コメント

大会はお疲れ様でしたv-392
渡船はせめて暗いうちに出船してくれてたら違った結果になったかも知れないけど・・・ 仕方ないわv-393
渡船の前にの話は聞いてたから良いブログネタになったなってトイソンとぐっちょんと笑ってたんやってv-407
俺達も沖磯はデカ烏賊がバンバン釣れると思ってたから、ボーゼンとしてんたってv-399 持ってるすべてのエギ使ったし。
後、1回行けるかどうかだけど、20アップ釣れるように頑張るわv-392

聞いた話だけど、今年は夜中が良いって聞いたよ。
  1. 2008/10/22(水) 14:27:06 |
  2. URL |
  3. とらっきー #-
  4. [ 編集]

Re:

とらっきー 毎度さんv-222v-398

沖磯と言えば、やっぱり〝デカイカ〟が釣れるって思うもんねぇ・・・v-393

それにしても、この前は釣れなさすぎやったの・・・v-406

あの日は、〝潮〟も良くなかったし、青モノがいたんじゃ、イカは釣れんよ・・・v-399

夜中v-483が良いって話は、聞いてるよ。

理由としては、

○夜のほうがイカにとっての天敵がいない為
○夜に上げ潮になる日が多いこと


などがあるみたいやね。

ゆうたのパパさんにも、夜の沖磯 強化合宿 せなあかんっても言われてるんやけどね・・・v-393v-356
  1. 2008/10/22(水) 15:58:27 |
  2. URL |
  3. TAKA #-
  4. [ 編集]

毎度~ってどんだけヘタレチームやねんv-412

ぐっちょんに電話での話は聞いてたけど、
お前ほんと気をつけなアカンv-388

テトラから落ちたのといいざっぱーんといい、
もう年なんやで・・・。

tommy心配するぞーv-388
俺みたいに運動神経良くないんやで
気を付けれやv-411


夜がいいって?
今晩あの女モンの靴が置いてある例の場所に出陣してくるわv-391

でも降ってるんじゃなあv-406

でもカッパ着てがんばるわv-411
  1. 2008/10/22(水) 18:59:06 |
  2. URL |
  3. エロりん #-
  4. [ 編集]

Re:

エロりん 毎度さん~v-222v-405

いやぁ~ さすがに

 ヘタレやなぁ~

って思ったわ・・・。v-406

そういや、にテトラからも落ちたな・・・v-399

事故もあったし・・・

なんなんやろ? 何かにとり憑かれてるんかなぁ・・・?v-404

tommyは別に心配してないってさ~
海落ちたって言ったら、「ぶははは」って笑ってたわ・・・v-406


お前もあんなとこ行くんやで、とり憑かれんようになー!!v-393

で滑ってに落ちるなよぉ~v-389
  1. 2008/10/22(水) 19:10:19 |
  2. URL |
  3. TAKA #-
  4. [ 編集]

TAKAさん、みなさん大会おつかれ様でした。

今回は天候に恵まれて良かったですね!
TAKAさん無事?で何よりです。
ブログネタでそんなに体張らんでも・・・
ライジャケ開いたらもっと笑い取れましたよwww

それはネタとしてボートは危ないですからね。
多少ビビリながら行ったほうが良いんですよ。

ヘタレとか言いすぎですよー!
良い時もあれば悪い時もありますやん。
そんな事言わずに楽しくやりましょ。
みんなでワイワイ楽しくやりながら釣りをするのが
私の好きな釣りです。
  1. 2008/10/23(木) 20:04:55 |
  2. URL |
  3. 東もっちゃん #-
  4. [ 編集]

毎度さん。
大会シブかったね~v-394

天気よかったしv-278
デカい沖磯とらっきー&ぐっちょんと独占できて
気分爽快やったんやけどなぁ・・・
まぁこれに懲りずに地道にシャクってくわ。

けどよー考えると、お前昔から危険ネタ多いよな。
昔、スノボやってた時も、
超デカいツララ頭直撃したりv-399
ツアー1発目?のエアーでミスって肩から落ちたり・・・v-394
そんな伝説ばっかやん・・・

ナメルナヨ。お互い気を付けようなv-389


  1. 2008/10/23(木) 23:31:16 |
  2. URL |
  3. トイソン #-
  4. [ 編集]

Re:

東もっちゃん 毎度です~v-398

〝笑い〟取るためにわざわざ海落ちんて・・・v-399

ライジャケは、おいらのは『自動膨張』じゃなくて『手動膨張』やから開かんかったわ~v-391

朝っぱらから、「ぼっしゅうぅぅー」ってなってたら、そんなん完全やる気なくなって、
もう釣り止めて帰ってるね・・・v-390

いやぁ、ヘタレヘタレやって・・・
烏賊酔20UP♂をかなり釣ってるらしいらしいやないのぉ~v-403
それに引き換え、うちのチームは・・・v-388

でも、ヘタレなりに毎回楽しく釣りやってるのは間違いないから~っ!!v-221v-411
  1. 2008/10/24(金) 08:51:38 |
  2. URL |
  3. TAKA #-
  4. [ 編集]

Re:

トイソン この前はお疲れ~v-222v-411

初の渡船が寂しい結果に終わったのは、残念やったなぁ・・・

3人3人ともダメやったんやで、日が悪かったんやって、、、v-392

きっと、、、v-403

たぶん、、、v-389

そういう事にしとこ・・・v-390


スノボツアー〝つらら事件〟ね・・・v-390
あれは痛かった・・・v-406
秋吉は目の前で見てて、大爆笑してた笑いながら泣いてたけど、
おいら流血してるんじゃないか?」って心配でならんかったなぁ・・・v-399

エアーMiss は、しょっちゅうやったけど、あれも痛かったな・・・v-393

結局、スノボ引退したのも、エアばっかするから、
膝が『半月板損傷』になって、ドクターSTOPになったからやしな・・・v-406

ま、スノボといやぁ、エロりんがまだ初心者の頃に、なぁんでもないフラットなとこで、
 「 ド テ ッ 」
ってコケて、アバラにヒビ入ったのは笑ろたけどなv-411

お前も細かいマジボケ多すぎてココでは書ききれんわ・・・v-403


しかし、伝説作るなら、もっと良い意味で作らんとあかんな・・・v-394

  1. 2008/10/24(金) 09:13:35 |
  2. URL |
  3. TAKA #-
  4. [ 編集]

トイソン毎度~v-411

沖磯残念やったねぇv-406

あそこは去年会社の人と行ったわー。

俺は爆釣とまではいかんかったけど、20cmぐらいのそこそこ釣れて、

会社の人は15ハイぐらい釣ったんじゃなないんかなぁv-410

まあ、日が悪かったんやろなぁ。

でも、渡船ももうちょっと早く渡してくれればなぁv-390

まあ、シーズンまだ長いで30アップ目指して

がんばろっさv-411

に負けたままでは終われんやろv-396


TAKA アバラは痛かったv-406

膝の靭帯も痛かったv-406

お互い怪我には気を付けよぉなv-388

後で笑い話になるくらいならいいけど、

シャレにならんのはなぁv-390

そうそう新しいスパイクシューズ買ったわv-353

今度のはフエルト付きや(安モンやけど)

タモも注文したし金がねぇv-406

※23、24日の連休は雨風で釣行出来ずv-406
  1. 2008/10/24(金) 10:18:47 |
  2. URL |
  3. エロりん #-
  4. [ 編集]

エロりん、毎度さんv-410
あの沖磯は俺が良いって聞いたからそこにしたんやってv-393 釣れなかったのは場所のせいもあるかもね。メジャーすぎる沖磯みたいやで、もっとマイナーな場所にすれば良かったのかも・・・v-399 釣れないから途中、スッゲー責任感じてんたってv-406
トイソン、この前はお疲れさんv-392 マジで沖磯に降り立った時は20upはすぐ釣れると思ってたほど3人してテンション高かったよねv-410 すぐに下がったけど・・・v-399 今度はリベンジに行きたいねv-391

まぁ、みんな年なんやで、無茶しないで安全第一で楽しく釣行しようっさv-398
  1. 2008/10/24(金) 15:08:59 |
  2. URL |
  3. とらっきー #-
  4. [ 編集]

エロりん毎度さんv-407

あの沖磯、去年釣行してたんや。やっぱいるんやねーあそこはv-405オレも釣れると思ったんやけどな・・・結果がついてこんかったわv-431

30アップ?
まだエントリーサイズも上げてないんやけど・・・
けど、目標はデカく!気合入れてくわ。

とらっきー毎度さんv-407

そんな責任感じなくていいよー。
みんな初体験v-402でよー分からんかったし、船頭さんv-509のおススメやったし・・・
みんなが言うように日が悪かったんやろねv-409

けど、このままでは終われんざ。
もういっぺん行こさ!
  1. 2008/10/25(土) 00:40:32 |
  2. URL |
  3. トイソン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suminchu.blog92.fc2.com/tb.php/99-8e4199d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
墨人(すみんちゅ)
TAKAのブログ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセス

ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

↑ポチポチっと・・・

ランキング

ぎょねっとブログランキング

GyoNetBlog ランキングバナー

↑ポチポチっと・・・

QRコード

QR

お気に入りブログ新着記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

福井の天気

潮汐表

福井県-福井
提供:釣り情報フィッシングラボ

Google マップ


大きな地図で見る

都道府県別アクセス

 ブログパーツ 無料

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。