墨 人  ブ ロ グ

T A K A の 釣 行 レ ポ ー ト で す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

墨人ガンバレ!



  う~~~~ん、、、釣れない・・・



他のチームの者達は、かなり釣ってるのに・・・

うちのチームはなぜ釣れない?

中でも、去年爆発した、エロりん・ぐっちょん が今年は サ ッ パ リ ・・・

これじゃあ士気も下がってまうわ・・・





  ほんじゃあ

   おいらが2ハイ目を釣って、

    盛り上げてやろうじゃねーかっ!!






つーことで、




新月大潮最終日25日 に行く事に決めた。



場所は、普段は行かない、 南 の エ リ ア に行ってみようと思う。


そこは 実 績 もあるのだが、なかなか足が向かない・・・



なぜか?





  遠 い か ら !





その場所は、ちょっとが遠くて、なかなか行く気になれない。

それと、そこは入れる人数が限られているため、何人か入っていると釣りが出来なく、

そうなると、単なる寄り道になってしまうというリスクもあるからだ。



しかし、そこで釣れるのは間違いない!


結果も出ていると聞いた。



 ならば・・・


ということで、行く事にした。


土曜日くらいまで、単独で行くつもりだったのだが、

エギを物色しに、フィッシング ポイント に行くと、

看 板 娘 〝ますリン〟が、



「私も月曜日休みやで一緒に行こうっさ~
  どっか連れてってや」



と誘われた。



「いいけど、朝早いぞ?」
「何時頃?」
「3時には出発するかなぁ」
「それは起きれんわ~」
「・・・・・」

    ・
    ・
    ・
    ・


「じゃあ、現地集合にするか?」
「それでいいよ」
「じゃあ起きて出れる頃に電話してや」
「わかった~」




とまぁ、こんな感じで、一緒に行くことに。






そして、次の日の日曜



秋吉から電話があり、


「日曜の区民体育大会が中止になったで、
  月曜は子供ら学校やで、釣り行けるわ」



という事で、


秋吉も行くことに。



その事を伝えるのと、仕事がちょいヒマだったので、
またもや、ポイントに行って、ますリンと話をしていた。


「じゃあ、4時くらいには起きるで、出る時に電話するわ」
「わかった~、遠いけど場所分かるか?」
「なんとな~く、近く行ったらまた電話するわ」
「了解~」




で、また何気にエギを物色していると、


子供連れの キ レ ー な オ ネ ェ サ ン が入ってきた。


そして、目が合うなり、




あ!TAKAさん!




  え? あっっ!!




その、キレーなオネェサン は、、、




  おなハニ@ちゃん (烏賊酔:おなけん@さんの嫁)



でした!



「久しぶり~ よく分かったの~」
「車があったでわかったわ」
「あんなん乗ってるのあんまえんしの~
  あれ? 旦那は?」

「いない」
「何しに来たの?こんなとこまで」(失礼な・・・)
「誕生日のプレゼント買いにきたの~」
「旦那に? 優しいの~」
「もうとっくに過ぎてるんやけど・・・」
「あ、そういや、この前釣れたらしいの~」
「釣ってきたわ、小っこいの
  1キロくらいかな?

「27~8cmってとこか?十分やが」
「釣れてるんか?」
「・・・・1ハイだけ・・・」
「ブログ見たわ~ 首からさげてるヤツ
「そう、それだけ・・・」
「そうなんや~」
「プレゼントは、エギあげるんか?」
「うん、何がいいの? 
  全然わからん・・・」

「んんん~~ これなんかオススメやでっ!
「え~!? 派手じゃないか? 
  それTAKAさんの趣味やろ?」

「うん、そう! 
  でも釣れるって!」

「そんなら、ソレも買おうかなぁ」
「いいと思うよ!」
「釣れるの?」
釣れるって! 
  おいらは持っても無いし、使った事も無いけどの

「え~~~?」
「重見のおっさん知ってる?」
「知ってる。会った事あるわ」
「コレあのおっさんが作ったエギやで釣れるって」
「なら、これにするわ」
「あとは自分の趣味で選んだ方がいいよ」
「どうせすぐ無くなってまうんやろ~?」
「うん、すぐ無くなる」
「潜って拾ってくればいいのに~」
「マジで・・・拾いたいわ・・・
  でも今年はあんまり無くしてないよ
  2個・・・くらいかな?」

    ・
    ・
    ・
    ・


「もう仕事戻るわ~」
「あ、うん、ありがとう~」
「ほんなら、またぁ~
  バイバーイ」

「バイバーーイ!」




久しぶりの 再 会 でした。

相変わらず〝 お 綺 麗 〟でしたぁ。

ブログに書かないでと言われましたが・・・


書いちゃいました!


  ゴ メ ン ね ~








おっと、話が逸れましたね。






月曜日は、その釣り場には、ぐっちょんも夜勤明けで行くらしく、

現地に行く前に、人がいるかどうか電話して、人がいるなら別の場所に行く事にした。





そして、その日の夕方―


ゆうたのパパさん 3時頃から行く と聞いたので、

5時半頃 に様子を伺うと、



「どうですか?」
「さっぱりやわ~
  エギも2個ロストしたし、一人でやってると心折れそうやわ・・・」

「他に誰かいないんですか?」
「誰もいないわ、エサ師が一人いるぐらいやわ」
「でもそこで釣れたらしいですよ~」
「ホントかぁ~? ココってどの位沈めたらいいの?」
「着水してから15秒くらいで、
  あとは7~8秒でいいんじゃないですかねぇ」

「そんな浅いの?」
「じゃないと藻に引っ掛かってまうんですわ」
「わっかりましたぁ~ やってみますわ~」
「頑張ってください~」



そして、、、


店が終わって、家で晩御飯を食べてると、メールが・・・



ゆうたのパパさんからで、



『Second Impact

  6時半くらいです

   09.05.24 ゆうたのパパさん
 』

『スゴイじゃないですかー

  きっちり結果出しましたね~

  やりますねぇ~

  明日頑張りますわ

『35センチ 1.8キロでした

  先生の情報のおかげです』

『いやいや、実力ですって。
  羨ましいですわ~~』





行く前日にこんなん見せられたら、、、




  テンション上がるっしょぉぉぉ~~!!







そして、月曜日―




AM2:50  秋吉に電話して迎えに



と、その前に、ぐっちょんに電話。


「もしもーし、おはようさ~ん」
「おはようさんでーす」
「どう?そっちは?」
「誰もえんわ~
  イカさんの姿も無いけど・・・」

「そうなんかぁ~
  ほんなら、今から行くわ」

「はーい、待ってますんで~
  気をつけて~」

「着いたらまた電話するわ」
「了解でーす」



そして、秋吉の家へ




「おはようさん」
「寝れんかった・・・
  早めに寝ようと12時に布団に入ったけど、
  いつも寝る時間じゃねーで寝れんかった」

「マジでか!? 一睡もか?」
「一睡もしてねー」
「大丈夫けや?」
「そんな遅くまでやらんやろ?」
「9時か10時には止めるわ」
「それなら、帰ってからメシ食って寝るわ」
「ぐっちょんがもう行ってて、他に誰もいないってさ」
「もう行ってるんや?」
「12時に夜勤終わって直行したらしい」
「スゲーな・・・」
「他に誰か来ると場所無くなるで急ぐぞ」
「おう」



A M 3 : 0 0 出  発




ぶっ飛ばして、、、




A M 3 : 4 0  到  着




ぐっちょんに電話


「着いたよ~」
「早っ!! もう着いたんけ?」
「かなりぶっ飛ばしてきたもん」
「ほやろ~」
「どう?」
「ん?今んとこ異常無し」
「ははは
  ほな、今行くわ~」





早速準備して、ちょい離れたポイントに入る。



家を出た時は多少風があったのだけど、


ココは


 ほぼ無風



最近、風に泣かされる釣行が続いてただけに、

これだけでも、かなりの 好 条 件

しかも、 波も無い


時間的に、潮はあまり良くは無いが




  め っ ち ゃ 釣 れ そ う ~ ~




おいら秋吉は並んで、



   キ ャ ス テ ィ ン グ  ス タ ー ト !!





その直後!!





    グーーーーーー





根掛かり・・・



でもって、   




    




その後も、




   藻  藻  藻  藻




分かってはいたが、




   藻 オ ン パ レ ー ド




やがて、





あ゛あ゛あ゛~~~っ!!
「逝ったんけ?」
「逝った・・・」
「早からけや~」




秋吉
数投目で早くも  ロ ス ト ・・・



その後も  との 格 闘 は続き、



やがて、 白々と夜が明けてきた




「時間的には釣れてもいい頃なんやけどなぁ~・・・」
「そやな~ いい時間やけどの~」
もうどうやって釣ればいいんか分からんわ
「同じくやわ」
「そういや、ますリンから電話無いんちゃう?」
「そうやっちゃ、 4時には起きる って言うてたのに、
  すっかり過ぎてるし・・・」

「まだ寝てんちゃう?」
「かもな・・・ 早くは寝れんて言うてたし」
俺も寝てねーちゅうの!
「そやな・・・ そのうちかかってくるやろ」




やがて、天気も崩れ始め、

雨は降ってくるわ風は出てくるわ

釣れんわで、、、



しかも・・・




   寒 っ っ !!




濡れた服が体温を奪っていく・・・




でもって、



相も変わらず、 



    ば っ か り ・ ・ ・



ま、それだけ群生してるんだから、イカもいるはずだが・・・






   う ん と も す ん と も ・ ・ ・






しばらくすると、





秋吉ぐっちょん



ロッドが大きく曲がった!!





   W 根 掛 か り




「2人してかーいっ!」
「かってぇぇ~~ キッツイわぁ~~」



ぐっちょんは、なんとか抜こうと、



 アッチ行ったりコッチ行ったり



場所を移動して引っ張っている。





でもって、、、




    ブチィィィーーーーンっ



おっえぇぇ~~~!!
  ロッドんとこから切れたっちゃぁあ~~」

「はい、お疲れさん~」
「俺は何とか助かったわ~」
「マジで? クソ~~~」
「何個目?」
「2個かな・・・?」






その後しばらくして、おいら秋吉も人の事笑ってられず・・・


  ロ ス ト
 




でもって、時刻は AM5:30 を迎えようとした頃、

やっと、ますリンから電話が



「おはよう」
お っ そ い わ !
  今起きたんか?」

「ゴメ~ン、今から出るとこ
  釣れてる?」

「・・・・全然・・・」
「そうなんや」
「大体の場所分かるやろ?」
「わかるわかる。
  じゃあ、また近くなったら電話するわ」

「わかった、気をつけてな~」


「今から来るんけ?
  今何時やっつーの」

「まぁ、早くから来ても誰も釣れてないんやし、
  正解かもな」

「まぁな・・・」




すると今度は、とらっきーからメールが。



『おはようさん

  こっちも風が強くてアカンわ
  釣れる気がせんわ

『こっちは風はたいしたこと無いけど、藻だらけや。
  まだ誰も釣れんわ』




とらっきーは時間の都合で、短 時 間 勝 負 しか出来ないので、

某有名漁港
で勝負すると言っていた。

どうやら向こうも ダ メ ら し い ・・・






ほどなくして、おいらは、釣れた痕跡のある場所 移 動




しばらくすると・・・




   グーーーーーーー



   ズッ ズズズッ






「んん?何じゃ?」





なんだか、ではない感触が・・・



イカでもなさそうだし・・・





すると、




その先には、 ラインが絡んでた




「何じゃ~? 誰かのラインやわ」
「俺のかもしれんわ~
  さっき大分逝ったで・・・」

「ラインはエメラルダスか?」
「エメラルダスですわ」
「んなら間違いないわ・・・
  エギも付いてるっぽいけど、引っ掛かってる・・・」





   ぷっつーーーん




あ!切れたわ・・・ エギ逝ってもた
「マジけ~」
「でもこれ相当切れてるで?  
  30・・・いや、40m近いかも・・・」

「マジでけぇ?」
「きっちりリーダーまであるわ」
「勿体ね~・・・」




それからは、またしても、




   と の 格 闘





段々と ヤル気が無くなっていく・・・



やがて、時刻は AM6:30 に・・・



ますリン遅すぎじゃねーんか?」
「途中で電話するって言ったんやけどなぁ・・・」
「どこ通ってきてるんや?」
「織田抜けてくるみたいやけど」
「それにしても遅いな」
「電話してみるわ」


「もしもし? どこ?」
「今、○○」
「ほなもうすぐやな、分かるか?」
「このまま行けばいいの?」
「そのまま来ると、駐車場においらの車あるでわかるわ」
「わかった~」
「わからんかったら電話して」
「はーい」



その後しばらくして、


 ますリン 到 着




1番入りやすい場所に案内して、おいらはその隣に、

秋吉は、痕跡のある場所移動した。



ますリンに、この場所の大体の説明をして、


  キャスティング スタート



しばらくは、話しながらやってはいたが、



あまりの釣れなさに徐々に言葉少なに・・・




やがては、、、




   ほ ぼ 無 言 状 態





すると、何やら後ろから声が聞こえたような・・・


振り向くと、誰かがこちらを向いて頭を下げた。



   ん? 誰やろ?



よく見ると、、、




あ!! 



   エギングファイター:αミッチーさん
 

だった。


もう一人、友達の人もいました。




遠くて、声が聞こえないので、ちょいと上に戻って話をすると、

その友達の人が言うには、

前日の昼頃、釣れてたらしい が、型は小さいみたいで、

25~6cmくらいだったそうです。

それでも、 釣れないよりはマシ・・・

うちダービーには、 『小っさいで賞』 というのもあるし・・・



「もうちょっと頑張りますわ~」



とだけ伝えて釣り場に戻った。



きのう釣れて、今日釣れないわけが無い!




   釣 っ て や る っ !!






その 30分後、 


「明日も3時から仕事なんで、もう帰って寝ますわ」
「お疲れさ~ん」
「お疲れさんです~ 頑張ってくださ~い」
「あ、忘れ物」
「え?」
「さっきのPE はい」
「あ~ ははは、ありがとさんです」




  ぐっちょん  終  了






すると、とらっきーからメール


『どう?

  こっちは全然やわ

『あかん。

  ぐっちょんは帰った。

  ますリンもいるわ』



しばらくして、


『こっちもタイムオーバーで終了

  全然アカン。
  4時前に先端で2ハイあがったらしいわ。

  頑張ってや





  とらっきー  終  了  





やがて、痕跡のあるとこから、秋吉が戻ってきた。



「どした?ダメなんけ?」
ロストした・・・」
またけ? 何個目や!?」
「3つ目・・・」
「エギ無くなるわ・・・」



と、言ってるそばから・・・





   グーーーーーーー




    ぷっちぃぃぃ~~~ん




あ゛あ゛っ!! 切れた・・・
  全然力入れてないのに・・・」

「お前も人の事言えんげやっ!」
「あ~あ・・・ ヤル気無くなるわ・・・」
「どっか場所移動するけ?」
「でも、ますリン来たばっかやしなぁ・・・」
「私はいいよ~
  移動するんならしても」

「ほんなら移動するか?」
「ココはもういわ・・・」



ってなことで、 移動することに




車に戻って、移動の準備をしてると、αミッチーさんがこちらに


「ども~ 全然ダメですわ~」
「ココって何回か来た事あるんですけど、
  釣れたこと無いんですけど、釣れるんですか?」

「どうなんですかねぇ・・・
  釣れるとは聞くんですけどねぇ・・・
  よくわかりませんわ・・・」

「そうなんですかぁ・・・」
「今からちょっと北上してみます」
「そうですか、お疲れ様です」
「お疲れ様です~
  場所空いたんでどうぞどうぞ~
  頑張ってください~」

「あ、はい」




あまりゆっくり話せませんでしたが、初めて釣り場でお会いしました。

あの〝オレンジのロッド〟は目立ちますねぇ~。。。

またどこかでお会いできたら、いつでも声かけてください。





そして、どこへ移動しようか考えて、

あえて人があまり行かないような漁港 を攻めてみることに。




向かったのは、おいらも 行った事が無い漁港


近づいてみると、どうも先端には行きにくそう・・・



はい、ヤメ~



次に移動~




次はそこからすぐの 小さい漁港

ここは、去年の春にエロりんと寄ってみたが反応無し・・・

秋には、秋吉と来たが、これまた反応無しだったところ・・・


それでも、イカがいそうな藻場 もあるし、

とりあえずやってみようという事で、先端まで行くも、



  波はあるわ風はあるわ寒いわ・・・



数投だけして、、、



「釣れんな・・・」




はい、移動~~





次に向かったのは、前にゆうたのパパさんと寄ってみたら、


定置網やらブイたくさんあったとこ




ぐっちょんの話だと、ココも 去年は実績があった らしく、

この前来たときから、2週間も経ってるし



   い い の で は ?



と思って、行ってみました。



着いてみると、相も変わらず、定 置 網ブ イ だらけ




  釣れた痕跡もなけりゃあ、人もいない・・・





「やるだけやってみますか」
「そやな」
「たぶん、内側の藻場に来るはずやで、内側メインでやるといいわ」
「わかった~」




3人間隔をあけて、探る事に。



さっき行った漁港では、風も波もあったのに、

この場所は風裏になるのか、



  ほ ぼ 無 風



それでも、ちょっと外海側に出ると、横風を受けてラインが流される


投げれる幅は限定されるが、産卵場であろう場所 に投げるなら、




  ベ ス ト コ ン デ ィ シ ョ ン





早速、キャスティング開始




ここは水深がある為、対 春イカ用 に チューン したエギでは

落ちるのが遅すぎて、 イ ラ ッ とする・・・



それでも、釣れる事を信じて投げ続ける。



いつしか3人は無口になり、真剣に 




  シャクる、シャクる、シャクる・・・





それでも、






 釣 れ る 気 配 す ら あ り ま へ ん






そして、





 A M 1 0 : 0 0




   T I M E  U P





「終了やな・・・」
「あきまへんでしたね~」
「残ってやってるか?」
「一人やとすぐ心折れそうやで、やめるわ」
「ほな、あがりますか・・・」







  終   了





結果

 全 員  ボ ウ ズ







「なんか・・・
  もうどうやって釣れるんか・・・
  わからんくなってきたわ」

「どんだけヘタレチームやってな~」
「ホントやわ・・・」
「でも、この 新月大潮 はあんまり持ち込みも無かったよ」
「そうなんか?
  でも釣ってる人は釣ってるやろ?」

「なんか、小さい漁港とかで釣れてるみたい」
「入ってくればどこでもいるんやろうけどな~」
「もうちょっと釣れた後なら、もっと 冒 険 出来るんやけど・・・」
とかもいいみたいよ」
「でもどこがいいかわからんしな・・・」
「エロりんとかぐっちょんもあんだけ行ってても釣れんのやし、
  数が少ないんかな」

「去年は多かったね~」
「あんなもん異常やわ
  それもあの漁港ばっかり」

「なんであそこなんやろね?」
「さぁな? なんかいいんやろ・・・」
「それにしても、今日は ロ ス ト したなぁ~」
「しすぎやわ・・・」
「お前もしたやろが!」
「・・・2個」
「俺は3個」
「わたしはロストは無かったわ」
「また補充せなあかん・・・
  最近おいらが買ってばっかやでたまには買ってくれや~」

「俺この前誕生日やったんやで買ってくれや」
あぁ?
  しゃーねぇ~な、1個買ってやるわ」

「3個買えっちゃ!」
なんでやねんっ!!







ってことで、、、


またもや ボウズ・・・

いつんなったら釣れるのやら・・・

もう何も言い訳できません・・・



 ヘ タ ク ソ で す わ っ !


いつまでこの〝ボウズブログ〟続くのやら・・・


ますリン、せっかく一緒に行ったのに結果出せなくて、


  ゴ メ ン な ぁ ~


また懲りずに機会があれば行きましょう!




次の〝 X デ ー 〟 には必ずや・・・




 釣 っ て み せ る っ !!





きっと・・・



たぶん・・・



かなぁ・・・











P.S.

    エロりんも入れ違いくらいで 出 陣

    新規場所 を見つけたらしいけど・・・

    その後、 連絡はありません・・・

     撃  沈

    したのでしょう・・・



    トイソン土曜日 新規場所 出 撃 して、

    ロ ス ト   撃 沈

    したみたいです。。。


    
    ミ ン ナ ガ ン バ レ ~ ~ !

スポンサーサイト
  1. 2009/05/25(月) 03:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

3日連続


17日・18日・19日 と 3 日 連 続 釣 行 してきました!!


まず、 17日―


この日、同行したのは、


  トイソン・YOSSAN・ゆうたのパパさん



で、トイソンとは今年初


この日は日曜ということもあって、まずは場所選び・・・



例の某有名漁港は、
実績はあれど、超混雑が予想される為、なるべくなら回避したいとこ・・・。


南方面に行くか、それとも、沖磯に出て回遊を狙い打つか・・・

どちらかにしようと思っていた・・・





しかーし、、、





天気予報は、、、





   雨 ( 降 水 確 率 100 % )





さらに、、、





   強 風 注 意 報








条件悪すぎ・・・



しかし、せっかくだし、行くだけ行ってみようと言う事に。





前日ギリギリまでどこに行こうか悩んだ挙句、




沖磯ゴムボートでは 危 険 な為、中止。

じゃあ、南方面

時間かけて行ってダメなら、時間とガソリンの無駄・・・




ならば、とりあえず、不本意ではあるけれど、



   某 有 名 漁 港



に集合してから考えるって事に





当日は悪天候な為、人は少ない事が予想されたが、問題は 天 候 の 程 度

雨 くらいはカッパ着りゃあなんとでもなるが、〝風〟だけはどうにもならん。


現地に行ってみんことにゃあなんとも・・・






ってなことで、





 当日(17日)―



AM3:00 に出発して現地に集合する事に。




おいらトイソンは途中で合流して向かうことになり、とある駐車場で待ち合わせ。




AM3:05頃  トイソン



荷物を積んで、さぁ出発! って時に電話が・・・



ゆうたのパパさんからだった。




  もしかして雨がひどいから止めるとかか?




「もしもーし、おはようございます~」
「おはようさんです~
  着いたよ~」

えええぇぇーーー!! 早っ!!
  もう?」

「結構風が強いわ」
「そうなんですか? こっちはたいした事無いのに・・・」
「でも、反対側は背風になるでいいんでない?」
「人は?いるんですか?」
「今んとこ全然」
「んなら、今からこっち出るんで、3時半過ぎには着けると思います」
「了解で~す」



ゆうたのパパさん、もう着いたってさ」
「マジでか!?早っ!!
  気合い入ってんなー

「急ぐぞ!」
「おう」






ぶっ飛ばして、



 AM3:40 到 着



着いてすぐに、ゆうたのパパさんに電話




「今着きました~」
「お疲れさんです~
  今そっち行きますわ」


ゆうたのパパさんが戻ってくる間に、

 YOSSAN 到着



「ウィー」
「おはようさん」
「先に着いたんやけど、車が無かったで向こうに行ったんかと思って
  向こうまで探しに行ってもたげ」

「わりぃ、ちょっと遅れたわ
  向こうはどうやった?」

「誰もえんぞ」
「さすがにこの天気じゃな・・・」


そうこうしてると、ゆうたのパパさんが戻ってきた。


「お疲れさんです~」
「おはようございまーす」
「おはようざいまーす」
「風はどうですか?」
「向かい風やでキツイの~
  普段の2/3くらいしか飛んでないと思うわ

「そんなんでは全然釣りんならんの~」
「自分らは背風になるとこ行くんやろ?それなら大丈夫でない?」
「え?一緒に行かないんすか?」
「俺はしばらくこっちでやってみて、ダメなら移動するわ」
「一緒に行けばいいのに」
「ちょっとこっちで修業しますわ」




ということで、二手に別れる事に


おいら・トイソン・YOSSAN の三人は 背風になる場所へ 



移 動 ~





そして、釣り場に立って見ると、、、



追い風ではあれけれど、、、





   ひ ょ ば っ っ び ょ ば ば ば ー ー ー

   ぶ ぼ ば っ ぼ ば ば ば ば ー ー ー






という、



暴  風





「なんじゃこの風・・・」
「スゲーな・・・」
「・・・・・」
「とりあえず、やってみるか」




とは言ったものの、、、





   降り止まない雨 + 暴 風




に、早くも




   心 折 れ 率  5 0 %






キャスティングしてみると、ほぼ背風な為、

飛距離だけは稼げる



しかし、、、



ラインが風に巻き上げられる為、




   エギがなかなか沈まない・・・




そんな中、ゆうたのパパさんは、必死に風に向かって投げ続けている。

その姿からすれば、こっちはまだやりやすい。





   ち ょ っ と 頑 張 っ て み る か !





3人並んで投げ続ける。


お互いの声もで掻き消されそうになる。






ゆうたのパパさん側には、

何人かの釣り人が来てはすぐに諦めては帰っていく・・・

先端の外海にジギングをやってる人が何人かいるのみ。






やがて、




ゆうたのパパさん 一人ぼっちに・・・





1時間程すると、ゆうたのパパさんも止めていた。




でもって、こちらに移動してきた




「どうでした?」
「どうもこうも・・・
  あんなもんホントに修行やわ」

「こっちの方がまだ投げやすいでしょ?」
「全然マシやって!
  あっちで投げても、ぴゅ~~って戻ってきてまうんやで」

「よう1時間も投げてましたね~」
「あっちでやってきてみね。 悲しくなるよ」
「イヤです」




そして、4人で投げ続けるも、、、




   う ん と も す ん と も ・ ・ ・





そのうち、も、、、





 ずぼばばばっっ ぶぼばばばばーーーー


  ひょばばばばばぁぁ~~~~  ぶおわっ






という、 暴 風 どころか、





   鬼   風
 



に・・・



しかも時折、さ ら に 強 い 突 風  に押されて、思わず足が1歩前に出る始末・・・





その、足を1歩踏み出して前後に揺れる姿に、

なぜか〝とある歌手〟が リ ン ク した・・・







 ♪ 夢を~描いた テストの裏ぁ~

   紙ヒコーキ作ってぇ~ 明日に投げるよぉ~♪

  ♪ いつかぁ~ このくもり空ぁわって~

    虹を架けるはずだよ みん~なをつれ~てく~よぉ~


                (あの紙ヒコーキ くもり空わって/19)  









「って!!! わしゃ〝19〟(じゅうきゅう)かっ!!」
じゅうきゅう って言うな!!
「あ・・・ ジューク やった・・・恥ずかし・・・
「アホや」




と、〝ボケ〟トイソンに突っ込まれつつ、


投げ続けるも、


段々と休憩を取る回数が増えていき、


やがては、






   心 折 れ 率  100 %






「もうやめるか・・・」
「さっきロストした時点でやる気無くなったわ」
「どうする?」
「釣れんやろ」
「帰りますか」
「そやの」





ってなわけで・・・




AM6:30頃、 約2時間程 で、






   終   了





結果

もちろん、 全 員 ボ ウ ズ










だけならなんとかなったかもしれませんが、

暴 風 だけはどうもこうもなりません・・・。

みんな言葉少なに車に戻り、着替えて、


  解  散


ってな感じでした。。。









はい、次いってみましょう~



次の日、18日―



この日は、とらっきーが朝から某有名漁港に行くとの事だった。


朝早くの AM6:12



とらっきーからのメールで起こされた。





  ・・・誰?  ん?とらっきーか・・・

    ま、まさか!! 釣れたんか!?






メールを開くと、、、



『おはようさん。

  今日の某有名漁港は先端波被ってるわ』







   ・・・・・え? そ、それだけ?



    ・・・・・おやすみ・・・ 




その後、AM7:00頃に目が覚めて返事を返すも、


ウネリがあるわ、浮き藻だらけやわ、で、釣りにならないらしい。


結果・・・


ボウズ だったみたいです。




でもって、昼頃嫁(tommy)子供とで、いしかわ動物園 で

魚を観察 してると、秋吉から電話が



「今晩行かんか?」
「行けるとは思うけど、荒れててダメみたいやぞ?」
新 規 開 拓 で、例 の ト コ にハシゴ持ってこうと思って」
「アソコなら行ってみたいなぁ
  何時頃に行けるんや?」

「早ければ9時過ぎくらいには出れるやろ」
「わかった~ こっちも聞いておくわ」



で、に聞いてみると、


「秋吉が今日行こうって言うんやけど、いい?」
「いいって・・・もう 行 く 気 マ ン マ ン やが」
「え?そ、そう?」
「行けばいいけど、気をつけねや~」
「サンキュ~」




ってなことで、2日連続釣行 決 定 !!



前日
は思うように釣りができなかったし、今日こそは!!





夜―


9時半頃、秋吉に連絡して、返事が来て、ハシゴを取りに行って、




 PM10:00 出 発




現地に到着すると、






   ひゅおおぉぉぉぉ~~~~

    ひゅおおぉぉぉぉぉ~~~






という、強くも無いが、イヤラしい感じの風が・・・





「なんか風あるんで?」
「ほんとやなぁ~ 出発した時は風なんて無かったのに」
「ハシゴの上は高さもあるし、厳しいんで?」
「これくらいの風ならなんとかなるやろ」
「ほな、行きますか」





で、ハシゴをかけて、立ってみると、、、






    ひょばばばばばぁぁぁ~~~

     ぶぼばっ ぼばばばばぁぁ~~








   暴  風






「なんでやねん・・・」
「キッツイなぁ~」
「まだ外海向けてやと追い風やでいいけど」
「しばらくやってみてダメなら移動するか」
「そやな」





その1時間後―






    ぎょばばばばぁぁぁ~~

     ぶぼばっ ずぼばぁぁあああ~~

      ぶばばばばばばば~~~~







   鬼  風




に変わり、、、





   戦 意 喪 失





「アカンなこりゃ・・・」
「移動するか」
「どこ行く?」
「反対側は?」
「あっちも一緒やろ、風キツイって」
「ほんなら、某有名漁港にするか」
「この時間なら人少ないやろしな」




ってなことで、



  移 動 ~






着くと、意外にも人も少なく、ほぼ 貸 切 状 態


その上、風も弱い





  ラ ッ キ ィ ィ ィ ~ ~ ~ !!






しかーし、、、






   海 面 は 藻 だ ら け 





「こりゃ人いないはずやわ・・・」
「切れ間見つけてやるしかねーな・・・」
「つったて、見えんぞ・・・」
「今、下げ潮みたいやで、そのうち出てくやろ」
「かなぁ・・・」




で、早速開始するも、、、




やはり、





   藻  藻  藻  藻





浮いてるのやら生えているのやら分からんくらいに






    スマッシュヒット・・・






「やってられんわ・・・」
「もうしばらくして帰るか・・・」
「やな・・・」






その後、段々と風も強くなり、






  釣 り に な り ゃ し ね ぇ ・・・







ってなことで、短時間





   終   了






結果
は、もちろん

二人とも ボウズ




  

またしても に泣かされた釣行でした・・・

場所が悪いのか、タイミングが悪いのか、それとも・・・










はい、次 次





またあくる日、19日―




この日のは、エロりん南方面を攻めに行ってたらしく、

そこには、烏賊酔の マサラッチ・東もっちゃん もいたらしく、

しかも、マサラッチは、なにやら〝 残 念 な 事 〟をやらかしたらしいです・・・。


神様、、、否、 烏賊様からの



  今 は お と な し く し て な さ い



という御忠告を無視したからですわ・・・

ま、〝イカ馬鹿〟ですから、

おとなしくしてるなんて、できゃあせんやろけどね・・・



でも、おいらあんな目にあったら、、、しばらく立ち直れんかも・・・





え? エロりん


ボウズ だったらしいです。






その日の昼頃、ふと思った、、、





  この2日間は釣りには行ったけど、、、

  全然納得のいく釣りが出来ていない・・・

  ただ釣れないんじゃない

  釣りにすらならないのだ・・・  

  どうにもこうにも、、、

  腑に落ちん・・・

  今日は天気も良いし、風も無い・・・


  行くしかないんで??






一応、に恐る恐る聞いてみた


「今日も・・・行っても・・・いい?」
「はぁ? またぁ?」
「2日とも風で釣り出来てないんやって」
「・・・・・行くのはいいけど、一人ではアカンよ!」
え!? いいの!!?
  ほな、秋吉誘うわ」

「秋吉さん行けるんか?」
「行くやろ、あいつも ス ッ キ リ してないやろし」



で、早速、秋吉を誘うと、



「いいぞ、どこや?」
「ハシゴ持ってくとこ」
「わかった」




ってなことで、3日連続釣行 決定!!




すると、




PM6:30過ぎエロりんからメール



『今日の晩は行かんのけ?』
『行くぞ。
  三日連続で!

  行き先は、ハシゴで行くとこ』

『何時頃や?

  俺も行くわ

  そこってかなり高くねぇ?
  タモ届きそう?』

『行くのは10時くらいや。

  ソコはハシゴじゃないと無理やぞ。

  その下のとこには、デカイ墨跡あるぞ。
  でも、その墨跡ある外側はデンジャラスゾーンやわ。

  タモは釣れてから誰かが下に降りてやれば大丈夫。』
エ『ほんなら現地で待ってるわ』

『了解

  今日の上げ潮は、今からやと22時くらいがピークで、
  それからは下げ潮やな。

  で、朝の4時半から上げが始まって、11時がピークやわ。

  どっちにしろ、長潮やし、動きは悪いんやけどな』

『多分早めに行って、某有名漁港でやってると思うで、
  して』

『了解』






てことで、



エロりん 参 戦 することに。





になって、出発前にエロりんに連絡すると、

某有名漁港ではやっていないけど、違うとこでやってるらしく、


しかも、またもや〝風〟があるらしい・・・

話によると、釣りが出来ない程ではなく、

合流する場所なら追い風だろうとのこと。





  こっちでは、まったく風なんか吹いてないのに・・・

  頼むから、釣りが出来るくらいのであってくれ!!







PM10:30頃、予定より遅くなったが、



  出  発





ぶっ飛ばして、現地の駐車場に到着すると、







    ひょわわわわぁぁぁ~~~

     ひゅうぅぅぅぅぅ~~~






てな感じの、頬を撫でる程度の風





「これくらいなら大丈夫やろ~
  きのうより全然いいな」

「きのうは話にならんかったわ」
「ここは風が抜けやすいんやろ
  いっつも旗がバタバタしてるげ」

「確かにな、ここで無風は無いかもな」
「まず無いわ」
「ほな、行くか」




で、




ハシゴをかけて上に登ると・・・








   びょぼばばばばばーーーーーー

    ぶふぉっ ばばばばばぁぁぁぁ~~

      ずばばばっ  ぶぼばぁぁぁ~~







   鬼  風






「なんでやねん・・・」
「こんなもんまともに投げれんな」
「俺は下でいいわ・・・」
「そっちは背風になるで投げやすいけど、
  デンジャラス やでなー」

「浅いんけ?」
「浅いのもあるけど、根掛かりしたら中々抜けんぞ」
「去年はココでどんだけ逝ったか・・・」
「マジけ!?」
「気をつけれや~」




おいら秋吉で、エロりん




  ス タ ー ト





が、、、





追い風エギは飛ぶものの、ラインはふけ

エギ沈んでるのかすら分からない・・・





そんな中、数投目 に





「おえっ!! 引っ掛かったげ~」
「だから言ったやろ?」




そして、、、




あ゛あ゛ぁ゛ーーっ!!
「どした?」
「今、〝ミシッ〟って音した!」
「ヤバイんちゃう? 折れるんで?」
「おえ~~マジけやぁ~」
「つなぎ目か?」
「いや、リールんとこで音したっぽいな」
「無理せんほうがいいぞ~」 




その後、ロッドに負担がかからないように、

アッチ行ったりコッチ行ったり しながら、

ジワ~リ ジワ~リ 根掛かりを引っ張っていたが、


やがて、




   ぷっちぃぃぃぃ~~~ん





PEライン
途中から逝っちゃいました・・・




「おえっ!ムカつくっ!!くっそぉぉ~~」
「ほやでそっちは デンジャラス やっつったやろ~」
「もうやめた!」
「早っ!」




その直後、、、




あ゛ーーっ!!
「何や?」
「切れた~~」
「お前もか・・・」




エロりん・秋吉
 仲良くほぼ同時に ロ ス ト  



2人が結び直してる間、おいら何投かするも、、、




   が強すぎて釣りにならない・・・





「アカンわ、こんなもん・・・」
「結び直したらどっか移動するか?」
「そやな、どこ行く?」
「反対側行ってみようさ」
「え~~ 一緒なんで?」
「違うかもしれんやろ?
  寄ってみて、ダメなら移動でいいげ」

「アソコってどうやって行くんや?」
「1回テトラ降りてまた戻るんや」
「そうなんか~」
「行くならとっとと行こうぜ」
「俺は毎日何の為にハシゴ担いできてるんやろ?」
「ホントやわ・・・
  でも、今日のこの風は計算外やったわ・・・」





足早に車に戻り、



 反対側へ 移 動 ~




そして、釣り場に着いてみると、、、


意外や意外・・・




「全然大丈夫やな」
「ホントやな~ なんでこんなに違うんや?」
「あそこに川があるでそれで風が吹いてくるんで?」
「え~~? 川なんかで変わるんかなぁ?」
「多少は風あるけどこれなら出来るな」
「でも、墨跡はまったく無いな・・・
「ここってタモ届くんけ?」
「そこじゃ無理やな。 1段低いとこ降りてやっとやな」
「そんな高いんけ?」
「ココは高いぞ」




早速、



  3人並んで キャスティング開始!!





ココは、昨年おいら秋吉 を釣っている。

YOSSANを、おいらMISSして落としたのもココ

だから、 実 績 はあるが、入ってくる数未 知 数 だ。


外洋
にも開けているから、回遊も期待できる場所。


しかし、デンジャラスゾーンも多い




しばらくすると、




早速、、、






おえ~~~!! 切れたげ~~
   ムカつく~~

「ココも気をつけんとデンジャラスなとこあるって言ったやろ?」
「早速ですかー」
あ~~ムカつく!! もうやめたっ!
「早っっ!」
  


エロりん またもや ロ ス ト


そして、リーダーを結び直して、



某有名漁港行ってくるわ」
「おう、気をつけてな~」
「お疲れ~」
「ほな、頑張ってな~」




そういって去っていった・・・。


おそらく、、、1 0 投 もしてないのでは?





  ん~~・・・あいつは何をしに来たんやろ?

  どっちの場所でも数投ロスト・・・

  でもって、すぐにやめるなんて・・・

  諦めるの早すぎぢゃねーの?

  ま、釣れる時は1,2投目で釣れるけども・・・






そして、



やがて、こちらでも、、、




    ひゅおおおおおぉぉぉ~~~

     びゅおおおおおぉぉぉ~~~




と、

向こう側程ではないが、が強まってきた



そんな中、秋吉もまた ロスト・・・



「何をしてるんやろ、俺は・・・
  あっちでもこっちでも・・・」

「今日は俺はまだ無事やな」
「もうボチボチやめるか?」
「エロりんにどうかだけメールしてみるわ」



『どや?

  こっちはボチボチ終了や・・・

  根掛かりしすぎるわ・・・

  明日の朝まで粘れば釣れるんじゃ?』

『まだ早いでの中で寝てた』




どうやら、車中泊して、 朝 マ ズ 狙 い でやるようだった。




やがて、時刻は、


 AM1:30




「あがるか・・・」
「そやな・・・ もうこの風じゃ無理やろ」
「なんでこんなに風吹くんや?
  誰や?風男は?

「お前、3日間風強かったんやろ?
「うん・・・あっ・・・おいらが 風 男 か・・・」
「そういうことやろ」
「・・・・・」




というわけで、






    終   了




結果

はい、 ボ ウ ズ です






「こんだけ風あるとアカンな」
「疲れただけやわ・・・」
「でも、入ってはきてると思うけどなぁ」
「いるとは思うぞ
  でも、 でまともに釣りできんでなぁ・・・」

「そやなぁ」
「でも、あの ハ シ ゴ の と こ 結果出したいなぁ
「昼間に来て見てみんと、
  どこに藻場があるんやらわからんしな」

「でも、秋には絶対イイはずやで、
  秋はメインにしてみよっさ」

「そやなー」







ってなことで、


3日連続釣行で、3日連続ボウズ・・・

でもって、

3日連続風に泣かされました・・・


3日連続で釣りに行かせてくれた嫁(tommy)には感謝しますが、、、





   な ぁ ん だ か な ぁ ぁ ~ ~




モヤモヤ感
というか、、、ストレスが溜まる釣りでした・・・






それにしても、、、

今年は数が少ないのだろうか?

釣れてる事は釣れてるけど、

あの某有名漁港ですら、30人近くエギンガーがいて、

誰も釣れない日もあるようなので・・・



墨 人 でも、まだおいら以外は誰も釣れてはいないし、

おいらも決して満足のいくサイズではないです。





  下 手 す ぎ る ん や ろ か ?





おいらの次の X デ ー 予 想 は、


   6 月 8 日



なので、



そこで、




 モ ン ス タ ー 釣 っ ち ゃ り ま す っ っ !!











P.S.

    その後のエロりんですが、、、

    ハシゴのとこでのPEごと逝ったせいで、

    投げて2シャクリ目で、

    逆巻きしてあるボロイとこで、


     バ チ ー ー ン


    と PEから切れて、ラインが無くなって釣りが出来なくなり、

    泣く泣く帰宅したそうです。。。



     ご 愁 傷 様 ~

  1. 2009/05/19(火) 22:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Xデー!?


G.Wも後半に入った頃から、アチコチから 親アオリが釣れた との情報が入ってきた。


8日の朝おいらの携帯にも、烏賊酔マサラッチから、いち早くメールが届いた。



『Xデー

  いっぽんめ ㌔百


     マサ1



     マサ2



     マサ3 』


『ぬおぁーーーっ

  スゲー

  どこで?』

『〇〇やよ
  3時頃から6時までいたけど、
  15人くらいいたけど他誰も釣れてなーい
  Xデーの読み外しました(笑)』

『その中で釣れたのはやっぱ腕かぁ
  おいらがいても釣れんかったやろなぁ・・・
  いいなー、いいなー、うらやましいなー

  Xデーは11日ですからっ

『腕ではないざ 
  金髪ボウズまだされてないから(笑)
  誰でもわかるあたりでした
  
  11日釣れんかったら坊主しますか





   ぼ、坊主て・・・ 
    そんなにプレッシャーかけんなよぉ・・・





この時点で、知り合いの中では T O P !!


見事、1 番 乗 り を果たした。

さすがやね!




これを受け、是が非でも、



  墨人1番に釣ってみんなの活性も上げなければ!!



と、強く誓いを立てた!!







そして、、、





その日の夕方・・・



マサラッチからまたもやメールが。




   まさか! 夕マズでもか!!!??




と メールを開くと、




『Xデーなのに・・・・
  
  やってもーたどー
  春イカ終了しました
  今日〇〇で飛び降りたら・・・

  骨折、ねんざ、靭帯

  福井の春イカ業界はまかすたなり 

     マサ骨折 』

『マジでかっっっ
  
  大丈夫かいな

  飛び降りたって・・・
  先端行ってたんか!?

  おいらも昔あそこから飛び降りたら、膝カックンになって
  そのままバランス崩しながらフラついて、
  左の壁に顔面から突っ込んで、血まみれになった事あるわ。
  メガネは割れてまうわ、血は出るわ、痛いわで、最悪やった。

  ま、今シーズンは、嫁の産卵もあるんやし、
  おとなしくしてなさいって、
  神様、、、いや、烏賊様からの忠告かもね

  つーか、ラーメン食い過ぎでメタボったのが原因ちゃうか?

  冗談はさておき、
   お大事にな~







ってなわけで、



  烏賊酔 マサラッチ  戦線離脱・・・






可愛そうに・・・



まるで、、、



   天 国 か ら 地 獄 




ケガを治すことを第一に、おとなしくしててください。。。




  きっと無理でしょうが・・・







しかし、この情報を得てか、烏賊酔会の面々は、


この日の夕マズメ に、東もっちゃんも出陣して、、、



見事!!


  胴長34センチ
  重さ1500グラム



の立派な 親イカGET!!




次の日の朝マズメ 、モギーニョも、、、



  胴長38センチ
  重さ2000グラム



と、見事! 2キロUP!!! の大物GET!!




と、次々と 功績を挙げている!





のに対し、、、




我が 墨 人 は、



  未 だ 誰 も 釣 れ ず ・ ・ ・




いち早く親ダービー開始したのに、この始末・・・





  いかん・・・ こんなんでは・・・

   やっぱり墨人はヘタレチーム・・・

    そう言われかねない・・・



   な ん と か せ ね ば !!!








つーことで、




11日 おいらはこの日が〝Xデー〟だと信じ、

妄想妄想を重ね、イメージを膨らませた!

おいらの頭の中のシュミレーションでは、、、





   完 っ っ 璧 !!





2キロUPを捕らえた!



このイメージを頭に置きながら釣る事にしよう!






で、この日は単独で行くつもりが、ゆうたのパパさん休みって事で同行する事に。


でもって、エロりん夜勤明けで行くとの事。




問題は場所だ・・・





あの某有名漁港では釣果が出ているが、
きっと人が多すぎるであろうから リストから外した



エロりん
は、連日のように昨年モンスターを捕った場所を攻めていたが、
思うように結果が出ず、まだココは早いとの判断で、その有名漁港にに行くつもりだった。



そんな時、トイソンからの情報で、

  南方面の漁港が最近スゴイらしい

と聞いた。

なんでも、そこにいるエギンガーみんな釣れてて、中には1人で4~5ハイなんてのもいると・・・





   ホ ン マ か い な ぁ ~ !?






でも、そんな話を聞いたら、





   もうココに行くしかないでしょう~~!!




おいらゆうたのパパさんは、この南方面の漁港を攻めて、
ダメならエロりん攻めていた場所に移動しようという事になった。


それをエロりんにも伝えると、どうしようか迷った挙句、おいら達と合流する事に。



おいら達は、AM3:00に出発して、エロりんとは現地で合流する事となった。





AM2:50  おいらの店の駐車場にて待ち合わせ



おいら到着すると、ゆうたのパパさんもう既に到着してました。



「おはようございまーす! すんません、遅れて・・・」
「おはようさんですー! よろしくお願いします~」
「いいえ、こちらこそ~」
「じゃあ、行きますか」
「あ、ちょっとウ○コだけさせてください・・・」
「どうぞどうぞ~」
「その間に荷物積んじゃってください」
「わっかりました~」
「あ、エロりんも合流することになりましたわ」
「そうなんやー」
「じゃ、すんません」



そして、スッキリ して、



   出   発




道中、エギングDVD観ながら テンション アゲアゲ♂!!





もうすぐ目的地ってとこで、エロりんに連絡すると、


「おはようさん、もういるんか?」
「おはようさん、漁港着いたんやけど、
  先端には人いるし、エサ釣りのもんもいるで場所がテトラしかねぇんじゃ」

「そうなんけ? でもテトラでいけるやろ」
「波がウネってて、波が被るで怖ぇ~んじゃ」
「そんなに波あるんか?」
「暗いし、波の音で怖くてあんまり前まで行けんわ」
「とりあえずもうちょいで着くで、また連絡するわ」
「わかった~」 



そして、約50分もかけてようやく




   到   着





準備して、とりあえず漁港の先端を目指す事に



途中、エロりんに電話して、場所を確認。


そこまで行くと、

確かに波がウネってて、時折大きな波がテトラを洗うように被っている



「おはようさん~」
「おはようさんです~」
「おはようございます」
「波あるなぁ・・・」
「やろ?暗くて距離感も無いであんまり前まで行けんのじゃ」
「去年入ったとこってこの辺やったっけ?」
「あれはもっと手前やけど、あそこも波被ってるわ」
「んじゃ、とりあえずこの辺でやりますか」
「いいですよ、これくらいの波ならたいしたことないでしょ」
「俺はやめとくわ・・・
  いつものとこ行ってくるわ」

「マジでか?」
「気つけろや~」
「おう、わかった~」
「お疲れさんでしたー」
「じゃ、すいませーん、また」




ってなわけで、エロりんは 合流早々に移動することに


向かったのは、去年モンスターを上げてる、いつもの場所





おいらゆうたのパパさんはテトラ1~2個分離れて立ち位置を決めて、




   ス タ ー ト 





投げてみると、いささか潮の流れが強く、
時間的には満潮で水位も高めなので
テトラにも時折波が被ったり、飛沫が上がる状態。



本来なら、防波堤先端の、潮通しも良くミオ筋もあるS 級 ポ イ ン ト に入りたかったが、
県外のエギングチーム占領されてしまっていた。


この漁港は県外の人も多く訪れる 有名なポイント


その代わり、波の影響も受けやすく毎年犠牲者も出ている


おいらは、ココには去年2度程来たが、そのうち1回は竿を出す場所も無くUターンした・・・



  それほど釣れるということだろう






しかし、、、





  さ ~ ~ ~ っ ぱ り 釣 れ ね ・ ・ ・





やがて薄っすらと明るくなってきて、波も落ち着いてきたので、

おいらは前にも入った事がある場所へと移動することに

といっても、ゆうたのパパさんとは10mくらいしか離れていない  



「むこうの方が藻場になってるんで移動しますわ」
「わっかりました~、気をつけて」
「はい」



先程の場所とはそんなに離れていないのに、こっち側は、
まるで 藻 の ベ ッ ド の よ う に藻場が広がっている。

投げる場所によっては、7~8秒沈めただけでが絡んでしまう


スポーニングにはもってこいの場所だが、根掛かりのリスクも高い




案の定、、、




投げども 投げども




  藻  藻  藻  藻




藻のオンパレード・・・



格闘してるうちにスッカリ夜は明け、、、



時刻は、AM5:30を過ぎて



ちょっと嫌気がさしてきた・・・。



ここで、ちょいと休憩 & エロりんに電話して様子を聞く事に




「もっしー、こっちは波も落ち着いてきたけど、全然アカンわ・・・」
「そうなんかー、こっちもアカンわ」


と、電話の向こうで何やら音楽が鳴っている


「んん? ひょっとしてもう止めたんか?」
「あ? おう、もう帰ってるとこや・・・」
「 早 っ ! 
  他に誰かいたんか?」

「会社のもんもいたけど、アカンみたいやわ」
「そっかー・・・わかったわ
  気をつけてなー、お疲れ~」

「おう、お疲れ~」




ゆうたのパパさんにも、エロりんが帰った事と、向こうの状況を伝えた




「もう帰ったの?」
「みたいです・・・。
  あっちもダメみたいですねぇ~ どうします?移動します?」

「どこ行っても一緒じゃないか?」
「んー・・・でもここにいても時間の無駄じゃ無いっすか?」
「どっちでもいいけど、どこ行く?」
「南がアカンのなら、北上しながらイケそうなとこやってみますか?」
某有名漁港には友達が行ってるけど、誰も釣れてないって」
「そうなんですか? あそこでもダメなんや・・・
  最近は毎日釣れてるって聞いたんやけどなぁ・・・」

「じゃあ、北上していって、最後に某有名漁港で様子見して帰りますか」
「そうですねぇ、んじゃ行きますか」




てことで、




   移  動  ~






まず立ち寄ったのは、ゆうたのパパさんが気になってる場所で、


 工事中の漁港



しかし、見回しただけで、竿も出さずに




   移  動  ~




次に立ち寄ったのは、エロりん・ぐっちょんホームにしている漁港で、

去年の秋にはおいらもここで 2 0 c m U P を 釣った場所。



「ここのテトラの向こうやってみたいんや」
「じゃ、やってみますか」




つーわけで、先端に向かった





ところが、、、




ゆうたのパパさんがやってみたかったテトラ側

おいら20cmUPを釣ったとこ



すべてに、





  定 置 網  やら  ブ イ  が・・・





仕方なく、左側のポイント




ここは秋アオリヤリイカ実績があるが、春イカが釣れるかどうか未知・・・




「秋にアオリが釣れるんやで産卵もしにくるでしょう」
「左奥に見えるテトラ前には藻場もありそうやし、入ってきてるかもしれんの」
「ただちょっと水深があるでの~」
「そやの~」
「やるだけやってみますか」





ここは、


もっと前の方は更に水深もあり、潮の通しもかなり良く、

回遊待ちも期待できないこともない







がしかし、、、






    ま っ っ た く 反  応  無  し





時間的にも、AM8:00をすっかりまわり、マズメもへったくれもありゃしない・・・




「どうします? ダメっぽいでしょ」
「そやの~ もう帰りますか?」
「んん~ここまで来たんやし、某有名漁港にでも行きますか?」
「誰も釣れてないって言ってたよ」
「あそこは人多すぎてあんまり好きじゃないんやけど、
  1番釣れるのも確かやし、様子見だけでも行ってみますか?」

「いいですよ、任せますよ」
「じゃ、行きましょうか」




ってことで、またもや





   移  動  ~





秋でもないのに ラ ン ガ ン 状 態 です。




それにしても、、、今日が 『 X デ ー 』 やと思ったんやけどなぁ・・・

あの漁港でも釣れてないとは・・・

完っ全に〝読み〟外してもたなぁ・・・

マサラッチに言われたように


   坊 主 に な ら な あ か ん か も ・・・



んんん~ どうしよ・・・




んな事考えつつ、走って、



AM9:00 某有名漁港 到着





すると!





いるわいるわ、駐車場は車がいっぱいで、先端はおろか、

横に伸びてるとこにもビッシリと




   人  人  人  人





「どうしましょ?様子だけ聞いて帰りますか?」
「うーーん、折角やし、スペースあったらやろうかなぁ」
「道具持ってくの?」
「一応・・・ でもすぐ帰るし、クーラーBOXまではいらんかな」
「いらんでしょう」
「ひょっとして釣れるかもしれんで、スカリだけ持ってきますわ」




早々と準備して、先端へと向かった。



しかし、先端の1段低いとこまで 等 間 隔



   ズ ラ ズ ラ ズ ラ ~ ~ ~



っと並んでいる。





   ダ メ だ こ り ゃ ・ ・ ・




と思ったが、


最先端の足場の高い場所だけ空いていた!




「あそこ行ってみますか」
「そこしか無いの」



途中、ゆうたのパパさんが、何人かに様子を伺うと、



真ん中辺りで釣ってた人が、30~40分前に、



  30cmくらいのを釣ったらしい!




「30分くらい前に釣れたらしいわ」
「ちょっと前やが! 釣れるんで?」
「でもこれだけいて、朝から1ハイだけやでのぅ・・・」
「そっかぁ、やっぱ無理かぁ・・・」
「30分程やってダメなら帰ればいいが」
「そやね」



そして、最先端 到 着





すっかり日は高く、潮も止まってたが、風が無いのだけが唯一の救い


ここは足場が高い為、風があるとまったくと言っていいほど釣りにならない。

でも、イカはこの先端から中に入ってくるんだから、通り道の1番前であることも確か



  望みは〝0〟ではない




早速、キャスティング開始!!






だが、、、




時間的に、漁船が次々と帰ってくる為、

投げたと思ったらすぐ回収なんてこともしばしば・・・





   こ ん な ん 釣 り に な り ゃ し ね ぇ ぇ ・・・





何度か投げていると、






    ガ  ス  ッ




と 嫌ぁ~な音が・・・




巻いてくると、、、



やはり・・・




   小さなバックラッシュが・・・





もう~~!! ふっざけんなやぁ・・・
「どうしたの?」
「小さいダマができてるんですわ」
「解く針みたいなの貸そうか?」
「お願いします」



その便利な道具を借りて解いていたのですが、どうしても解けない・・・



こんな時は、力任せに引っ張ると意外と取れたりするんやってなぁ・・・



やってみるか~





   フ  ン  っ






   ぶ ち ん っ





あ゛あ゛あ゛ーーーーーーっ!! クソッ!!
「どした?」
「力任せにやったら切れました・・・」
「あらら・・・ どのくらい? 10mくらいか?」
「いや、20mくらいあるんじゃないですかねぇ・・・」




ところが、切れたのを、巻いてくると、



  かる~く 40m以上あった





ムカつく・・・ やってられん」
「それはかなり逝ったの~ 
   投げたら〝ビンっ〟てなるんでない?」

「そこまではならんと思うけど・・・」



切れたところにリーダーから先だけを結び直し、


試しに投げてみると、


まだ十分足りる!




    よ か っ た ぁ ~ ~ 





ってなわけで、気を取り直して




   再   開





この時、周りを見渡し、みんなが使ってるエギを見てみると、



  ピンク や オレンジ



派 手 系 が多かったので、


それならばと、逆に 地味系の暗い色 に チェンジ

でも、あわびシートで部分的にはアピール出来ている



それを、、、奥の藻場に向けて、




   フ ル キ ャ ス ト ~ ~



でもって、



得意の、、、





    ロ ン グ ス テ イ



      という名の



    放  置  プ  レ  イ






散々放ったらかしにした後、




ボトム付近を 




   ス ロ ー シ ャ ク リ & ロ ン グ ダ ー ト




で、ねちっこく攻めていた






次の瞬間!!!





   グ  ン  っ





んんん!!?




アタリか??



ワンテンポ置いて、、、





   ビ ッ シ ー ー





と 電 撃 ア ワ セ





すると!!





   グ ー ー ー ー

    グ ーー ー ー ー







気だるい感じの引き!





キターーーーー!!!

「マジでか!?」
「間違いないっすわ~」
「やぁるの~~!!」
「やっぱり放ったらかしくらいがいいんですわ~」
「そうなんか~」







でも、、、待てよ?


ここは コ ウ イ カ の ポ イ ン ト でもあるしなぁ・・・


この前のキロアップのカミナリイカの時も引いたしなぁ・・・




複雑な気持ちでゆっくり巻いてくると、


イカの姿が見えた!




間違いないですわ! アオリですわ~
「ギャフ届くか?」
「届くんじゃないですか?」
「ココ結構高いよ?」



で、ゆうたのパパさん5mのギャフを伸ばしてみると・・・





  届 か な い ・・・




「アカンわ・・・」
「そんなに大きくもなさそうやし、ブチ抜くか?」
「やめときねって! 結構大きいざ」
「そうかなぁ?1キロも無いんでない?」
「いや、あるって~」
「でもこれくらいならなんとか・・・」
「下まで行ってあげるわ」
「すいません、頼みます」




ゆうたのパパさんが下に行ってる間、

見渡すと!!





んん!!?
  あっ!! 後ろにデッカイの付いてきてる!!

マジか!?
「あ~~ 潜ってってもた~」
「ウソ~~」



おいらの釣ったやつより、一回り大きいの が後ろに着いてきて、

岸に寄ったくらいで、



   ス ~ ~ ~



っと戻りながら潜っていった・・・





ゆうたのパパさん1発でギャフ入れ成功


ギャフごと受け取り、戻ってきた頃には、


もうイカの姿は確認出来なかった・・・





    それでも、いるのは間違いない!!




ゆうたのパパさんは、すぐさまにキャスト




それを横目に、イカを引き上げてみると、、、



思ったよりも大きかった!





上がったのは、





     09.05.11 30cm 1.3kg




    胴 長  3 0 c m
    重 さ  1 2 1 0 g
 (後で正確に測ったら1300gでした)




と メスの割には大きめで、ちょいメタボ の






  今 期 初  親 ア オ リ G E T !!!  

   



でもって、




     墨 人 1 番 乗 り !!







っしゃぁぁぁぁーーー!!!
「これでみんなも一気に活性上がるんでないの~」
「良かったですわ~ これで楽になりましたわ~
  個人的にも、チーム的にも・・・」

「この状況で釣るのは凄いわ~
  引きの強さやの~

やる時にはやる男ですからっっ!!






すぐさま写真撮って、チームのみんなに送信!




『一番乗り

  やったでぇ~

  某有名漁港の最先端の内側で

   へへへっ  』






すると、みんなからも、次々と 「おめでとう!」 の返事が!





そして、烏賊酔マサラッチにも送信すると、返事が


『グッドサイズ
  Xデー正解かいな
  わたくし、先端ではあげたことありません
  坊主せんでよかったね
  オイラもソロソロ リハビリを・・・(笑)』




  ホント、坊主にならなくて良かったぁ~




これで〝墨人〟メンツも立ったし、自分自身も楽になりました!





この後は、しばらくやってみるも、






   反  応  無  し






先客の話だと、

見えイカが7ハイ確認出来たけどエギには見向きもしないらしい・・・






「どうします?もうちょいやります?」
「なぁんか余裕の発言やのぉ~」
「いや、そんな事は無いけど、、、
  これだけ人がいて、今んとこ、朝から2本だけでしょ?」

「そうやの~、ボチボチ終了しますか」
「ですね」
あーー悔しい~
  帰って寝て、夕方もう1回来ますわ!!」

マジで!?
  夕方からなら、とらっきーも来るって言ってましたよ
  夜には、秋吉も行くって言ってましたわ」

「そうなんか? 
  また先に釣られてまうんじゃないやろの~」

「満月は夜の方がいいっても聞きますからねぇ・・・」
「頑張りますわぁー」





というわけで、、、





   終   了





結果

TAKA  1ハイ 30cm 1.3kg

ゆうたのパパさん  ボウズ







「お疲れさんでした」
「お疲れさんです」

「でも、おいらの予想では、今日がXデーやで、
  もっと釣れるはずやったんやけどの~」

「いや、この状況で釣れただけでも良しとせなあかんて」
「それはそうやけど・・・」
「これでみんなの活性も上がるんでない?」
「と思いますよ~
  でも、、、エロりんだけは悔しがるやろな~

「なんで?」
「だって、毎日の様に行ってるのにまだ釣れてないし、
  ホントはココに来る予定やったのに・・・」

「でも、朝は誰も釣れてなかったみたいやよ」
「ま、おいらも 
   ただ運が良かっただけ 
  ですけどね・・・」

「そこが、引きの強さやって」
「うーーーん、そうなんですかねぇ・・・」







駐車場まで戻る間は、クーラーBOXを置いてきてしまっていたので、
スカリをぶら下げながらだったので、必要以上に注目されてしまい、
みんなから、

 「ヒーローやの~」

とか冷やかされてしまいました・・・



そんなに大きくもなかったので、ちょっぴりハズかったです・・・

 







帰ってそのまま、フィッシング ポイント に持ち込み、 計 測 記 念 撮 影


現地では、1.21kgだったのに、測りなおすと、1.3kgでした。


   ポイントにて1




でもって、色々ポーズも考えてましたが、、、

イカが滑るので、思うようにいかず・・・

こんなんになってしまいました。。。




    ポイントにて2
 
  イカのネックレスなんていかが?







この時、たまたまですが、新聞社の人が来てて、


「写真撮ってもいいですか?」
「こんなサイズでもいいなら・・・」
「大きいじゃないですか~」
「いや・・・小さいほうやと思いますよ・・・」
「とりあえず撮らせて下さい」
「はぁ・・・いいですよ・・・」




ってな事になりまして、

ひょっとしたら、新聞の釣果情報に載るかもです。。。









そして―





   帰  宅





それからすぐに、嫁(tommy)子供と一緒に ラ ン チ に行って、

それから、手取フィッシュランド まで行って遊んで帰ってきました。





でもって




 夜 ・・・





長くなるので、簡単に書きますが、、、(ってもう十分長いですね・・・)







おいらも秋吉と一緒にまた行く事に!!





行き先は、やはり 某有名漁港



現地には、ゆうたのパパさんとらっきー も行ってます。


出発しようとすると、ゆうたのパパさんから電話があり、





   カ ミ ナ リ イ カ  G E T




したらしく、

おいら
の時と同様、引きに騙され、アオリと勘違いしたらしいです。

そして、おいら出発と入れ替わりで、 終 了 して帰宅したらしいです。





現地到着すると、


朝と比べると、さすがに人は減っていたものの、それでも先端まで




   人  人  人





とらっきーと合流して、先端の1段低いとこに陣取るも、、、







   さ ~ ~ ~ ~ っ ぱ り





   夜光虫ビッカビカ & シーバスがウロチョロ



で、釣れる気配も無い・・・


ゆうたのパパさんの話では、夕方くらいにグッサイズのが上がったらしいですが・・・



しかし、


ここまでくると、さすがに 疲 れ が ピ ー ク で、




   フ ラ フ ラ ・ ・ ・





とらっきー も  終  了  し、



「ほんなら先にあがるわ~」
「お疲れさん」
「お疲れ~」
「あんまり無理したらあかんのやざ!
  気をつけての~」

「うん、、、さすがに疲れたで早めにあがるわ」
「ほな、頑張っての」
「ほーい」





その後、程なくして、、、




何事も無く、、、






   終   了




結果(夜の部)は、

TAKA・秋吉・とらっきー

   ボウズ

ゆうたのパパさん  カミナリイカ 1ハイ




でした。










さすがにこの帰り道は、眠気との闘いでした。

あわよくば・・・ と思ったんですがねぇ・・・

あんまり無理しちゃダメですね・・・


  もう〝おっさん〟ですから・・・







あ、そうそう、夜の部に出発する直前に、

烏賊酔
東もっちゃんからも お祝いメール を頂きました!




『おぉTAKAさんおめでとうございます
  やったりましたね~ポイントのホームページを見ました

  TAKAさんがブログを更新する頃には俺は音信不通になるんで
  コメント出来ない為、先にお祝いメールをさせてもらいました
  まだまだシーズン始まったばかりなんで
  お互いサイズアップをまだまだ狙って行きましょね

『アザーースっ

  でも、、、大きさが微妙~に小さいのが・・・
  メスにしたら大きいほうかもしれんけど・・・

  ポイント持ち込みしたら、たまたま新聞社が来てて、
  写真撮らせてくれって言われて、撮ったから今週載るかも・・・

  今からまた行ってきますっ

『サイズアップはこれから狙っていけばオッケーでしょ
  とりあえず一つ捕れば焦らず自分の釣りが出来ますしね

  今からまた行くんでつか熱いですね~
  じぇ~んぶ捕ったらアカンっすよ俺の分は置いといてくださいな

『大丈夫やって!
  どーせ釣れんて

  秋吉の付き合いで行くだけ。

  でわ、また

  出陣してきまっス




東もっちゃん ありがとね~~♪








てなわけで!




なんとか今年も 


  親 ア オ リ G E T


できました!!



しかも、


   墨 人 1 番 乗 り !!




これでみんなの活性も上がるし、

これからは サイズアップ を目指してじっくり攻めれます!

今年の目標は、とりあえずは、


  2 k g U P ♂ !!


なので、


それも達成できるように気合いいれますっっ!!





それにしても、やっぱり、、、あの漁港なんですねぇ・・・

おいらは、去年はあそこでは釣れませんでした。

あそこはホントに人が多くて、プレッシャーも高いので、

今年は行くつもりは無かったんですが、、、

やはり 釣れてる場所で釣らないとダメなんですかねぇ・・・

でも、もうあまり行かないようにします。

人が多いと、入れる場所も限られてくるのと、

狭いスペースに強引に割り込んでくるような マ ナ ー の 悪 い 人 も多いので・・・

みんなの釣り場なので、楽しくやれればいいのですが、みんなも必死ですからね・・・


またどこか 新 規 開 拓 でもしてみますかねぇ~ 



では、



今回の喜びと次への気合いを込めまして・・・






  っ し ゃ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ぁ ー ー ー ー !!!











P.S.

    13日の朝早くに、ゆうたのパパさんからメール


    ゆ『やっとです

      やっとあがりました!
      朝4時ぐらいに、某有名漁港です

      33cm 1.4kgでした

        09.05.13 ゆうたのパパさん 32cm 1.5kg  』




    お め で と う ご ざ い ま す !!!

    後で正確に計測したら、

     32cm 1.5kg

    だったそうです。

    
  1. 2009/05/11(月) 03:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

キロアップ!


G.W に突入しても、まだどこからも ア オ リ情 報 が無く、

密やかに、〝 福 井 1 番 乗 り 〟 を狙っていたんですが・・・

つい先日、、、


出ちゃったみたいですねぇ~・・・



ちょっぴり・・・




   悔 し い で す ッ !!





まぁ、福井1番は、、、たぶん無理やとは思ってましたけどね・・・






 しかーし!!





  墨 人 1 番 は 譲 れ ね ぇ ぇ ー !!






ってなわけで、




4日本気で狙いに行ってきました。




行き先を決めた時点では、まだどこからも釣れたという情報も無かったので、
少しでも確率の高い場所 で、しかも、GWは否が応でも人が多いから、
少しでもプレッシャーの少ないとこ でやろうと思いまして、


今回選んだのは、



  『 か な り 南 の エ リ ア の 沖 堤 』





ここの手前の防波堤には去年も来たんだけど、結果は、、、




   惨  敗



でした。


その時、そこからちょいと沖にある防波堤で何人かがボートで渡って釣ってたんですが、
それがまた 釣れるのなんのって!!

遠目で見てても、

ロッドが大きく曲がって、ギャフ入れて

 ってのが 連 発 してました。



その時に誓いました・・・





  来 年 は 絶 対 に 渡 っ て や る !!




と・・・




で、今年・・・




4日決 行 (リベンジ) する事に!!





同行するのは、


  YOSSAN・エロりん・ゆうたのパパさん



です。



偶然ですが、


  去年悔しい思いをした3人


   ゆうたのパパさん


となりました。



ま、去年と違うのは、、、

そう、ボートのスペシャリストゆうたのパパさん がいるので、

安心して 沖 堤 に渡れます。




YOSSAN・ゆうたのパパさん は、

AM3:30
 に うちの店の駐車場に集合して現地に向かう事に、

エロりんは、現地集合 という事になった。 







この前日は、早めにベッドに潜り込んだにもかかわらず、



  キロアップ連発を想定してのイメトレ 
        (ただの妄想ですが・・・)



してたら・・・





  寝 つ け ね ぇ ぇ ー ー !!






ウトウトすると、子供の寝返りパンチを受け目覚め、、、


ウトウトすると、子供の寝言(泣き声)で目覚め、、、(何度も)



挙句の果てにゃあ・・・




見ず知らずの子がベッドの回りを走り回るような音と共に・・・




   金  縛  り




になり、


その子供が、おいらの娘の足を引っ張るような



   超 常 現 象 ?



的な出来事が・・・





固まった体で抵抗するように、心の中で唱える






  ナンマンダブ ナンマンダブ・・・


   ココに来ても何も出来ないからアッチ行きなさい!


    ナンマンダブ ナンマンダブ・・・・・







しばらくすると、す~~~っと 体が軽くなった。



さっきまでグズっていたも ピタリと泣き止み、熟睡





ふと時計を見ると、



  A M 1 : 1 5





 マジか・・・?


 もう2時間も寝れんし・・・


 どうしよ・・・



 起きてようかな・・・


 でも・・・




 寝不足は危ないし・・・




 どうしよ・・・







   Z Z Z Z z z z z ・ ・ ・







で、


  A M 2 : 5 5  起 床 




軽い朝食を済ませ、トイレを済ませ、グロ〇サンを流し込み、



  出  発




店で待ってると、



ゆうたのパパさん 到 着




「おはようさんです~」
「おはようございまーす」
あ!偏光忘れてもた」
「YOSSANまだやし、取ってきてもいいですよ」
「いいか? すぐ戻る」




その後、しばらくして、


YOSSAN 到 着


「おはようさん」
「おはようさん、ゆうたのパパさんは?」
「今、忘れ物とりに帰ったけど、すぐ来るやろ」



するとすぐに、戻ってきました。


「おはようさんです~、すんませーん」
「おはようございます~」

    ・
    ・
    ・
    ・



荷物を積んで、




   出  発





途中、エロりんに連絡入れると、

向かってる途中との事。




予定より若干遅れたものの、、、




 AM4:20



   現  地  到  着




すると、ほぼ同時に、



 エロりん も  到 着





早速 車を停めて準備に取り掛かった。


改めて駐車場を見渡すと、ビッシリ 埋まっている。



「これみんな釣りに来てるんか?」
「そうじゃねーか? 県外ナンバー多いし」
「よかったなー沖堤で」



ゆうたのパパさんがボートを膨らませている間に、おいらは ウ○チングTIME



戻ってくると、もう既に 準 備 万 端




さぁいざ、 出ー発っ!!




ボート先発は、ゆうたのパパさんおいら



久々のボートで ちょいと緊張・・・



すると、




「おいおい大丈夫けぇ? 落ちんなや~」
「落ちるかっ!!」
「危なっかしーんじゃ~ お前ぇは~」
「大丈夫じゃ!!」





でもって、、、



   無 事 ? 出 航 !!





海の状況は、



  風も無く波も無くまるで池のよう・・・




しっかし、いつ見ても、ゆうたのパパさん漕 ぎ っ ぷ り は、



   無駄なく、正確で、速い!!




結構距離があるように思えたが、




   あ  っ


という間に、



   到   着



荷物を降ろして、防波堤の先端まで歩いてきた

YOSSANとエロりんを迎えに行って、これも



  あ  っ


という間に



   到   着




みんなほぼ同時に準備に取り掛かった



最初に準備出来たのは、YOSSAN




「ほんなら、お先に」


と、

 本日の第1投目のキャスティング





が!





   ひ ゅ っ




   パッチィィィーーーン




   ぴゅぅぅぅぅぅぅうううう~~~~

 


    ぽしゃ





いきなりの ロスト




「何やってんやぁ~?」
「おっえぇ~ 先端絡んでたし・・・」
「はい、ご苦労さん」




後は順々にキャスティングして、



1番だったはずが逆に出遅れたYOSSANを尻目に、





    ス  タ  ー  ト




ここは、基本的に砂地だけど、特に内海には 良 い 藻 場 が点在していて、

イカにとっては、絶好のスポーニングスポット で、

外海藻場は少ないものの、回遊してきたのを狙えるスポット です。


ただ、去年来た時にも思いましたが、ここは、コウイカのポイントでもあります。

実際、去年はエロりんが、コウイカを釣りました。しかも2ハイ

周りでもコウイカの方が良く釣れていました。

おいらYOSSANそれすら釣れませんでしたが・・・



そんなポイントですが、アオリイカ実績 でも かなりなところ です。







投げ始めてしばし時間が経つも、




   反  応  無  し





やがて、

エロりんが手前の何かに根掛かり、、、





   ぷ っ ち ー ー ー ー ん





   ロ  ス  ト





「おえーっ!! なんでこんなとこで切れるんじゃー!」
「おめでとさぁん!」
うっせーんじゃ!!





その後は何事も無く、、、時間ばかりが経過し、

スタート時4人ひと塊なくらい同じような場所で投げていたのが、

みんなどんどんと離れ離れにいろんなポイントを攻め出していた。





すると、




内側を攻めていたエロりんの ロッドが曲がっている!

何か釣れたようで、早速見に行くと、、、






   コ ウ イ カ




でした。。。



大きさは、15cmあるかないかの アベレージサイズ




こんなん釣りにきたんじゃねーんじゃ!
「得意やなぁ~ コウイカ 釣るの」
うっせ~なぁ~
  とりあえず、ボウズは解消で!」

「そんなもん釣って嬉しいんか?」
「釣りたくて釣ったんじゃねーわ」
「とか言いながら、思いっきり内海のコウイカ ポイント投げてるやん
あ? まぁな・・・




その後何も釣れないと画像が無いので、とりあえずスカリに入れておくことに。






でもって、またもや、、、






    無  反  応  状  態





開始してから、エギをチェンジしつつ、

イカの通り道であろう場所を攻め続けてたおいらも、

さすがに痺れを切らして、 移 動 ~




防波堤の真ん中辺りから、潮の道がヨレているとこ を攻める事に




しかし、




どんどんと潮の道が沖へ沖へと遠ざかり、やがて消えてしまった



それでも、ヨレが出来るという事は何かストラクチャーがあるのかもしれない



とりあえず、ボトムをスロー&ダート で攻めていた








その時だった!!!







   グ ン っ





と、一瞬、ひったくるようなアタリが!!







   ん ん ん !!? 何 じ ゃ ?




アワセてみると・・・





   グーーーー




手に伝わる重み・・・





  間 違 い な い !!  イ カ や !!





ここは慌てず、スローに巻いてみる



まだ誰も気づいてない・・・




重みはあるが、引きは感じない・・・





   あ ら ?  か ?  コ ウ イ カ か ?



   


ちょっと速めに巻いて浮かしてみると、、、






   グーーッ  グーーーッ




と、 ジェット噴射の引き!!





   おーー!! 引くねぇー!!

   しかも ちょい重いぞっ!!

   これは、、、



    キ ロ ア ッ プ  か ぁ !!?




ロッドを立てて慎重に巻いてると、さすがに気づかれた!




「キタんか!?」
キタっ!! ギャフ入れ頼んます!」
マジけやっ!! コウイカやろ?」
「いや、かなり引くし、コウイカじゃねーやろ~」
「クッソー! バレてまえ!」
バラすかっ!!
「イヤらしいな~ 黙ぁ~って巻いてるの~
  ロッド曲がってると思ったんじゃなー」

「上げてからビックリさせようかと思って」
「根掛かりかと思って見てたら、 グ ィ ン グィ ン やってるんやし」
「最初はグンっって持ってったんやけど、その後引かんかったで、
  藻かと思ったんやってな~」

「デカそうか?」
「かなり重いでキロあるかも・・・」
「マジかー!? やぁるのぅ~」
1番乗りいただいちゃったかなぁ~!」
ハズれてまえっ!!
なんでじゃ!!




やがて、 ゆ ~ ~ っ く り と 〝 赤 茶 色 〟の 個 体 が上がってきた!




見た目にも大きい!!






っしゃー!! アオリやろぉ~」
「デッカ!!」
「重たいもん」
んんん~? なんかコウイカっぽくないか?」
「え~? 結構引いたよ? コウイカはそんな引かんので?」




そして、ギャフ入れ して上がってきたのは、、、






  1 2 6 0 g 文句なしのキロアップ  の







     09.05.04 TAKA カミナリイカ 1260g




    カ ミ ナ リ イ カ (コウイカ)







ウソやぁぁ~~~ん、
  めっちゃ引いたで絶対にアオリやと思ったぁ・・・」

「あっぶねぇぇ~! 良かったぁ~」
「くそぉぉぉ~~・・・」
「でもデカイの~、ここカミナリイカも釣れるんや~」
「初めて釣ったわ~ コウイカでもカミナリは引くんやの~
  紛らわしいわぁ・・・」

「デカくても、外道は外道やでな」
わーってるわっ!! 
  でもとりあえず、ボウズは解消かな」







アタリといい、引きといい、重さといい、


キロアップアオリに間違いないと思っただけに、、、







  悔  し  い  で  す  ッ







とりあえず、釣れたカミナリイカスカリに入れようとすると、




   ぷ っ く ~ ~ ~




と、まるでフグかのように




    膨らみ出した!!




「何じゃコイツ!? なんで膨らんでるんや?」
「わっからん・・・ どんどん膨らむな~」
「とりあえずスカリ入れとくわ、そのうち縮むやろ」






しかし、いつまでたっても縮まらないので、エロりんピックで穴を開けると、



   ふ し ゅ ~ ~



やっと萎んだ。




でもって、スカリごとまた海に戻すと、


おいらカミナリイカが、エロりんコウイカを、、、





  掴 ん だ !!





「なんじゃ?こいつらペアリングし始めたんか?」
「ホントや! 捕まってるし」
「これペアリングでなくて、食ってるんでない?」
ウソやー!? あ!! そうかもしれん・・・」
「スゲーな~」
「おえ~!何するんじゃ~」
「しらんがなー」




でも、ほうっておく事にした。。。





そして、


ちょっと気の抜けた体にムチ打って気合入れなおして




   再   開











しばらくすると今度は!






エロりんのロッドが大きく曲がっている!!







その先には大きな物体が浮いている!!






それは、、、






    ブ   イ



 




「さすがにそれは上がらんやろ~?」
うっせーなー! 」
「諦めろや~」
「少~しづつコッチくるんじゃ」
「無理やろ・・・」
「上げちゃる!」





    ぷちーーーん



あ゛あ゛ーーーーっ!!
「当たり前やろ~」
「クっソォォーーー・・・」










同じような場所にいてもダメそうなので、思い切って逆サイドの端でやってみることにした



リーダーを結びなおしてるエロりんを横目に 移動~



「ご苦労さんやの~
  あっちまで行ってくるわ~」

「うっせーわっ!」





やがて、

ゆうたのパパさん移動してきた


「どうっすか~?」
「全っ然・・・」






投げども 投げども







     無  反  応






それでも諦めずにボトムを探ってると、、、






   グーーーーー




   ビィィィィーーーン  ビィィィィィーーーーン





あ゛ぁ゛~~~ クソーーーー」
「根掛かりか?」
「みたいです・・・」
ア レ 使ってみたら?」
「え?」
〝おかえり〟
「あ!そうっすね~ 取ってきますわ~」



荷物置いてあるところまで戻ると、


「どうしたんや?」
「根掛かってもたで、〝おかえり〟使おうと思って」
〝おかえり〟ごとロストっての期待してるわ~
「するかっ!」



この〝おかえり〟は1度投入した事があるのですが、
そこは水深があって元々10mしかないラインでは届かなかったので、
今回は船用のPEを20m足して、30mにしてきました。


  こ れ な ら 届 く や ろ ぉ ~



早速戻って、ゆうたのパパさんにロッドを持っててもらって、
ラインの角度を上げて、セッティング完了!



  投  入  !!





    ス ル ス ル ス ル ~ ~




どんどんラインが出て行く出て行く・・・





んん? ここってそんなに深くないぞ??


しかし、エギに当たった感触も無い・・・


戻してみると、ラインから外れてしまっている


これじゃあ回収できんわな・・・



再度セッティングして、 投入!!




しかし、、、




   またしても外れている・・・




そうこうしてると、、、




「あら?YOSSAN何か釣ったんでないか?」
「え? あ! ホントや!何やろ?」
「あ!今思いっきり何かよけたで、コウイカじゃないの?」
「たぶんそやの~」
「え~~俺だけか?まだ何も釣れてないの~
  俺もコウイカ狙おっかなぁ~」

「コウイカなら内側狙えば釣れるかも」
「ちょっとやってみようかなぁ~」
「あ、こっちもういいですよ、切ってまいますわ~
  ったく、こんなもん全然使えねぇぇ・・・」





〝おかえり〟は何度投入してもメインラインから外れるという、、、



   ま っ っ た く 使 え な い 代 物





でした・・・。



使い方が悪いんやろか・・・?






エギロストしたものの、リーダーはなんとか無事でスナップだけ付け替えるだけで済んだ。





時間を見ると、



 AM9:00過ぎ



TIME UP まで 残り30分





元の場所に戻りながら投げ続けるも、、、







    反  応  無  し






でもって、、、







     T I M E  U P






「スカリ上げるぞ~」



すると、そこには、


YOSSANの釣ったのも入っていて、見ると、


「お?カミナリやん、結構デカイげ~」
「そや、めっちゃ墨吐かれたし」
「むこうで見てたわ」




YOSSANのも結構大きく見えたが、重さを量ってみると、、、




    8 2 0 g
  (画像なし)


と、キロには届かなかったが、中々のサイズ




ま、外道ですが・・・



そして、おいらカミナリイカはというと、、、



まだエロりんコウイカに抱きついていた。



「コイツ本気で食ってるんちゃうか?」
「うそ~」
「剥がしてみるか」





するとそこには!!





  見るも無残な姿が・・・



   09.05.04 エロりん コウイカ食われる






そして、おいらイカだけをスカリから出して、もう1度スカリを海に戻すと、



今度は!



YOSSANカミナリイカエロりんコウイカに抱きつき、




  食 べ 始 め た !!




うわ!コイツらどんだけ獰猛なんじゃ!!」
「甲羅ごと食うんやでよっぽどやなぁ」
「何すんじゃ~」




それでも、エロりんコウイカは死んでなくて、カジられた甲羅のとこから



   ピ ュ ー ー



と 墨を吐いてました・・・





惨 す ぎ る ・ ・ ・




しかし、どっちにしても、生き残ろうとする生命力は凄いです・・・。








そして、無事にボートで 帰還 して、、、






    終   了




結果は、

TAKA   カミナリイカ 1ハイ(25cm 1260g)
YOSSAN  カミナリイカ 1ハイ(??cm 820g)
エロりん   コウイカ 1ハイ(サイズ不明 300~400g?)

ゆうたのパパさん  ボウズ




でした。











「あかんかったなぁ・・・」
「俺みんなと一緒に来て、初めてボウズやわ
「そういえばそうかも・・・」
「俺らも外道やでボウズみたいなもんやけど」
くっそぉぉぉぉ~~・・・
「なんや?どうしたんやぁ?」
「悔しいなぁ・・・」
「あぁ~、あの シ ョ っ ボ イ の しか釣れんかったでか?」
「うっせ~なぁー」
「今日は完っっ全に勝ちやな」
「あーー悔しい!!」
「つーか、おいらのイカに食われてる時点で負けやけどな」
うっさいわーっっ!!
「いいやん、〝ネタ〟はいっぱいあるげ」
「あ?」
〝ブイ〟とか、〝イカ食われた〟とか」
るっせーわっっ!! あームカつく~」
「でも、共食いするのは凄いの~」
「あんなん初めて見たわ」
「貪欲つーか、生命力の強さっていうか、、、凄いもん見たわ」
「俺まだカミナリイカって釣った事無いわ」
「おいらも初めて釣りましたわ
  コウイカでも、カミナリは引くんやのぉ~
  引いたやろ?」

「引いた引いた」
「完っ全にアオリやと思ったのに・・・」
「黙ぁ~って釣ってるとこがイヤらしい~わ」
〝満面の笑み〟やったけどの~」
「だって、絶対1番乗りしたと思ったもん・・・」
「あぶねかったぁ~」
「ま、キロアップ釣ったんやし、良かったが」
「微妙~やけど・・・
  ま、釣ったイカの種目は増えたで良しとするかな」

「俺なんか久々にイカ釣ったわ
  去年の大会以来やでなー」

「たまたま釣れるのが良いサイズばっかなんやし・・・
  今日のもキロは無かったけど、コウイカにしたらデカイほうやし」

「腕や、腕!」
「いや、それは無い! たまたまじゃ」
「え?」
「それにしても、、、去年といい今年といい、ココとは相性悪いんかなぁ」
「こんなとこまで来て・・・」
「釣れると思ったのになぁ・・・」
「絶対1番に釣っちゃる!」
「はいはい、そろそろ解散しますか」
「お疲れさんでした~」
「お疲れさんです、ありがとうございました!」
「お疲れさんです~、気をつけてー」
「おつかれ~~」
「ほななー」











というわけで、


今回も 残念ながら、誰も釣れず・・・

それでも、キ ロ ア ッ プコ ウ イ カ  という
〝 オ チ 〟 はありましたが・・・

にしても、奴らは獰猛なんですね~ よっぽど空腹やったんやろか?


今回行った所は、かなり良い場所なんですけどねぇ・・・


  な ぜ 釣 れ な い ??


こうなったら、今年、もう1度リベンジに来ようかなぁ・・・



やっぱり少し日が早かったのかも・・・





そして、、、

この日の夕方、あの某有名漁港で アオリが釣れたとの情報が・・・


去年来た時も、帰りの途中に同じ漁港で 爆裂してるという情報 得ました・・・







  な に や っ て ん だ か ・ ・ ・ ・ ・









今度の休みは、おいらの予想では、〝 X デ ー 〟 やし、






  ゼ ッ テ ー に 釣 っ て や る っ っ !!!
















P.S.

    6日早朝には、トイソンも今回行ったとこよりは北ですが、

    未開発の南方面をランガン してきたけれども、


      異 常 な し !!


    だったそうです。


    うーーーーーん、、、

    誰が1番に釣るんでしょうかねぇ・・・?



  1. 2009/05/04(月) 03:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

まだなん!?


いやぁ~釣れませんねぇぇぇ~


  お っ か し ぃ ~ な ぁ ぁ ~ ???



あの 水 温 ならすぐにでも釣れだすと思ったのになぁぁぁ・・・




やっぱり、先週末の天気の崩れ が 原 因 でしょうかねぇ~



だって、北海道では 雪 降ったんスよ!! 4月の後半に  って!!!



異常っスわ! 完っっ全っに!!



 そ ら ぁ イ カ も 釣 れ ん っ ち ゅ う の っ !!




せっかく 親 ダ ー ビ ー 始めたのに、、、これじゃあ、




   テ ン シ ョ ン だ だ 落 ち



ですわ~・・・




うちのメンバーも行ってはいるんですけどねぇぇぇ・・・



   未だにだぁ~れも釣ってないですわぁ~




ここで、


ダ ー ビ ー を ス タ ー ト させてから約2週間報告などを少し・・・



まず、おいらは、3月17日 ヤ リ 〝単発で〟釣ったのを最後に、、、




   ず ー ー ー ー ー っ と ボ ウ ズ



ですわ・・・。

秋吉なんかは、もっと前から、



   ず ー ー ー ー ー ー っ と ボ ウ ズ




ですわ。








続きまして、エロりん は、しばらくボウズだったものの、

 4月24日 朝 っ ぱ ら 寝ている時に、AM6:30頃 メールで起こされまして、、、



タイトルに、


  「 釣 れ た 」



こんなん見たら、




    マ 、 マ ジ か い や ー っ !!




ってなるでしょ?


すぐさま本文を開くと、、、



『だめ?』



添付画像には、、、



     09.04.24 エロ コウイカ





〝 ド キ ッ 〟として、すぐさま〝 ほ ~ っ 〟として、返信



『惜しい! 
  けど。ダメ~
  どこや?〇〇(かなり南のエリア)?』


『〇〇(違う場所)

  ここしか水温上がってないみたいやで』





ふたたび睡眠に入ると、そのすぐ 10分後・・・


『あめふらし


     09.04.24 エロ アメフラシ






・・・・・ツッコむのめんどくさ・・・無視・・・






すると、その 1 時 間 後




『?

  だめ?


     09.04.24 エロ ヤリイカ







   あーーー!! 朝っぱらから!!
    ゆっくり寝れもせんわっっ!!






ま、この時点ではほぼ起きてはいたけども・・・

前日の寝不足で頭が痛かったもんやで、中々ベッドから出れずにいたんですわ。




でもって、一応、返信


『よう釣るなぁー

  外道 ばっかり

  俺もきのうの夜行くつもりやったけど、
  風も波もありそうなのと、
  寝不足気味で頭痛いでやめたんや

  それにしても、まだヤリイカ釣れるんやなぁ』





それからというものの、連絡は無いです。

行ってて釣れないんか、行ってないのかは知りませんが・・・。








続きまして、ぐっちょん は、

先程のエロりんと同日に釣行したんですが、

『2箇所行きましたが、烏賊さんは、お休みでした

  エロい人も、行きましたがアオリイカを釣らないで、
  違う物ばかり釣って帰りました

  やはり、今は、和歌山で釣らないと駄目かな





・・・・・はい、このやり取りは、和歌山遠征の後です・・・ボウズのね・・・




『和歌山もお休みでした


  明日、〇〇(かなり南のエリア)に遠征に行く予定やけど、波が・・・

  高いなら中止です』





この日は波が6mくらいあったので、さすがに次の日の釣行は中止にしました。



ってな感じで、ぐっちょんも釣れていない様子・・・








続きまして、YOSSANは、


和歌山遠征ではもちろんボウズ

その後も 2 9 日 に、
昨年おいらタモ入れを失敗した場所 (おいらが1ハイ目を上げた場所でもある) に、
単独釣行するも、


「全っ然あかん・・・ 釣れる気もせんわ」


ってなことでボウズ。


でもって、本日5月2日の朝 も単独釣行で、

昨年の親ダービー で、 

  3位入賞 の 37cm 1.6kg

を釣り上げた場所へ行くも、



ばっかりで釣りにならんわ
  腹痛くなったですぐ止めて帰ってきた」



らしく、墨跡もなけりゃ、人も誰もいなかったらしいです。


つーことで、未だボウズ








続きまして、とらっきー は、

30日の夜 、一緒に(というかほぼ入れ違いに)釣行しまして、、、


つーか、ホントは、おいら秋吉は別行動で、南方面へ行く予定だったのですが、
出発が思ったよりも遅れてしまったので、その時間から南に行くくらいならとらっきーに合流しようと言う事で、
とらっきーが行ってる 某有名漁港 に行くことに。



出発する前、家で秋吉の連絡待ちで待機してる時に、とらっきーとのメール・・・



『到着

  先行者に聞いたら、イカパンチあったって言ってるわ

『多分 藻 やわ




それから1時間くらいたったので、様子を伺ってみる・・・




『どう?
  
  人は多いんか?
  釣れた痕跡とかある?』

『人は少ないわ。

  墨跡、新しいのは無いの』

『俺等は南に行くかも。
  まだ秋吉から連絡無いんやけどの』

『釣れたら連絡するわ
  11時までしか居れんけど





するとすぐさま




『隣のヤツ、ヒュンヒュンうるさい
Dのおっちゃん やったりして
『若そうやけど、キャストからシャクリからうるさい(笑)』





その15分後くらい・・・



『ヤリか?

     09.04.30 とらっきー ヤリ

『ヤリイカかヒイカやの~。

  やるやん!』

『小さいで賞 かと思ったわ






その後、秋吉から連絡があり、今から南は時間的に厳しいやろって事で、

おいら秋吉は、先に釣行してたとらっきーと合流する事に





到着すると、その漁港には、、、


  と ら っ き ー  の み



という、寂しい状況・・・




余裕で S 級 ポ イ ン ト に入るも、







    ま っ っ っ た く 釣 れ る 気 が し ね ー ー






海の状況的には、


   波も無い 風も無い 

      潮も動いてない





という、



  エギングするにはやり易いが、釣れる気配は無いってな感じ・・・




もう言わずともわかりますね・・・




はい、そのとおり、





   ボ  ウ  ズ




でしたよ。






その他のメンバー : トイソン ノリソン う●こちゃん 

は、


   釣 り に す ら 行 っ て ま せ ん ・・・






ってなわけでありまして、、、





   墨  人  全  滅




ですわ・・・。




どうすんの?これ・・・



ま、まだあんまり、〝釣れた〟という情報は無いんですけど、、、


張り切って ダービー を始めたのに・・・


なんだか・・・ こっ恥かしい気分ですわ・・・









それにしたって、 ヤ リ イ カ にしろ ヒ イ カ にしろ、、、






   単  発  っ  て  ・ ・ ・






 も う ち ょ っ と 入 っ て き て も エ エ ん ち ゃ う の ~ !?

  団 体 で 回 遊 し て き て く れ よ な ぁ ~ ・・・










って!!






いやいやいやいや、ちゃうがなっ!!







    親  ア  オ  リ  や っ つ ー の !!







   ど し た ん !?  ま だ な ん !!?




  は よ 来 い や ー っ !!!






    お い ら が 1 番 に 釣 っ て 


     あ ・ げ ・ る ・ か ・ ら ♪












P.S.

    今年の〝 X デ ー 〟は、おいらの予測としては、

    このGWで水温が上がって、それが安定した後の、


       満 月 大 潮


    を迎えた、大潮最終日


       1 1  日


    だと思いますッ!!!
  1. 2009/05/02(土) 17:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
墨人(すみんちゅ)
TAKAのブログ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセス

ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

↑ポチポチっと・・・

ランキング

ぎょねっとブログランキング

GyoNetBlog ランキングバナー

↑ポチポチっと・・・

QRコード

QR

お気に入りブログ新着記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

福井の天気

潮汐表

福井県-福井
提供:釣り情報フィッシングラボ

Google マップ


大きな地図で見る

都道府県別アクセス

 ブログパーツ 無料

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。