墨 人  ブ ロ グ

T A K A の 釣 行 レ ポ ー ト で す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイカ狙いに変更?


前回の釣行で、テ ト ラ で コ ケ て 怪我をしたわけですが、

これがまた、ア チ コ チ の 擦 り 傷 は、ほぼ治ったんですが、

一部、ベ ロ ~ ~ ン と皮(皮膚)が ズル剥け になっちまったとこは、

〝膿〟みたいなんや、〝汁〟みたいなんが、ジワワワァァ~ っと

出てきて、治りが悪そうだったんですわぁ・・・。





そこで!




嫁(tommy)が、某薬局で買ってきてくれたのがコレ! 
    ↓ ↓ ↓ 
   バイオパッド

   家族のハイテクばんそうこう!
  ― ケ ア リ ー ヴ ―
 『 バ イ オ パ ッ ド 』


っていう絆創膏!


コヤツは、別メーカーが出している、『キズパワーパッド とほぼ同じ商品なのですが、

どんなものか簡単に言いますと、


 傷口からの浸出液をたくさん吸い、キズに密着し、キズを外圧から守り、
 防水・防菌効果がある、などの特長により高い保護効果を発揮して、
 キズを乾燥から守り、やさしく保護して、キレイに早く治る
 



てなとこかな。


ん? 分かりづらい? 

ん~、、、なら、もっと簡単に言うと、


  早く治って、傷跡もあまり残らない


ってこと。


転んで膝や肘を擦り剥いた事あるでしょ?
そん時って、傷口から、ドロッとした汚~い液体が出てくるでしょ?
ほうっておくと、空気に触れてカサブタになるやつ。

実は、あの汚~い液体に、
細胞の成長や再生を促す、いわゆる『キズを治す成分』
があるみたいなんですわ。

それを利用してキズを治そうってやつやね。



  いやぁ~、
  最近の絆創膏はスゴイ進化をしてますなぁ~





それに引き換え、、、



 おいらのエギングは、、、




 ま っ っ っ た く 進 化 し や し ね ぇ ~ ~





この絆創膏のおかげで、おいらのキズもキレイに治ってきました!!



 しかしながら・・・



  この絆創膏・・・



   高 す ぎ る よ っ っ !!




サイズにもよるけど、おいらの使ったのは、傷口もそれなりに大きかったので、
1番大きいサイズで、『ジャンボMサイズ』


たった・・・たった4枚しか入ってないのに、、、




   7 9 8 円 !!!




って どうなのよっ!!?


1枚 約200円 ってのは・・・ ちょっと・・・ ねぇ? 







さてと、 どうでもいい話はココまでにしまして、、、

 ここから 本 題 です。






梅雨に入ってから、そんなに雨は降らないものの、
いまいち 〝 パ ッ 〟っとしない日が続いています。

月曜の休みの日も、天気予報では 【くもり】 みたいな事言ってたのに、
実際には、 【 雨 】 ・・・

この時期に予報が外れるのはよくあること・・・



で、



火曜日―

この日の予報は 【くもり】

なのに!

予想に反して、 【ほぼ晴れ】


昼頃、嫁と話をしていた

「思ったより天気良くなったなぁ・・・
  にしては、、、来んなぁ・・・」

「え?誰が?」
「火曜の天気が良い日に来るといったら・・・」
「秋吉さんか!?」
「しかいないでしょう!」
「来るって言ったの?」
「いや、直感で・・・」
「ふぅ~ん」




 す る と !





   ブ ォ ~ ン





ほら来た!!
「ホントやぁ~」


「うぃーっす!」
「今、お前が来るんじゃないかって話してたんじゃ」
「なんで?」
「こんな日にお前が釣りに行こうって言わないはずがないやろ?」
「まぁな」
「ポイントに買い物行くんやろ?」
「おう、ちょっと行ってこっか」




フィッシング ポイント で小物を買って帰ってきた。





「んじゃ、夜また電話するわー」
「おう、了解」



「今日釣り行くの?」
「おう、行く マイカ狙い」
「つーか、、、、
  あんた、私の了解もなしに勝手に行くんや?! ふぅぅ~~ん

え!? 
  あ、あぁ・・・ 行ってもいい…?

遅いわっっ!!
「いや、いいかなぁと思って・・・」
「別にいいけど・・・ まぁた母子家庭やわ・・・
「早く帰ってくるって・・・」





ちゅーことで!


渋々? O.K? をもらって、、、

エサ(死にアジ)で マ イ カ 狙 い  に行くことに!



まだ釣れてるという情報はあまり聞かないけど、、、



 情報より先に釣る事に意味があるんだよね~



って、、、 

ま、勝手な自論ですけどね・・・




仕事を終え、晩御飯も食べて、子供を風呂に入れて、寝かしつけてる最中に

秋吉から電話が・・・


「こっち今から出るけど、大丈夫か?」
「お、おう・・・ いいよ」
「じゃ、向かうわ~」




「・・・・・今から来るって・・・
  後・・・頼んでもいい・・・か?・・・」

「・・・・・いいよ・・・
  気をつけての」

「はーーい、んじゃ、 いってきま~す~」
「いってらっしゃい」




向かうのは、マイカではあまり有名ではないけど、なぜか釣れるポイント

でも、せいぜい3~4人しか入れないとこ。



現地に向かう途中に海岸線を見渡しても、めっちゃ沖のほうに


  ポ ツ リ    ポ ツ リ


としか漁船が出ていない・・・

やはり原油高が響いているのだろうか・・・




でもって、



  到   着




先端の釣り場に向かうと、先客が1名


見ると、この場所でマイカが釣れることを知ってる常連さんの M さ ん だった。


Mさんは、トイソンの会社の Mくん の お父さんで、
ここで知り合って、会うとよく話をする仲になりました。

去年は事情があって釣りをしなかったので、2年ぶりの再会です。



「こんばんわ~」
「お、こんばんわ」
「どうですか? 釣れます?」
「あかんのぉ~ 今年は今日始めて来たんやけど、サッパリやのぉ」
「そうですかぁ・・・ やっぱまだ早いんですかねぇ?」
「そうかもしれんの、7月入ってからのほうがいいんかもしれんのぉ」
「隣入ってもいいですか?」
「どうぞ、どうぞ」
「何時くらいから来てるんですか?」
「う~ん、9時半くらいかのぉ、さっき来たとこやわ」
「1時間くらい前かぁ・・・ まだ回遊が来たかどうかわからんなぁ」
「今からかもしれんしな」
「んなら、やりますか!」




エギも一応持っては行きましたが、場所的にウキ釣りが3人いたらエギングは無理なので、
エサ釣りオンリーで勝負することに。



海の状況は、


  風は無い 波は多少ウネリがある程度潮はよく流れている





  イ イ ん じ ゃ な ぁ ぁ ~ ~ い !!




マ イ カ は、回遊魚なので、潮が動いていて、回遊の時間にあわないと釣れないので、
条件的にはイイ感じです。

特にこの場所は、浅いので、潮が流れてるのが 絶 対 条 件
水深がある程度あるところならば、産卵場を探してウロウロしてるものもいるかもしれませんが、
ココでは、サァーっと来て、サァーっと去ってしまうシビアな場所なので、
いかに回遊の時間帯にあうかどうかという釣りになります。



ってなことで、


回遊してくるのを祈りつつ、 開 始 !




右から左へ流して、巻いてきてまた投げて、の繰り返し



その3投目・・・




「なんか重いぞ?」
「イカか?」
「うーーーん、違うなぁ・・・ 引っ掛かってるんかも・・・」
「あ~あ、テトラの下にライン入ってるわ」
「ムッカつくわぁ・・・」
「抜けそうか?」
「わからん・・・」



仕掛ごと ガ ッ ツ リ 引っ掛かっている・・・




しばらく格闘したけれど、、、




   に っ ち も さ っ ち も い か ね ・・・




「あっかんわ・・・ 切るわ」
「そのほうがいいな」




   グーーーーーーーー



   ばっちぃぃぃぃ~~~ん!!





暗闇に電気ウキ ゆら~り ゆら~り と揺れながら浮いている・・・


どうやら、ウキ止め~仕掛 までが逝ったらしく、テトラの脇で漂っている・・・



「はぁ~あ、イヤんなるわ・・・」
「ウキだけでも回収せな」
「そやな、タモ届くか?」
「ギリギリやな」
「頼むわ」



波に揺られて、タモが届いたり、離れたり・・・


見かねた Mさん も参戦してくれて、自分の仕掛けでおいらの仕掛を引っ掛けてくれた!


「すんません、ありがとうございます!」
「なーも、なーも、あそこはよく引っ掛かるんや」
「ですね~、いつもは抜けるんですけどねぇ・・・」
「固いわぁ・・・ 抜けんのぉ・・・」
「もうちょいなんやけどなぁ・・・」
「ほんなら、エギで引っ掛けますわ」
「その方がいいかもしれんのぉ」




早速エギをつけて投げると、、、



  1 発 で 掛 け る こ と に 成 功 !





  んなことだけ上手くてどうするっ!!

   ア フ ォ か っ っ !!!





Mさん と 二人して 引っ張る  引っ張る  引っ張る





   グーーーーー  グーーーーー  グーーーーー




   ばっちぃぃぃぃぃぃーーーーーーん!!!





あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ーーーっっ!!!
「お前のが切れたんか?」
リーダーごと逝った・・・
「あらら・・・ 僕の仕掛けに引っ掛かってるのエギでないかぁ?」
あっ! そうですわ・・・」
「揺れてるヤツ そうやなー」
「エギはどうでもいいですわ・・・ ウキだけでも・・・」
「ウキだけ取れたんじゃないか?」
「おっ 外れてるわ」
「頼む 回収してくれっ」




その後、なんとか秋吉がウキを回収して、Mさんは仕掛けを失った・・・



「すんませんでした・・・」
「なもなも、仕掛ぐらいまた作ればいいんや」
「ありがとうございましたー」




そして、切れたラインを直そうと、竿を見ると、インターラインのロッドの中にラインごと入っていたので、

とりあえずリールに巻き取って、ワイヤーを通すことに・・・





  が





ワイヤーを探せども探せども・・・





    無   い   ・ ・ ・





「ウッソやろ~?!」
「どした?」
「ワイヤーが無い・・・」
「忘れたんか?」
「たぶん・・・」
「予備の竿使えや」
「・・・・・うん・・・もういいわ・・・」






   戦   意   喪   失




「やめるんか?」
「とりあえず、エギで親でも狙うわ」
「んなもん釣れ~ん」




とりあえず、エギにチェンジして、




   キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始





 し か し ・・・






  藻  率  9  0  %  以  上  !






10投するかしないうちに・・・






   完  全  戦  意  喪  失 





「やぁ~~めた」
「終了か?」
「うん・・・・・、お前が釣れたらやるかもな・・・」
「たぶん無理やな・・・」
「なら、終了やわ・・・」
「早っ!」
「だって・・・もうヤル気ないもん・・・」





つーことで、




あとは、秋吉のウキを見ながら、 お し ゃ べ り T I M E




Mさんも交えて、仕掛の話やら、釣れる時期やら、場所の話をしながら時間を過ごした。


やがて、Mさん も諦めて、 終 了  した。


「今年初めて来て、いきなりボウズはやってられんのぉ」
「やっぱりまだ早いんですかねぇ」
「7月に入ってからかもしれんのぉ」
「ですね・・・」
「ほんなら、お先に」
「お疲れさんでした、おやすみなさい」
「おやすみなさい」
「ほい、お疲れさん」




その後すぐに・・・



「俺ももうやめるわ」
「そのほうがよさそうやな・・・」




ってことで、



    終    了



結果は、

はい、ボ ウ ズ です。





「まだ早いんかなー」
「それか、ここは回遊のルートから外れたかやな」
「ここは去年も全然あかんかったもんなー・・・」
「でも、南防では釣れるみたいやぞ?」
「あそこで釣れるんなら、ここで釣れてもおかしくはないけどなー」
「7月からかもな」
「そうかもな・・・」





てなわけで、今回は早い段階で〝戦意喪失〟してしまいました。
誰か釣れれば、またスイッチが入ったかもしれませんが・・・

今年は、親アオリ が好調だっただけに、マイカもイイと思ってるんですが・・・

どうなんでしょうかねぇ~・・・



え?! 親ダービー? 



まだ諦めてはないですよ! 



 諦めては・・・・



  ないんじゃないかなぁ・・・



    たぶんね・・・・



     うん・・・・



      まだ・・・・ね・・・




      つーか・・・・ いつまで・・・・ボウズなんやろか・・・ ハァ~ア・・・
スポンサーサイト
  1. 2008/06/24(火) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今度こそ・・・


日・月の連休を迎えるにあたって、ダービーの期間と日曜休みが重なるのは今回が最後
 

ということで、 

トイソンからお誘いを受けていたので、朝マズ狙いで行くことになった。



今回、一緒に釣行するメンバーは、

 お い ら ・ ト イ ソ ン ・ ノ リ ソ ン ・ Y O S S A N

の 4人



このメンバーと言えば、、、あの 、、、


  『 Y O S S A N  初 親 ア オ リ  ポ ト リ 事 件 』


のメンバーだ・・・。




   今回も変な事件が起きなければいいが・・・





てなことで、


日曜の朝は、それぞれ A M 3 : 0 0 頃 に出発して、
とあるコンビニで待ち合わせすることに。


向かう場所は、南方面の少し高さのある漁港




で、 

 ― 日 曜 日




 A M 3 : 0 0 ジャスト に 出 発 !!
 


コンビニには1番乗りで到着


朝食に買った お に ぎ り 2 個 を食べ終わり、海の様子を見に行って戻ってきた時、


 トイソン & ノリソン  到 着



「おはようさーん、遅せーぞ!」
「わりぃ わりぃ」
「おはようございまーす!」
「おはようさん」
「YOSSANは?」
「さぁ? こっち向かってるんじゃね?」



YOSSAN に連絡してみると、もうすぐ着くとのことで、漁港で落ち合うことに。




でもって、 


  漁 港 到 着



ちゃっちゃと準備して、釣り場に着いた頃、夜が明け始めた。


     朝日







   う わ ぁ ~ ~ ~ キ レ イ や な ぁ ぁ ~ ~ ~







  っ て !!!  言 う て る 場 合 か っ っ !!!


   と っ と と 釣 ら ね ば っ っ !!!!





海の状態はというと、、、


  風は少々強め ・ 波も多少あり  海面は藻だらけ


先日まで荒れていたせいか、海面にはあちこちにちぎれた藻が浮いていて、
処によってはバカデカイ藻の塊が浮いていたり、
海面も、風のせいで波が立っていて、決して良い条件とは言えなかった・・・


先客も、2人のエギンガー と、 エサ釣りのカップル がいたけど、スペースは十分あったので、



  こ こ で 始 め る こ と に



4人ずらりと並んで、



   キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始 !!





だが、、、



ここは、足場が高く、風の影響を受けやすく、藻がアチコチに点在している・・・




   投  げ  に  く  っ  っ  !!




投げる度に、、、



   藻   


    藻   


     藻






   藻  率  1 0 0 %





「やってられんなぁ・・・」
「めっちゃ引っ掛かるんやけど・・・」
「内側は釣れないんっすかねぇ?」
「さぁ? 外が荒れてるで、入ってくるかも・・・」
「ちょっと内側やってきますわ」
「はいよー」



ノリソンは内側を攻めに行った。

そんな中、一人座り込んでいる男・・・ トイソン


見ると、、、リーダーを結んでいる。



どうやら、早くも ロ ス ト したようだ。




  つーか、、、

   まだ始めて10分も経ってないんですけど・・・???


    ん?? そういやぁ・・・確か・・・この前・・・
     〝誰かさん〟も1投目からロストしてたっけ・・・






早くも ロ ス ト したトイソンを横目に、シャクリ続けるも、

が邪魔すぎて、




  ま っ っ っ た く 釣 り に な ら ね ー !!




やがて、内側を攻めていたノリソンも戻ってきた。



「どうやった? ダメやろ?」
「ダメですね~・・・」
「ここでやってても無駄な気がするな・・・
  どっか移動するか?」

「そやな・・・
  でも、移動するったって、どこ行く?」

北か南と言われれば、南の方がいいんじゃねーかなぁ」
「どこでもいいぞ」
「んなら、ちゃっちゃと移動するか!」
「そやな」
[おーーい!移動するぞ~!!」
「はい、わかりました~」
「おう・・・」



そう答えながら座り込んでる トイソン・・・



「どうしたんや???」
「いや、、、真下に引っ掛かって・・・切れた・・・」
またか?! エギ無くなるぞ!?」
「リーダー弱いんかなぁ・・・」
「先に車に戻って次の場所探すわ」
「おう、すぐ行く」



この短時間で ロスト 2つ とは・・・

おいらより上手かも・・・




車に戻って、空港写真の本で次の場所を探していると、みんな戻ってきた。




「どこ行くんや?」
「うーーーーん、とりあえず、南に向かって、
  この前エロりんと行った○○○漁港に行ってみるか?」

「おう、いいぞ」
「でも、いっぱいかもよ・・・」
「とりあえず動くか」
「途中で良さそうな場所があったら寄ってみるわ」
「付いてくわ」




てなわけで、 早々と

 
   移  動  ~






目標の漁港に向かう途中に何ヶ所か寄ってみたが、
シャロー過ぎたり、足場が悪かったり、駐車スペースが無かったりで、
結局、 ○○○漁港 に行くことに。





  漁  港  到  着




駐車場には、ズラ~~~~リ と車が並んでいて、

そのナンバーは、


 名古屋 ・ 尾張小牧 ・ 岐阜 ・ 滋賀 ・ 三重


といった、県外ナンバーばかり・・・

福井ナンバーの車は1台も無かった・・・




   ス っ ゴ イ な ・・・  こ こ は ・・・




一応、防波堤を見にも行ったのだけど、





   ス ペ ー ス な ん て あ り ゃ し ね ー




「どうする? 手前のテトラからやるか?」
「釣れるんけや」
「さぁな~・・・ 墨跡らしきもんは無いな・・・」
「キビシイなぁ・・・」
「ここまで来たんなら、
    エ ロ り ん が バ ケ モ ン 釣 っ た と こ
  まで行ってみるか?」

「ここから近いんか?」
「すぐそこや」
「じゃ、そっち行きましょか」
「でも、人いたら終わりやぞ」
「行くだけ行ってみよっさ」
「わかったー」




つーことで、



  ま た ま た 移 動 ~ ~




  おいおいおい・・・ 全然釣りしてねーぞ・・・

   これじゃ ランガン でなくて ランランラン やないかっ!!



   は や く 釣 り を せ ね ば ・ ・ ・




向かったのは、エロりんがバケモンを、おいらも自己新を出した場所・・・





    到   着





現地に到着した頃には、もうすっかり明るくなっていた・・・




釣り場を見に行くと、1人のエギンガーがウロウロと釣り場を探していて、
名古屋ナンバーのカップルがまだ車の中で寝ていた。




「おいっ! 早くしろ! 今ならまだ1番イイ場所空いてるぞ!」(小声)
「OK!」
「はい、わかりました」
「先に行ったのが戻ってきてるぞ」
「早くしろ!! 急げ~!」




なんとか、



  ベ ス ポ ジ  K E E P !!




おいら YOSSAN 左側トイソン&ノリソン右側

にそれぞれ陣取った。




海の状態は、、、


   風無し ・ 波無し  潮目有り




   超 ベ ス ト コ ン デ ィ シ ョ ン !!!



あとは産卵が終了していないのを祈るだけ!



 早速、 キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始 !!



エギは、この前カスタムしたばかりの



   エギッティ王Q バルカンシンカー 3.5号



を試してみることに




垂らしを多めにとって・・・


 遠心力を生かして・・・


  あまり力まずに・・・ と




   う り ゃ っ !!





    どっピューーーーーーーーん!!!




うをあっっ!!! ・・・すっごい飛んだ・・・ 
  なにこれ・・・ スゴイんですけど・・・

「飛ばしゃあいいってもんじゃねーんやろ!?」
「でもこれスゲーわ・・・ うはは・・・ 笑うわ・・・」
「それで釣れたらたいしたもんやけどな」
「今釣っちゃるわいっ!!」




けれども・・・



  飛ばそうが何しようが・・・





   釣 れ や し ね ぇ ぇ ぇ ~ ~





いつしか、 諦 め モ ー ド で、



  いかに飛ばすか 

  いかにロケッティア風 改 に慣れるか




に時間を費やしていた。



 で、


  エギッティ王Q 4号



を投げてみた。




 うりゃっ!




   どヒューーーーーーーーーーーーーん!!!



ぬをわぁ~!! 見たか?今の!!!
お前アホやろっ! どんだけ飛ばすんじゃ!!
スゲーーー!めちゃめちゃ飛んだぞ! うはははははー」
投げ釣りじゃねーんじゃ!!
「あそこにいるんじゃ!・・・きっと・・・」
「フンっ・・・ えんな・・・」



そんな事をして遊んで・・・いやいやいや、釣りをする事



 1 時 間 以 上 が 経 過 ・・・



時刻にすると、


 A M 7 : 0 0  過 ぎ



みんな ほ ぼ 惰 性 で続けていた・・・





そ し て 、、、





 そ れ は 、、、





  突  然  だ  っ  た  !







の、乗ったーーーー!!!
んマ、マヂでかぁぁ~~!!?
ホントっすか!!?
マジでぇ~!?
乗ってる!!
「やるやんっ!! よかったなぁー! デカそうか?」
ん~~? 
  この前落としたヤツの方が引いたし、デカイ感じやな」

「うぅ・・・」






   蘇  え  る  悪  夢  ・ ・ ・






 今度こそ失敗は許されない!!


  ヤバイ・・・ ちょっと緊張してる・・・


   頼むぞ・・・ って俺か・・・






ゆ~っくり ゆ~っくり と 揚がってきた



「おぉ~ 中々デカイんじゃねーかぁ?」
「全然引かんぞ?」
「いや、結構デカイわ・・・
  準備OKやぞっ!」

Y「よっしゃ、今度こそ頼むぞ!」
「お、おう・・・」




 慎重に・・・ 慎重に・・・




  サ パ ーーー っ




   ブシューッ ブシューーッ




っし!! 入ったぞ!
「サンキュー!」
「デッカぁぁ~!!」
「結構デカイぞ! 35 は いってるんじゃね?」
「そうか? 全然引かんかったぞ?」
「もう産卵後で弱ってるんで?」
「かなぁ?」




今度こそ  タ モ 入 れ 成 功 !!



とりあえず測ってみることに



すると、




     08.06.15 YOSSAN 37cm


   3 7 cm  1 . 6 kg !!




「おぉぉ~~!! 俺の記録抜いてるし!!」
「よっしゃ もういいわ」
「なんか・・・初親にしては感動が薄いな・・・」
「いや、掛けたのは2回目やし、この前の方が引いたし」
「むぐぐ・・・」
「でもこれで十分や。 ボーナスサイズ やし!」
「そやな、まだ 3 5 オ ー バ ー 釣ってないのは、あと4人か・・・」
「とらっきー以外はまだ釣ってもないけどな」
「おーーいっ! お前らガンバレやー!!」
「お、おう」
「はい」






し か し ・ ・ ・




  全 っ っ 然 釣 れ ね ぇ ・ ・ ・




しばらくすると、またまた トイソン が座り込んでる・・・




 よく見ると・・・





  バ ッ ク ラ ッ シ ュ してるし・・・





  何をやってるんだか・・・

   にしても・・・ ILなのにバックラッシュとは・・・

    使ったこと無いけど、どうすりゃなるんや???






そのクラッシュは相当酷くて、 戦 意 喪 失 したらしい・・・


時間的にも 約束の A M 8 : 0 0 を迎え、



「もうあがるわ・・・」
「んじゃ、俺らもとりあえず戻るわ」





  こ の 後 ・・・





   事 件 は 起 き た ・・・




荷物をまとめて、エギバッグを担ぎ、両手にロッド&タモ を持ち、

テトラ帯を戻って行った。






  ポーン   ポーーン  ポーン




   ガ  ッ



    ず り っ



     ゴ ガ ガ ガ っ




      ぽ し ゃ







痛ってぇぇ~~~


「どうしたんや!?」
「大丈夫ですか?」
「何やってるんや?」

アイテテ・・・
  スパイクが滑って、バランス崩してコケた・・・
   タモ落としてんた・・・」

「取れるんか?」
「エギで釣るわ」




YOSSAN と なんとかタモを引き上げ戻った。


「大丈夫けや?」
「なんとか・・・ 痛いけど・・・ どうなってる?」
「うわ・・・ 血出てますよ
「酷そうか?」
「ちょっとな」
「縫うほどか?」
「そこまでじゃないやろ」
「ほんならタオルで縛ってくれ」
「おう」
「サンキュー やっぱちょっと痛いな・・・」




テトラでコケて、アチコチ擦り傷が・・・

中でも一ヶ所(5×3 cmほど)は皮がズル剥けに・・





「帰るんやろ?」
「もうラインも無いし、時間やで・・・」
「なんでILでそんなんなるかなー」
「しらんげ・・・
  もう帰るんか?」

「そやな・・・ ちょっとだけ 新 規 開 拓 しに行くかな」
「ココ来る途中に良さそうな場所見付けたわ」
「んじゃ、そこ行ってみるか」
「じゃ、お疲れさん」
「お疲れさんです」
「お疲れ~」
「ほななー!」




    トイソン & ノリソン   終   了




おいら と YOSSAN はその後、何ヶ所か行ってみたものの、





   特  に  異  常  な  し



でした。。。




 でもって





     終    了




結果は、

TAKA   ボウズ
YOSSAN  1ハイ ( 37cm 1.6kg )
トイソン   ボウズ
ノリソン   ボウズ






さすがに、終盤戦ともなると、条件は厳しくなってきました。

1ハイ釣れるかどうか・・・ 


それでも、今回は YOSSAN の釣ったのをちゃんとタモ入れ出来て、

心のつっかえが取れたというか、、、

ようやく、  ほ っ  としました。
 


残すところ、残り2週間・・・

釣れるのだろうか・・・

今年みたいな異常な年はそうはないと思います。

今年釣らなかったら、いつ釣れるか・・・とも言われています。



各方面で、『親を釣りすぎ』とかいう話もありますが、
この日、地元の漁師さん? の話を聞いたら、
岸から竿で釣れる数なんか、たかが知れてるらしいです。
定置網には、200 300 という数の親アオリが入っているそうです。
もちろん卵の数も多いらしいです。
この分だと、秋には夥しい数の新子が見れるかも・・・です・・・。








帰ってきて、休んでいると、 秋吉 から電話が・・・

「行ってきたんやろ? どうやったんや?」
「あかんかった・・・ あ、YOSSANは 37cm の釣ったわ」
「トイソンとノリソンは?」
「あかんかった」
「もう終わりやろ」
「かもな・・・」
「今晩マイカ狙いに行きたいで、竿やら貸してくれや」
「まだ釣れんのじゃ?」
「行くだけ行ってみる」
「行けたら一緒に行くわ」
「大丈夫なんけや?」
「たぶん・・・」





  長くなりそうなので、簡単に書きます・・・




嫁(tommy)から許しを得て、秋吉とエサ釣りでマイカ狙いに・・・


ところが、 


肝心のエサ(アジ)がどこにも売っていなくて、結局エギングで狙う事に・・・


向かったのは、毎年、マイカでお世話になってる ある漁港


早速始めてはみたものの、、、


投げても投げても、 



  藻    藻    藻



  は い 、 移 動 ~ ~


次に向かったのは、親アオリの超有名スポット


ここでも、


  藻    藻    藻



   は  い 、  撤  収  ~



ここは、さすがにもう親は釣れないだろうと思いましたが、

先客の名古屋から来ているエギンガーが釣ったそうです。サイズは知りませんが・・・



あ、結果?

もちろん おいら・秋吉  共 に ボ ウ ズ です。




でもって、 



 翌 日 の 夜 ―


今回も、秋吉 マ イ カ 狙 い


今度こそ、ちゃんとエサを買って持って行きました。



  が




結局・・・



  ボ  ウ  ズ 


でした・・・。




おいらは一体何回連続で ボ ウ ズ 喰らってるんだか・・・


もうしばらくは行かないかも・・・


つーか、ガソリン代も無いし、母子家庭になっちゃうので、

さすがに行けない・・・


テトラで負った傷も思ったよりもまだ痛いし・・・


ゆくーりと静養しますわ・・・





P.S.
   あまりにボウズばっかりなので、
   いまいちブログに力が入りません・・・
   適当やな~って思った方、

   す ん ま せ ん 。。。
  1. 2008/06/15(日) 03:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

中間発表&エギカスタム


6月に突入しまして、

  第2回 親アオリダービー 

も残すところ 1ヶ月を切りました。


もう 優 勝 はほぼ決まったようなもんで、

最近にいたっては まっっったく釣れもせず、、、


 あまり気合が入りません・・・



しかし、未だに〝親〟を釣っていない(釣り上げていない)メンバーもいます。



  せめてそこだけでもなんとかせにゃならんにゃろぉ~!!



ちゅーことで!




 ダービー中間発表! & ミーティング



を開催することに。


で、

12日 の とある場所 にて、集まることに。


今回で 墨人メンバー が集まるのは 2 回 目 ・・・

でもって、またもや 全員参加出来ず・・・

今回は トイソン&ノリソン 以外のメンバー が集まりました。




P M 7 : 4 5



おいらが1番遅れて到着・・・



「お疲れ~っす!」
「おせーわっ!」
「お疲れさんでーす」
「お疲れさん~」
「オィーッス!」
「お疲れさん」



とりあえず、 生 ビ ー ル を注文して、、、



   乾 ~ ~ ~ 杯 !!!



宴会、、、いやいや、 ミ ー テ ィ ン グ が始まってしばらくして、話題はやはりコレ




  46cm 3.2kg  の  バ ケ モ ン





「あんなもん見せられたら、勝てる気がせんわ・・・」
「おう、アレはめっちゃ引いたぞ!!」
「ちょっと離れたとこで見てても、デカイと思ったわー」
「あんなん タ ル イ カ やって・・・」
「あれはスゴイの~」
「あの日は、俺とぐっちょんと会社の玉さんでやってて、
  玉さんが先に41cm釣って、ぐっちょんも数釣ってたんじゃ」

「あの日の写メはちょっとイラッときたわ・・・」
「おめー、あん時めっちゃ凹んでた時やろ?」
「なんか3日連続でボウズ喰らった時やろ?」
「そうそう・・・ さすがに凹んでて、体調も悪い時に、連続の写メ・・・
  〝はいはい、もういいわ・・・〟ってなったわ」

「メールすんのひってもんに気使ったんやぞ~」
ウソつけやー! 〝トドメさしてやれ!〟って言ってたげ!」
「ヒデーな・・・ 
  でも、ホームページのギャラリー の アクセス が半端なかったぞ!?」

「ホントけ?!」
「今日見たら120回超えてたぞ!」
え? そうなんけ?」
「この短期間ではスゴイわ」

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・





  わ  い  わ  い  が  や  が  や

   あ ー で も な い  こ ー で も な い





ってな感じで盛り上がる中、


  黙って食べ続ける男   YOSSAN



   食 べ る ・・・


    食 べ る ・・・


     食 べ る ・・・


      食 べ る ・・・






  って!! 話に参加せんかーーーーいっ!!




その後も、話題は次から次へと出てきた。

キリがないので、まとめると、


 ○ とらっきー の 赤竿ポッキリ事件

 ○ YOSSAN の 幻の初親アオリ ポトリ事件

 ○ なぜに釣れない!? う●こちゃん

 ○ トイソン の 「そこからかいっっ!!」 話

 ○ 伝家の宝刀  電車結び

 ○ もうそろそろマイカ狙いに (現実逃避)

 ○ なぜに 秋吉 は釣れる!? 運やろ・・・発言

 ○ TAKA ヘタレすぎ・・・ リーダー争奪戦でもやる?!





などなど、挙げればキリがないくらい盛り上がりました。


そんな中、 ロケッティアは飛ぶ! 

という話になり、そんな話にもなろうかと、あらかじめエギ カ ス タ ム して持っていきました。


ベースにしたのは、 『 エ ギ 王 Q 』 3.5号 と 4.0号


 これを、後のカンナの1本をロケッティアのように逆に曲げます。

 この時に注意するのが、ベコベコにならないように真っ直ぐに伸ばします。

 で、その前のカンナにラインが絡まないように、少し広げました。

 でもって、シャローモデルにするべく、シンカーにバルカン砲の様に穴を開けました。

 出来たのが、こんな感じ。 ちょっと分かりづらいですが・・・

      ↓  ↓  ↓



     エギッティアQ




名づけるなら・・・


  『 エ ギ ッ テ ィ 王 Q  バルカンシンカー (浅潜)


ってな感じかなぁ・・・



   う~~~~ん、、、微妙なネーミングやなぁ・・・




ってな感じで、 宴 会 、、、ちゃうちゃう、 ミ ー テ ィ ン グ は続き、

こんな話題に、


「秋もダービーやらんけ?」
「秋にか?! サイズちっちゃいやろ~」
「去年、ぐっちょんがデカイの釣ってるやろ?」
「あんなん、たまたまじゃねーか?」
「その前の年も釣ってるぞ」
「釣ったわー」
「秋のダービーもいいのぅ 俺はあんまり行けんけど・・・」
「そっかー、子供産まれるんやもんなー
  ダービーなら期間内やで、それもアリやな・・・」




ちゅーことで!!



  第1回 墨人 秋アオリ ダービー

    開 催 決 定 !!!



 詳細は追々決めていきます!






でもって、


大いに盛り上がった、ミーティング という名の 宴 会 



   終   了





 中 間 発 表 はというと、、、




  1位  エロりん     46cm

  2位  エロりん     38cm
       エロりん     38cm

  3位  エロりん     36.5cm

  4位  TAKA      36cm
       ぐっちょん    36cm
       エロりん     36cm

  5位  ぐっちょん    32cm





上位3位までは、エロりん が独占です。

ダービー終了まであと僅か・・・

1位は揺るぎないだろうけど、まだ可能性が0ではないです!

まだ釣ってないメンバーもいるし、あと半月ちょい・・・



 がんばるっきゃねーか~!!!





 ― 次 の 日


バケモンを釣るべく、色々と考えていた。



 このスレてきたイカにスイッチを入れるにはどうしたらいいものか・・・


 人と同じことやってたってダメだ!


 ならば・・・・・どうする? どうすりゃあいい?




 うーーーーーーーーーーーん・・・・・・・・




  チーーーーーーーーーン!!


    閃 い た !!




 エギをカスタムしよう!!


 それも、、、オス♂ が 思わず抱いちゃうようなヤツに!!


 そうだ!! この人に 協力してもらおう・・・




   えびちゃん


 えびちゃん こと 蛯原 友里ちゃん!






 そ し て 、、、





  こ こ に 完 成 し た !!





   こ れ で 抱 か な い イ カ は   イ カ じ ゃ ね ぇ ぇ ぇ ー !!!





 エギ王Q 光宮 × 蛯原 友里  夢のコラボレーション!!





     エビ王 Q




 エ ビ 王 Q アネッサ'08  ナ イ ツ V e r .



 闇夜に妖しく浮かび上がるエビちゃんに イカはもうメロメロ!






  な ぁ ぁ ぁ ~ ~ ~ ん て ね ・ ・ ・




     ち ゃ ん  ち ゃ ん
  1. 2008/06/12(木) 19:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

つ、疲れた・・・


日曜 に仕事していると、朝早くから エロりん からメールが届いた。


『明日釣り行けるんけ?
  行けるんなら、俺は夜の12時に仕事終わるで一緒に行こっせ。
  時間は合わせるわ。 一回帰って一寝入りしてからが理想かな』

『行こうとは思ってるんやけど、早めに帰らんとあかんのじゃ。
  っても、10時くらいまでかな。
  あとは場所次第やな。  〝 例 の 場 所 〟は最近どうなんや?』

『土曜日に会社のもんが行ってたんやけど、となりのモンが揚げてたらしいわ。
  位置は俺の釣ってたとこやってさ。 大きさは 3 5 くらいやろーって話やわ。
  釣れるのはやっぱデカイみたいやなぁ。
  けど、前みたいに 行 け ば 釣 れ る って感じじゃないみたいやわ』

『おいらは 新 月 の 夜 に、う●こちゃんと行ったけど、まったくあかんかった
  途中で雨降ってきたで1時間くらいしかやってないけど。
  その後に、○漁港行ったけど サ パ ー リ やった・・・
  最近、雑誌で知ったんやけど、〝新月の夜はイカは釣れん〟 らしいわ。
  明日は、例の場所~北方面にランガンで行くつもりやったんじゃ。
   4 時 くらいにこの前のコンビニでどうや? 早かったら 4 時 半 でもいいぞ?』

『遅れたらワリィで現地集合では?』
『それでOK!




ってなことで、


月曜の早朝 ラ ン ガ ン 釣 行 する事に!



すると、昼過ぎに 秋吉 から電話が


「今晩行こうと思うんやけど、どうや~?」
「わりぃ~  朝 3 時 半 起 き でエロと行くで、夜は無理やわ・・・」
「そっか・・・
  エサでマイカ狙いながら、エギングでもしようと思ったんやけどなぁ・・・」

「そっかぁ、竿 新調したんやもんなぁ・・・
「エギングの道具だけ取りに行って、一人で行くかなぁ」
「いやいや、エギ貸してもたら、こっちが行けんくなってまうやん」
「そやな・・・んなら わかったわ・・・また今度やな」
「悪いな・・・」




  ここで、事情が良く解らない人に説明しますと、、、

  秋吉は、 釣 り 道 具 の 一 切 合 財 (ロッド・エギ・ヘッドライト・防寒具・etc) を、

    おいらの車の中 及び おいらの自宅

  に  置 き っ ぱ な し  なのです。


  理由は、

    『 基 本 、 お 前 と 一 緒 に し か 釣 り 行 か ん か ら 』

  ってなことです。


  おいらが行けなくて、自分一人もしくは子供と一緒に行く時は、道具だけ取りに来ます。

  おかげで、おいらの車のラゲッジルームは釣り道具でいっぱいです!






そつなく仕事をこなして、もうそろそろ閉店って時に、今度は UIDS INK の sir@さん から電話が

「毎度さ~ん! もう仕事終わった?」
「毎度さぁ~ん!まだやけど、もうボチボチかな。 どうしたの?」
s「今、マサラッチの家で飲んでるんやけど、来んか?」

「あぁぁ~・・・ 行きたいんやけど、明日朝早いんやってなぁ・・・
 なぁんかえらい騒がしいけど、たくさんいるんか?」

「うんとぉ~、おなけん@さんと嫁さん、そーりと嫁さん、マサの彼女、あと子供ら かな」
「楽しそうやのぉ~
  うーーん、今から買い物も行かんとあかんし、子供を風呂入れんとあかんし・・・
  もし行けそうやったら顔出すようにしようかなぁ、ゴメンの~」

「なーもー、わかったよー」



突然のお誘いだったので、晩御飯も用意した後だったので、「行ける」とは即答できなかった・・・


嫁(tommy)に聞くと、

「行くんなら行けばいいけど、明日早いんやろ? 大丈夫なんか?」
「行ってもそんなに長居はせんようにするわ 10時までには帰ってくるし」
「子供風呂入れてからならいいよ」
「そう!? んじゃ、ササっと買い物行ってまおうゼぃ!」



 っ て な こと で ー !



買い物に行って、手土産も買った。


子供が何人かいる とのことだったのと、



 おかし大好き! お な け ん @ さ ん


 実は甘党!!? s i r @ さ ん



の事を考えて、 プ リ ン 3種盛り? 


と、 呑んべぇ の集まりなのでビールを持って行く事に。

しかしながら、、、何を血迷ったのか、急いでいたからののか、間違えて、


 じぇ~んじぇん冷えていないビール


を買って帰宅。


冷えていないビール を慌てて冷蔵庫に・・・


子供を風呂に入れて、早々と食事を済ませて、 sir@さんTEL

「もっしー、まだみんないるんか? 今から少しだけ顔出しに行ってもいいかなぁ?」
「まだいるよー、来ねやー」
「ほな行こっかな  ってか、家の場所詳しくは知らんのやけど・・・?」
「今、マサに代わるわー」
「毎度~ 来るって?」
「ちょっとだけやけど、顔出しに行くわ」
「tommyさんも一緒に来ればええやん、あと、マイカちゃんも」
「ん~~どうやろ? って!!マイカじゃねーしっ!! ア・オ・リ やって」
「はははー、連れてくればいいが」
「連れて行けたらの」
「うちは・・・道沿いに 『HOTEL コンチ○ンタル』 の看板 あるのわかるか?
  それを右に曲がって・・・・・」


    ・
    ・
    ・
    ・


「OK! んじゃ、またあとで」




つーか、なんで目印が ラ ブ ホ の 看 板 やねんっ!




一緒に行くか、に聞いてみると、

「一緒に来ればって言うんやけど、どうする?」
「うーーーん、遅くならん? シオンがもう眠そうなんやけど・・・」
「明日早いし、そんなに遅くはならんよ」
「じゃ、行こうかな」



で、


 ― マサラッチ宅 到着


「毎度さぁ~~ん!」
「こんばんわぁ~ 突然すいませーん」
「毎度さん あがってや~」

「ど~も~!」
「毎度さんでーす」
「どもです」
「ウィーース」
「こんばんわぁ~~!」

「これ、おかし好きの おなけん@さん に~ 
  チュッパチャプスでなくて悪いんやけど~(笑)」

「アザースっ!(笑)」


すると、おなけん@Jr.2号 からも

Jr.2「TAKAさん ありがとぉ~~!!」
「はーい、いいよー 食べね~」



そう言って、ふと横を見ると!!



 そこには!!!



  誰よりも早く プ リ ン に む さ ぼ り つ く 男 が!!



 やはり甘党だった!! s i r @ さ ん



「ウメぇ~~」




その後、子供達に、

「そのメガネ ガラス入ってんの?」
子2「見えるんか?」


などとイヂられ・・・



やがて話は、秋吉 の話に・・・

「秋吉さんて、あんまり話したことないけど、俺のイメージでは、
   〝加藤 鷹〟
  なんやってなぁ~」

何で~~!!?
「いやぁ、なんとなぁ~くなんやけど・・・」
「sir@さん 〝加藤 鷹〟って知ってますか?」
「知ってるさ! 
  あの〝潮吹き〟のやろ?」

「そうそう!」
「手(指)をこう・・・クイッ と曲げて こうするヤツやね!(動)」
「わははははー!」
「あははははーー!」



すると、すかさず!! 

 その〝動 き〟に反応する人物が!!



「プふッ」



それは、、、


おなけん@さん の ハニー だった!


おなけん@さんハニー ・・・ 略して・・・ おなニー ・・・?

いやいやいや、 そりゃマズイな・・・

おなけん@さんよめ ・・・ 略して・・・ おなめ ・・・?

いやいやいやいや、アっカンやろぉ~!!

 殺 さ れ る っ !!

うーーーん、、、じゃ、 おなハニ@ちゃん で!



いやぁ~~、おなハニ@ちゃん の 反応・・・ エ ロ カ ワ でしたわぁぁ~!!


ネタにしてゴメンね~




やがて話は、やはりそこは〝釣りバカの溜まり場〟・・・

釣りの話に・・・

   ・
   ・
   ・
   ・


「そんなにロストしないですって!
  結び方を変えてみたら?」

「やっぱ、ノーネームですって!」
「そやのー ノーネームはキツイなー」
「いやいやいや!! やっぱ、
  〝伝家の宝刀〟 『電車結び』 
  やろっ!!」

「えぇぇ~~!!それはちょっと・・・」
「だって、リーダーが切れても、結び目は絶対残ってるで、PEはあんま減らんし」
「ホンマっすか!?」
「ほんな、リーダー太くしたらええやん
  何号使ってる?」

「リーダーは2号かな PEは08」
「俺はリーダー5号やで」
「マヂで??」




などと、話が盛り上がってきた頃に、うちのbabyがグズリだして限界に・・・


「ごめんの~、さっき来たばっかやけど、もうそろそろ行くわ~」
「気つけてー」
「またの~」
「おつかれさんです~」

「ありがと~ すいませ~ん」
「んじゃ、また!」
「ありがとのー ほな、また!」


マサラッチの彼女、そーりの嫁さん、おなハニ@ちゃん、 
  あ り が と さ ん で し た ぁ ~ ~ !!





さて、
ここからが 本 題 です (長っっ)



マサラッチ宅からの帰りに爆睡してしまったbabyを無理矢理起こし、
おっぱい を飲ませて、一緒にベッドへ・・・

中々寝付けない・・・



1時間経過・・・  寝れない・・・




さらに30分経過・・・  寝れない・・・





リビングに行くと、嫁がまだテレビを見ていた

「どうしたの? 早く寝ねやー」
「寝れん・・・」
「明日早いのに、知らんよっ」
「ちょっと酒でも飲んでから寝るわ・・・」



芋焼酎『三岳』 を ロック で ほぼ一気呑み!!


「んなら、寝るわ・・・」
「おやすみ」




1時間経過・・・  寝れない・・・


またもやリビングへ

「はよ寝ねやー」
「なんやしらんけど寝れん!」
「私もう寝るわ、おやすみ~」
「ここで横になるわ」
「少しでも寝ねやー」
「たぶんこのまま寝んと行くわ・・・
  目だけつぶってるわ」





しかし・・・



段々と 爛々 としてきた・・・


時刻は、A M 2 : 0 0




   あかん・・・ 寝れね・・・ もういいわ・・・



そのままマンションを出て、実家に行き、パソコンでネットゲームして時間を潰した




そして


 A M 3 : 1 0  予定より早いが・・・


   出  発


ゆっくりと走り、途中のコンビニで朝食を済ませ、現地に到着したのは、


 A M 4 : 0 0 前




すると!



もうすでに2台の車が・・・


釣り場を見に行くと、いつもエロりんが入る場所に先客が2名・・・


おいらが入る場所には誰もいなかったので、早速入ることに



海の状態は、


  無 風 ・ ベ タ 凪 ・ 潮 止 ま り


潮があまり動いてないけど、



   ベ ス ト コ ン デ ィ シ ョ 



早速、

  キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始



― 数 投 目



   グーーーーーーー


    ズッ ズズ


   グーーーーーーーーーーーーーー




「相変わらず・・・すぐに・・・根掛かりやが・・・るなー・・・ かたいし・・・」



   ぷ っ ちぃ ぃ ぃ ぃ ぃ ~ ~ ん



あ゛あ゛ーーっ! ・・・・・マヂでか・・・」



早くも ロ ス ト ・・・




   ったく・・・ ヤル気なくなるわっっ!!



リーダーはなんとか無事で、その先のスナップから逝ったようだった。

スナップを結びながら、お隣さんの先客の様子を見ていても、

釣れるのは 藻 ばかりで、イカが釣れてる様子は無い・・・



やがて、白々と夜が明けてきた




すると、



エロりん 到 着


「おはよーさん」
「ウィーッス! 早かったな」
「つーか、俺の場所ねーし・・・」
「向こうの方が先に来てたんじゃ」
「マジけ!? どうすかなぁ・・・
  もう少し向こう側に入るかな・・・」

「わかったー」
「でもあれって・・・ 烏賊酔会 のもんじゃねぇか?」
「さぁな~、わからんわ・・・」
「ふぅ~ん、用意してくるわ」



エロりんが準備に戻ったので、釣り再開




 が、、、




   グググーーーーー


    ズッ ズズズ  ガッ


   グーーーーーーーーーーーーーー




   ぷっち~~~~~~ん



   ひらっ ひらっ ひららら~~~~ん





  ぐ・・・ ぐっぞぉぉぉああ~~~!!

   まだ1時間も経ってねぇのに 2つ目 かよっっ!!


   やってられんわ・・・ テンション下がったな・・・




今度はリーダーごと逝ったので、結び直していると、


「TAKAーー!」
「あ~ん!? なんや?」
「やっぱ向こうにいたの烏賊酔会の人やったわ
  モギーさん と 西やん やってー」

「そうなん?! ちょっと待って、今行く」



戻ると、3人で話していた。

「ども~ 毎度さん」
西「こんちはっ!」
「まいどさんですー」
「場所空けてくれるってさー」
「そうなん? どうでした?」
西「ダメっすわ・・・」
「あかんスねー どうです?」
「ん? 今2つ目をロストしたとこ」
西「あはははは」
「早からっ!?」
「お前は相変わらず ロストKING やなっ!!」
うっさいわっっ!! したくてしてるんじゃねーわっ!
「まぁ、俺もこの前、ピンクとオレンジのエギ全部逝ったけどな・・・」



その後しばらく話をして、おいらはリーダーを結びかけだったので、先に釣り場に戻った。

その間に、烏賊酔の2人は別の場所に移動したようだった。


モギーさん とは前に会った事があったけど、西やん初対面だったけど、気さくに話が出来た。

また会ったらゆっくり話でもしたいです。



おいらが再開した頃、エロりん も スタート!



すると!!


隣では、、、




   ビィィィィーーーーン  ビィィィィーーーーン




おっえぇぇぇ~~~~!!  ウソやろ!!?
   第1投目からけやーーっ!! 15秒しか沈めてないぞ?」

「わはははははーー! やるなーー」
「あっち向いてろっっ! 見るな!!」
「しっかり見届けてやるわー あはは」



でもって・・・



   ぷっちぃぃぃぃぃ~~~~~ん



あ゛あ゛ぁぁーーーーー!!  クソッッ!! むっかつくわー」
「わははははー いいネタになるわー」
るっせー!!




その後、小1時間ばかしやってはみるものの・・・





  サ  パ ー ー ー ー ー  リ



「・・・・・異常なさそうやな・・・」
「そやな・・・ 移動するか・・・」
「どこや?」
「最近調子良さそうな○○漁港は?」
「んなら、行ってみるか」



   場  所  移  動  ~



着いたのは、最初の場所から 北上した漁港



「ここは外海のテトラ帯のとこと定置網の間に藻場があるんじゃ」
「始めて来たなー」
「マジけ!?」
「こんなとこ遠すぎてよう来んわ・・・」
「そやなー」



とりあえず先端に向かうと、先端にはズラリと人がいた為、
少し手前のテトラに入ることにした。



様子を伺うと、


   は無いが、がめっちゃ早い



「潮が川みたいに流れてるなー」
「ホントやな  こんなんで釣れるんか?」
「俺は釣れた事ないけどな」
「・・・・・あっそ・・・」



とりあえず始めることに



水深はそれなりにありそうで、藻場もイイ感じだった。

ただ、潮が早すぎ・・・




しばらくすると!


 エロりん のロッドがしなっている!



    グーーーーーーーーー



「キタんか!?」
「・・・・・根掛かり」
「な~んじゃ・・・」



でもって・・・




   パっつーーーーーーーーーん




   ひ ら り ら り ~ ~ ~ ~





あ゛っ!! ・・・・・クソっ!!」
「わはははははー 人の事言えんなー」
「PEから逝ってるし・・・」
「やっぱ 06 は弱いんで? 08 で十分や」
「擦れてキズついてたんかなぁ・・・」




その後しばらくやってみるものの、




   生  命  反  応  無  し

  釣  れ  る  気  し  ね  ~





なので、 投げ対決でもすることに



  PE 06 + ロケッティア  VS  PE 08 + アオリーQ





  勝  敗 は ・・・





  PE 06 + ロケッティア   の  勝 ち





   ク っ ・ ・ ・  完 敗 や っ た ・ ・ ・

    前回やった時はほぼ互角やったのに・・・





その後に投げさせてもらったけど、ありゃあ反則やわ・・・

 うーーーん、認めざるをえんね・・・

  確かに〝飛ぶ〟わ・・・



「でも、これで釣れたことはねーけどな・・・」
ないんかいっ!! 飛ばしゃあイイってもんでもねーな」
「いや、飛んだほうがいいやろ」
「でも釣れんのやろ?」
「おう・・・」





その後も まーーーったく釣れないので・・・




   は い 、  移  動  ~  ~




北上していると、 モギーさん&西やんの車を発見


様子を伺うと、


「イカの気配もないですわ~」



つーことで、



    さ ら に 北 上



着いたのは、秋にはよく釣れるという とある漁港



 数投投げてみるも




   釣  れ  る  気  が  せ  ん





てなことで、




    ま た ま た  移  動 ~ ~ ~



時間的にも次が最後・・・



向かったのは、グンと北上した 外海に面したテトラ帯



ガケを降りるように降りて、ようやく 再 開



ここも秋には実績があり、おいらもデカイのをバラしたことがある所


見るからに、水深があって、カケ上がりがあって、藻場もストラクチャー もあり、

ある雑誌では、〝産卵場〟として取り上げられていた、




  超 釣 れ そ う な ポ イ ン ト






 し か ー ー ー し





   う ん と も す ん と も ・・・




おいらは一睡もしていなく、エロりんも1時間程しか寝ていない・・・



精神的にも、体力的にも





   ヘ   ロ   ヘ   ロ




「今日も夜勤やし、そろそろ上がるわ・・・」
「んじゃ俺も・・・」




  言 葉 少 な に ・・・





    終   了



結果は、
  
  2人とも  ボ ウ ズ





「あ~~疲れた・・・ 
  もう釣れんのやろか・・・」

「ダービー終わりまで長げーんやけど・・・?」
「う~~ん、まだ今度の 満 月 の 大 潮 の時に釣れるかもしれんし・・・」
「俺はそこん時にちょうど休みなんじゃ」
「いいなー、うらやましい・・・」
「問題はどこで釣れるかやな」
「そやな・・・ みんな釣れる場所はちゃんとは教えてくれんしな・・・」
「ホントに・・・」
「ほな、帰りますか・・・」
「おう、お疲れさん!」
「お疲れ~~」




つーわけで、 

  撃  沈


してきました。


もう釣れる気がしません・・・


イカはいったいどこにいるのやら・・・


 

   は  ぁ  ~  ~  あ  ・ ・ ・
  1. 2008/06/09(月) 04:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
墨人(すみんちゅ)
TAKAのブログ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセス

ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

↑ポチポチっと・・・

ランキング

ぎょねっとブログランキング

GyoNetBlog ランキングバナー

↑ポチポチっと・・・

QRコード

QR

お気に入りブログ新着記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

福井の天気

潮汐表

福井県-福井
提供:釣り情報フィッシングラボ

Google マップ


大きな地図で見る

都道府県別アクセス

 ブログパーツ 無料

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。