墨 人  ブ ロ グ

T A K A の 釣 行 レ ポ ー ト で す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すまぬ・・・


前回の釣行で、自己記録更新サイズも釣って、前々回の今期初〝親〟GETに続いて、


   絶  好  調  !!


この調子なら、もう ボ ウ ズ なんかないんじゃね?

なぁんて 気分は上々♂ だった。



実は、ブログには書いていないが、26日(月) の夜にも 秋吉 と釣行しました。

行ったのは、おいらが今期初GET したところ。

先客もいなく、釣り始めたはいいが、

あまりの風の強さと季節はずれな寒さで、すぐに断念して帰った、


   超  短  時  間  釣  行


だった。

そんな中でも、2投目にいきなりHIT!


しかし、、、


  引 か ず ・・・


あげてみると、


   カ  ロ  ン 


と音をたてて、クルクルっとまわった・・・


そう、手のひらちょいのサイズの


   モンゴリヤ~ン


だったので、即リリース。


その後は、ますます風と寒さが増してきたので、


   終  了


となった。


行った場所は、外海が開けていて、磯場もあり、藻場もあり、産卵向きのシャローエリア


という、イカにも釣れそうな好条件が揃っている場所



ただ・・・


風の影響を受けやすい ・ 足場が高い


といった、ウイークポイント もある。



でも、親狙いにはあまり人が来ていない ナイスポイント だ。



でも、まだイマイチ 未 開 拓 な所というのも否めない・・・

あとは、何度か釣行して確かめていくほかない・・・






そんな折、




遂に! というか、 やっと! というか、、、


あの男が動き始めた!




うちの  リ ー サ ル ・ ウ エ ポ ン ? ( 最 終 兵 器




   ト イ ソ ン & ノ リ ソ ン  ブラザーズ



「今週の金曜の夜に行こうと思うんやけど」
「やっとかー (ん?今年初じゃねーか??)」
「他にも誰か誘ってみるかなぁ?」
「YOSSAN とか、 う●こちゃん 誘ったら?
  まだ釣ってないんやし」

「そやなー、連絡してみるわ。 オメーは?」
「俺も行けたら行くわ。つか、たぶん行く」
「俺は出るの10時過ぎになると思うわ」
「俺も早くは行けんし、いいんじゃね?」
「どこがいい? あの超有名漁港しかわからんのやけど・・・」
「あんなとこもうあかんって・・・
  んじゃ、おいらが今期初親 釣ったとこ行くか?」

「んじゃそこ行くわ」




ってなことで、


金曜の夜 に釣行することに!!


メンバーは、 


  おいら ・ トイソン&ノリソン ・ YOSSAN


4人で行くことに。 




でもって、 金 曜 日 ―


子供を風呂に入れて、寝かしつけて、


 P M 8 : 5 0 出 発



向かったのは、 未開拓なとこ


現地に向かってる最中、YOSSANからも 「今 出た」 との連絡があった。


現地に到着すると、


  風は多少吹いている が 波は無い


という状態だった。



 こ の 時 ま で は ・ ・ ・




釣り場に向かうと、先客がいて、夫婦でエサ釣り(おそらくアジ釣り)しているようだった。



   ん じ ゃ あ 問 題 な い ね



軽く挨拶を交わして、イ イ 場 所 を陣取った.



早速、 

   今 期 親 ア オ リモ ン ゴ リ ヤ ン


を仕留めている、



      エ ギ 王 Q   4 号   
    (バイオレット・ピンク 虹テープ)


を結んで、



  キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始 ~ !!





   んん?! 風が少し出てきたかな?

    ま、これくらい大丈夫やろ~

     みんなが来る前に釣っちゃるー!





ご機嫌で投げていると、



YOSSAN到着!



そのあたりから段々と 風 が出てきた・・・


「風凄くないか?」
「来たときはそうでもなかったのになぁ・・・?」
「・・・・・かなり強くなってきてるぞ?」
「お前が連れてきたんちゃう?」
んなもん連れてこれるかー!!!
「ははは、しばらくしたら弱くなるんちゃう?」
「そうなればいいけど・・・」




追い風強まる中、 YOSSAN も キャスティング開始




 と こ ろ が 、 、 、






 び ゅ ぼ ば っ  ぶ ば ば ば ば ば ー ー ー ー

  び ゅ ぉ ぉ ぉ お お お お お お ー ー ー ー
 

   び ょ ば っ っ ぼ ば ば ば ば ぁ ー ー ー ー





突如強まりだした風は



   狂   風


に・・・



足場が高く、風の影響が出る釣り場だけに、しばらく様子を見ながら釣ることに。


しばらくすると、先客だった夫婦の2人は、早々と諦めて帰っていった。



「どうする?」
「どうするもなにも、こんな風じゃ無理やろ・・・」
「もうすぐトイソンも来るやろうし、15分くらい待ってみるか」
「・・・・・その15分でどっか移動した方が時間の無駄じゃなくねーか?」
「・・・それもそやな・・・どこ行く?」
「わからん・・・」
「ん~~~、じゃあ、○○は? 
  釣れるかどうかしらんけど、秋の仔イカはめっちゃ釣れるぞ?」

「んなら、行ってみるか」




つーことで、



トイソン&ノリソン の到着を待たずして、移動先だけを連絡して、



   場  所  移  動  ~



向かったのは、秋の仔イカはよく釣れるが、親が釣れた実績はあまり聞かない、


  ど シ ャ ロ ー エ リ ア


ここは、確かに釣れそうなんだが、2.5号でもすぐに根掛かりするような、どシャロー・・・

秋にはよく来るが、いくつロストしたことか・・・



そこは、漁港内の右側・左側、裏側になる外海 と、あちこちと狙えるポイントがある。


おいらは、1番デンジャラスな裏側の外海へ、
YOSSANは、内側狙いと、
分かれてやることに。


釣り場に立ってみると、さっきまで 狂 風 を浴びていたのがウソのように静まり返っていた。



   山 1 つ で 違 う も ん や な ぁ ・ ・ ・

    根掛かりが怖いけど、フルキャストやな!






キャスティングしたその時!





   ズ ボ バ ッ





  ・ ・ ・ ・ ・ な ん か ・ ・ ・

    嫌 ぁ ~ な 音 が し た ぞ ・ ・ ・ ・ ・





すぐさま巻いてくると・・・



 やはり・・・



   バ ッ ク ラ ッ シ ュ 




さっきの風でイトフケが出来ていたんだろう・・・

幸いにも、リーダーに近いところだったので、ラインを切って結び直して、



   再 々 ス タ ー ト !!



するといきなり



   グーーーーーー  



   ビィィィィーーーン  ビィィィィーーーーン




T「んっだよっっ!! いきなり根掛かりかよっ!!
  ふざ・・・けん・・・な・・・よ・・・コノっ・・・やろ・・・」




   プ ッ ツ ー ー ー ン ~ ~



の゛あ゛あ゛ーーっ!!
  ・ ・ ・ ・ ・ ム 、 ム カ つ く ・ ・ ・ 」




始めて早々に ロ ス ト 



その後は、ロストを避けるため、逃げ腰な 上~中層でのシャクリに・・・


しかし、それでも時折 根掛かり


でもって、こんな釣り方じゃあ釣れるもんも釣れん!


内側に移動する事にした。



すると、


トイソン&ノリソン が 到 着

「お疲れさんです~」
「お?着いたんか?」
「どうですか?」
「裏はあかん・・・ 根掛かりが凄いわ・・・
  今、1つロストしたとこ」

「そうなんですか!?」
「先端の方に足場が出来てて、行けるみたいやでいってくるわ!
  あら? 兄貴は?」

「まだ車んとこです」
「あ、そ トロイなー」



普段は絶対に行けないが、工事をしている為、先端に行けるようになっていたので、移動した。


YOSSANは先に移動してきていた。


「どうや?」
「じぇ~んじぇん・・・」
「そっか・・・ もっと先端行ってみるわー」
「ほーい」



先端で外海に向かってやっていると、ようやく トイソンがやって来た。



「お疲れー」
「おう、お疲れさん。 遅かったな」
「ライン通してなかったんじゃ」
「用意がわりぃなー 早くしろや」
「おう」


するってーと、 また何かゴソゴソやりだした。


「何やってるんや?!」
「いや、リーダーもマダなんじゃ・・・」
「・・・・・遅っ・・・」
「・・・あら?」
「どした?」
リーダーってどうやって結ぶんやったっけ?
そこからかよっっ!!



そんなこんなしている間に、おいらはまたもや ロ ス ト ・・・




やがて、全員並んでやるも・・・





  う  ん  と  も  す  ん  と  も  ・ ・ ・





ここは、根掛かりして抜けるのはいいが、付いてくるのは ホンダワラ のようなではなくて、
葉っぱのようなものばかり・・・




  これでは、、、卵を産み付けにこないのでは?



ってなことで、またもや 移 動 することに


次の場所は色々悩んだ末、最初に 狂 風 を浴びた場所に 風が止んでる事に願いを託して戻ることにした。

それでダメなら 終 了 



ぶっ飛ばして 5分もかからずに 到 着




 す る と ど う で し ょ う !




さっきの風がウソのように 



  無  風  状  態



   あ の 風 は い ず こ に ???




もちろん、 貸 切 状 態



 ズ ラ リ と並んでやることに



時折、若干の風が吹くものの、問題無し!



し か し ・ ・ ・





   ま  っ  た  く  無   反   応




時刻は、 A M 1 : 0 0 を まわったとこだった




   も う あ か ん か な ・・・

    こ こ は 反 応 イ イ と 思 っ た ん や け ど な ぁ ・・・

     も う そ ろ そ ろ や め る か ・・・ 





そんな事を考えてた時だった!!!




乗ったーー!!!!
マジか!!?
「マジや!!」
「よっしゃ! そこじゃタモ届かんで、そのままあっちに移動してくれ!」
「わかったー!」
「どうや? デカそうか? キロありそう?」
「どうも何も・・・親釣ったの始めてやで、わからん」
「それもそやなー  どや? 初親の引きは!?」
「結構引くなー」



寄せてきたのを見ると、高さがあるのと暗いのとで、ハッキリとは見えないが、

 3 0 c m は超えてそうだった!


トイソン&ノリソン も 覗きこんでみると、


デケーーッ!!
デカイっすねー!
「な? ココにもちゃんといるやろ?」
「いるんやなー」

「よっしゃ! もうチョイ寄せてくれ」
「こんなもんか?」
「そうそう・・・ よっ   あ゛っ゛!!



   痛  恨  の  M I S S  !!



気を取り直して、 もう1度!



「入ったか?」
「わからん・・・」
「入ったと思うぞ・・・」




ゆっくりと上げてきた




 次  の  瞬  間  !!







    ぼ っ し ゃ ~ ~ ん





あ゛あ゛ーーーーっ!!!
わ゛あ゛あ゛ぁぁぁ~~~~~!!!  

   わりぃーー!!!

「おっっえぇぇぇ~~~! 落ちたぁ~~~」
「すぐにエギ落とせっっ!! 乗るかもしれん!」






   が  ・  ・  ・





YOSSAN にとって、 人 生 初 親 ア オ リ は、、、






   暗 闇 の 海 へ と 消 え て い っ た ・ ・ ・




す、すまんっっ!!! 悪かった!!!
「・・・ま、そういう時もあるさ・・・」
「本っっっ当に すまんっっ!!!!」
「しゃーねーって!
  よっしゃ! いるにはいるってのが分かった! 釣るぞ!」

「・・・お、おう・・・」





  俺 は な ん て こ と を ・・・

  人 生 初 や っ た の に ・・・

  俺 な ら ブ チ 切 れ て る と こ や ・・・

  頼 む !! 今 一 度 、今 一 度 釣 れ て く れ !!!

  イ カ よ っ!!  否!  イ カ さ ん よ ぉ ぉ ~ ~ !!!











    願  い  届  か  ず  ・ ・ ・





その間に、エギもロストした。


トイソン3つ目ロストの後は、


「もうリーダー結ぶのめんどくせ・・・」


ノリソンも、ロストを重ね・・・

「もうやめますわ・・・」


おいら と YOSSAN も 粘りに粘ったが・・・


「もうやめるか・・・」
「そやな・・・」


意 気 消 沈 して、、、






    終    了




結果は、

 全 員 ボ ウ ズ  ( YOSSAN は 1/2ハイ ってとこか・・・ )




「いやぁ・・・悪かったなぁ・・・」
「ま、しゃーねーやろ・・・ 引きは楽しめたし・・・」
「すまんなぁ・・・」
「ロッドの曲がり具合でどんなもんや?」
「わからんけど・・・35cmとかはなかったかなぁ・・・」
「そっかー・・・」
「あんなデカイのは、生で見たのは初めてやわ」
36cmなんて、もっとデカく見えるぞ」
「スゴイっすね・・・」
「これでスイッチ入ったんじゃね?」
「んーー、この目で見てないしなぁ・・・ 微妙やなぁ」
「・・・・・すまん・・・」

「ほな、お疲れさん」
「お疲れさんでーす」
「気つけてなー」
「お疲れ~」






いやいやいやぁ・・・、やっちまいました・・・。
ものすっごく反省しました・・・。

その場所は、秋吉MISSをしたし、難しいのは分かっていたんだけど、

まさか・・・

落とすなんて・・・


大きさ的には、30cm は超えてそうな感じでした。

しかし、大きさ以前に、 『 人 生 初 』 ってのが、申し訳なくて仕方ありませんでした。。。


これからは、人のをヘルプする時は、十二分に気をつけなくては・・・






   YOSSAN! これに懲りず、また行こうぜ!!






P.S.
    この日のロストは、

      TAKA     3
      YOSSAN  1
      トイソン    3
      ノリソン    2?


    でした。
     ちょっとロストしすぎやね・・・
スポンサーサイト
  1. 2008/05/30(金) 21:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

腕ぢゃぁねー!


前回の釣行でやっと、、、やっと 〝親〟を仕留めることが出来て、



  ひぃゃっっほぉぉぉぉおおーーー!!


なんて喜んでいた。



次の日の朝方までは・・・



おいらが、ようやく、なんとかかんとか、〝親〟を仕留めた次の日・・・



エロりん からメールが・・・

『バケモン釣っちゃった 後で行くわ』




で、



エロりん が家に持ってきたものは・・・






デ、デ、デカーーーッッッ!!!!
「めちゃくちゃ引いたぞ! ロッド両手で持ったわ!」
んなっ!なんじゃこりゃ!! 
  こんなもん アオリ じゃねーわっ!!」

「ドラグをカンカンに締めても出ていったぞ!」
「・・・・・はぁ~、こんな バ ケ モ ン いるんやなぁ~・・・」
「その下にもう1ハイいるぞ」
「あん? どれ? 
  ぬおっ!! これも結構デカイげ!!

「ちょっとポイント行って測ってこようぜ!」
「わかったー」



でもって、フィッシング ポイントさん で測ってもらって、撮影。


小さいので、 3 8 c m !!  2 K g !!


バ ケ モ ン は、4 6 c m !!!!  3 .2 K g !!!



     08.05.23 エロ 46cm



     08.05.23 エロ 46cm&38cm





マジでデカかったです・・・


  この大きさは、おそらく、福井県で釣れた公式の記録では 最 大 ではないでしょうか?
  ちゃんと調べたわけではないですが、ここまで大きいのは無かったと思います・・・。




まさしく、、、 モ  ン  ス  タ ー




あんなサイズ、雑誌でしか見たことなかったですが、実際に見ると、ゴ ッ ツ イ ですわ~!!




「何処で釣ったんや? あの場所か?」
「そうや。 今も ぐっちょん がやってるわ」
「釣れてるんか?」
「釣れてるぞ! 会社のもんも、4 1 c m のを釣ったわ!」
んマ、マビでぇぇぇ~!!!?
あそこはスゲーぞ!」
頼む!!! 連れてってくれ!!
「あそこは会社の人が開拓したとこやでなぁ・・・ あんまり教えるなって言われてるんじゃ・・・」
「そこをなんとか!!」
「んならぁ~、、、今度の月曜に行くか?」
イクイクイクーーっっ!!





っちゅうことで!!


月 曜 に、エロりん 聖 地 に行くことに! 


エロりん バ ケ モ ン を釣ったのと同日、ぐっちょん も行ってたらしく、
ぐっちょん も バケモンには劣るが、素晴らしい成績だった!


  32cm  36cm  31cm  29cm  25cm(リリース)


   画像は、 墨人ホームページ の ギャラリー にて 





 つ ー こ と で !!


 月 曜 日 ―


この日、エロりん は、AM0:00頃に終わるはずだった仕事が4時間残業になるとのことで、

A M 4 : 3 0 頃 合流することに。



AM4:10頃、途中のコンビニで朝食のおにぎりを頬張っていると、エロりん からメールが


『今、会社でたとこや』


折り返し電話して10分後に合流して、 聖 地 へと向かった。




現地に到着すると、 


  波も穏やか ・ 風も微風 





   グ ッ ド コ ン デ ィ シ ョ ン



「ココかぁ~」
「ほら、地面のココとか、ココ、写真で見覚えあるやろ?」
「そやなー、ココで写してたんかぁ~」
「こんなとこで? って感じやろ?」
「ホントやなー・・・」
「でも、いるんじゃ!」
「ま、ここでおいらが釣って、
    腕ぢゃなくて、場所や!! 
  っていうのを証明してやらんとな!」

「あ~ん?!」
「ほな、喋ってえんと、とっとと行こうぜ!」



ちゃっちゃと準備して、



   L e t ’ s  ら  G o o o o ~ ~




そこは、入れるポイントが限定されていて、 おいら と エロりん は ちょいと離れてやることに。



おいらが選んだエギは、今期〝初親〟を仕留めた、



   エ ギ 王 Q   4 号   
    (バイオレット・ピンク 虹テープ)




こいつを、結んで





   キ ャ ス テ ィ ン グ ~ ~ ~ !!



シャローだと聞いていたので、 


最初はフリーで落として、軽めの2段シャクリ&カーブフォールさせた。



 数回繰り返した





   そ の 時 !!!!






   グ   ン   ッ




!!!!  なんじゃ?」



今までに味わったことのない、ヒッタくり気味のアタリ



思わずアワセを入れると!!





   グ ィ ィ ィ ィ ー ー ー ー ン    

     グ ィ ィ ィ ィ ィ ー ー ー ー ン





うおっっ!! キタぞっ!!
あ゛!? 1投目からけやっ!!」
「お、重てぇ~ぞっ!」
「クッソー!! 場所教えんとけばよかったー!!
   バレろっっっ!!!

バラすかっ!!
   結構引くなー! デカイんで?」

「そのロッドのしなり方じゃあ、せいぜい35cmくらいやなー」
「そ、そうなんけ?」
「俺がバケモン釣った時はそんなもんじゃなかったわ!」
「・・・どんなんや、一体・・・」



そして、あがってきた





  その時!!!







シャーーー!! キタぁ~~!!
マジでか!? 2投目やげ!」
「まぁまぁなサイズやな」
「やるな~~」





2人ほぼ同時に G E T !!!



比べてみる事に




計測してみると、


おいらのは、

    08.05.26 TAKA 36cm


   3  6  c m   1 .6  K g



エロりん
のは、

    08.05.26 エロ 36.5cm


   3  6 . 5  c m   1 .8  K g





ち ぃ と ば か し 負 け た ・ ・ ・



上の画像では分かりにくいが、胴長はほとんど一緒だが、エロりんの釣ったやつのほうが、
デップリとメタボっていて、その分デッカく見えた。



「俺の勝ちやなー!」
「そんなに変わらんげ!!」
「俺の方が丸い分、大きく見えるな」
「ま、どっちにしろ、これで証明できたな!」
あ?
腕 ぢ ゃ ぁ な く て 、 場 所 や っ て こ と が っ !!
   あのモンスターは、偶然っちゅうか、やな!!

「っさいわっっ!!!」
わはははははーーー!!!
「っしゃ!! 5 0 c m 釣ったるっ!!」
「無理じゃ!」



すぐに釣りに戻って、



    再   開





  が、、、






   う  ん  と  も  す  ん  と  も  ・ ・ ・





二人して、根掛かり多発!





 1 時 間 程 経 過




 と 、




根掛かりと格闘していた エロりん が、





   プ チ ー ー ー ー ン ッ



あ゛あ゛ぁぁーーーー!!!
「プッ  ダサっ! 切れる瞬間見てもた」
「ムカつく・・・ もういいわ・・・」
「え? もうやめるんか?」
4時間残業で眠いし、今日も夜勤やで、はよ帰って寝んとなー
  35cm以上のも釣れたし、一応勝ったし」

あんなもん勝ったうちに入るかーっ!
「んなら、 1 勝 1 敗 ってことで」
「かな・・・」
「ほんならぁ~あ、お疲れさん!」
「おう~ お疲れ~」




そう言うと、エロりんは、1時間半程で  終  了







  よ し っ っ !!   

   じ ゃ あ 、 お い ら が モ ン ス タ ー 退 治 し た る っ !!!





  が





   パ  タ  ー  ー  ー  ー  リ





その後、数人のエギンガーがやってきたが、誰のロッドも曲がらなかった・・・






この日、とらっきー も単独で、有名な漁港に行ってるとの事で、連絡するも、、、

『もうアカンわ・・・  全然やわ

『こっちは潮が全然動いてないわ・・・


ってな感じで、全然ダメなまま、時間限定釣行 を 終 了 したみたいだった。




この連絡を受けて、 約 3 0 分 後 ―





   暑 っ い し ・ ・ ・  

    目 標 は 達 成 し た し ・ ・ ・

     も う い っ か ー ・ ・ ・





  A M 8 : 4 5




  テ ン シ ョ ン が 下 が っ て ・・・





    終    了



結果

TAKA  1ハイ  36cm  (1.6Kg)
エロりん 1ハイ  36.5cm(1.8Kg)






荷物を置いてある所に戻ると、1人の坊主頭のエギンガーが・・・
スカリに入れてあるアオリを引き上げると、

「何時頃釣れました?」
「うーーん、5時前やったかな・・・」
「やっぱ早い時間なんや・・・」
「それからはパッタリやったかなー
  じゃ、お先に! お疲れさん~」

「お疲れさまで~す」



後に分かったのですが、このエギンガーは、エロりんの会社の人だったらしいです。



あ!! それと!


今回釣行した場所は、エロりんの会社の先輩の〝玉さん〟 開 拓 したそうです。


 エロりんの会社の先輩の〝玉さん〟

  場所を教えていただき ありがとうございました!!







ってなことで、

いやいやいやぁ~、遂にやりました! やったりましたよー!!

目標だった、
35cmUP!!


ま、エロりん の釣ったモンスターには敵わないものの、


  自 己 記 録 更 新 !!


いるとこにはいるもんですね~!

去年までやったら、考えられん大きさですわ~!

今年はちょっと異常すぎるかもね・・・

親アオリダービー も もうすぐ折り返し地点!

次の目標は、40 cm UP!! もしくは、 2 Kg UP!!


 モ ン ス タ ー 退 治 し た る っ っ !!








P.S.
   この日、ロスト4つ と 今年最多だったのを付け加えておきます・・・

   それもテンションの下がった原因の一つです・・・

   エギがぁぁぁ・・・ やってられん・・・
  1. 2008/05/26(月) 04:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

リベンジ & リベンジ Part 2


 と 3日連続の釣行 を終え、迎えた


水 曜 日 ―


連日の睡眠不足(平均4時間) と 疲労感 に加え、

3 日 連 チ ャ ン ボ ウ ズ というかなりの 精 神 的 凹 み が、


体 調 不 良


を引き起こした・・・。



熱こそ無いものの、


 目 眩 ・ 吐 き 気 ・ ダ ル さ ・ 眠 気


すべてが襲いかかり、 フ ラ フ ラ  だった・・・



んでもって、こんな日に限って、クソ忙しかった・・・ (ありがたいことだが…)




それでも、まだ朝のうちは大したこともなかったので、


きのう、おいら達 が帰ったのと入れ違いで あの漁港に

ぐっちょん が向かったと エロりん から 連絡があったので、

様子を伺ってみた。



「おはようさん、どう?」
「おはようさんです! 今、写メ送ろうとしてたんすわー」
え!!? ってことは、、、釣れたんか!?」
「釣れましたよー 1ハイだけ
「マジか・・・ おめでとさん・・・」
「ありがとさんです! 今からホーム行ってきますわ
  じゃ、写メ送っておきます」

「はいよ・・・」





   釣れたんか・・・  同じ漁港なのに・・・  




なんか余計に目眩がした気がした・・・




で、送られてきたのが、


    08.05.21 ぐっちょん 29cm

   2 9 c m の なかなかのサイズ




これを見た瞬間、一気に疲れが襲いかかってきたようにも感じた・・・




   な ん か ・・・ 気 持 ち 悪 く な っ て き た ・・・



吐き気を抑えながら仕事に集中した。





すると、


 A M 9 : 3 5


エロりん から 写 メ が届いた。



そこには、



『31.5。 2投目できたー』

     08.05.21 エロ 31.5cm






   あいつ・・・ 夜勤明けで直行したんか・・・

    でも・・・今はどうでもいいわ・・・

     なことより・・・気持ち悪い・・・

      つーか・・・ 休みたい・・・





そんな ブルーな気持ち とは裏腹に、


次々と写メが届いた。



『38cm!! やりー!』

    08.05.21 エロ 38cm





   さ、さぁ~んじゅはちぃ~~?!

    それはちょっとスゴイな・・・ やるなー・・・


    

すると、ぐっちょん からも・・・



『負けた・・・』

    08.05.21 ぐっちょん 30cm



これまた ぐっちょん

『30㌢』

    08.05.21 ぐっちょん 30cm 2







   ・ ・ ・ ・ ・ う ん 、 確 か に ス ゴ イ よ ・ ・ ・

    で も ・ ・ ・  な ん か ・ ・ ・  も う ど う で も い い や ・ ・ ・

     


本来ならみんなの功績を歓ぶべきはずが、体調が優れないせいか、


どんどんと凹みが大きくなっていき・・・






   や っ ぱ 引 退 し た ほ う が い い ん か な ・・・




なんて いつになく、、、




   超  ネ  ガ  テ  ィ  ブ






そんな凹んだ思いを、メンバーに告げたり、ブログに書いたりしたところ、


みんなから、励ましや応援のメールやコメントが届いた。





   な ん だ か あ っ た か い ね ・・・

   こ ん な こ と で 凹 ん だ り し た ら あ か ん ね ・・・






この日は早めにベッドに潜り込み、すぐに深い眠りへ堕ちた・・・




木 曜 日 ―




十分すぎるほど睡眠をとって、目覚めると、


前日の体調不良が消し飛んでいた!




  復  ー  ー  活  っ  っ  !!!!





朝から仕事をこなしていると、またもや エロりん から メールが


『36cmゲット!!

    08.05.22 エロ 36cm





   スゴイな・・・ 連日35cm超えかよ・・・


    今  に  見  て  ろ  !!




前日の ネ ガ テ ィ ブ は疲れと共に消えていた!




この日の 『釣果報告メール』 はこれだけだった。




そして、昼すぎ・・・



やはり、あの男がやって来た。


どーも納得がいかん!
「火曜日のか?」
「ありえん!
  今日出れるんなら行ってこんか?」

「嫁には頼んでみるわ」
「場所はどうする? あの漁港はもうあかんやろ」
「そやな・・・ とりあえず寄ってみて様子見てから動いてもいいし」
「じゃ、また夜出れるようになったら連絡くれや」
「おう! んな夜な」



嫁(tommy)に頼み込んだ


「頼む!! もう1回イカせてくれーー!!」
はぁ!? またか!? 何考えてるんやって・・・」
「今日は絶対釣ってくるで!」
「フンっ ヘタクソなんやでもう 引 退 したら?」
「ふグッ・・・・・」
「行けばいいけど、きのう体調悪かったんやで、あんまり遅くなったらアカンよ!!」
イエス!イエス! イエース! サンキュー!!!



ってなことで、今宵もう1度 リベンジ に向かうことに・・・



どこへ行こうか考えながら仕事をしていると、夕方に


烏賊酔会 の マサラッチ から電話が


「もしもし?」
「今から行ってもええ? 髪切ってやー」
「いいよー、場所わかる?」
「○○○ってとこか?」
「いや、そこぢゃなくて・・・」
「あーわかった。 今行くわ」


マサラッチ とは、前に1度 某歯医者で偶然会って話したくらいで、
ゆっくり話をしたことがなかったが、この日は色々と話ができた。

ま、他にも お客さん がいたので、あんまりゆっくりとは話できなかったけど・・・


「ここで喋ると、ブログのネタにされるやん!」


といっていたので、あまり書かずにおこうかな・・・。


んじゃあ、マサラッチ名言集 でまとめますか!




 俺は寝てるとき以外は常に偏光かけとるでー!


 釣り場にゴミを出す奴が許せんっっ!!!


 エギは○○○以外は使わん!


 24時間時間があったら、24時間常にイカの事考えとるな!


 ス テ ラ は え え よ ~ ~ !!





ってな感じですかね・・・。


ま、一言でいうなら、、、



 相 当 の  烏  賊  馬  鹿



ってことかな。 いい意味でね。



マサッラチ、ごめんね~、ネタにしちゃった・・・

あ、髪の色大丈夫やった? 社長にドツカれんかった?







そんなこんなで、、、




 夜 ―



秋吉の都合もあって、ちょいと遅くなって・・・



 P M 1 0 : 1 0   

   リ ベ ン ジ に 出 発


とりあえず、いつもの漁港に到着すると、

駐車場には


   ズ ラ ~ ~ ~ ~


っと車が並んでいて、


そのまま


  ス  ル  ー

した。


到着したのは、温泉施設の隣のちっちゃい防波堤・・・


「あの漁港に入ってくるんなら、こっちにいても不思議じゃないやろ?」
「でも、、、まっったく墨跡ないぞ?」
「ちょっとやってみてあかなんだら移動すればいいげ」
「そやな、ランガンで行くか!」



そこでは、何投かしてみたものの、



   な ん だ か 釣 れ る 気 が し ね ー




ってことで、移動することに。


へ行くべきか、へ行くべきか悩んだ末、


 北へ向かうことに!


まず寄ったのは、とある漁港・・・



風の影響が強く、厳しそうだった・・・



   は い 、  移  動  ~



途中、地磯の様子も見てみたが、釣れてもおかしくはなさそうだけど、

入ったことが無いってのは、あまりにもリスクが高い為、やめた。

時間も時間なので、ある程度場所を絞って動く事にした。



その途中、、、


予定してはいなかったが、ふと 直 感 が車を停めさせた。


立ち寄った漁港は、いかにも産卵に入ってきそうなワンドで、秋の仔イカも釣れるとこだった。


「ここは? 釣れそうな気がするんやけど?」
「やるんならやってみてもいいぞ。 でも浅いんじゃないか?」
「遠投して、手前は捨てればいいんで?」
「んなら、やってみるか!」



防波堤の上を見渡すと、1つだけ小さめのちょっと古そうな墨跡があった。


「釣れるのは釣れるんじゃねーか?」
「ちょっと風があるけど、投げてみるか」
「雰囲気はいいんやけどなぁ・・・」



まだ半信半疑での、


  キ ャ ス テ ィ ン グ  開 始




すると!!!



「お? 乗ったぞ! いきなりフォールでキタ!」
んマっ、マジかぁ!!?
「そんなにデカくはなさそうやな~」
「ちょっと待て! 今タモ入れるわ」



上がってきたのは!



    08.05.22 秋吉


この時期にしては小さめの 23cm


「いるやん!! つーか、何でお前なんじゃ!」
「はっはー! 腕じゃ腕!」
アフォかっっ!!
  最初のフォールでいきなり釣れたのに、
  腕もへったくれもあるか!!
   だけじゃ!」

「わははー それもそうやな」
「でも、メスが釣れたんなら、絶対にオスもいるぞ!!」
「そやなー」
ぜってー釣ってやるぅぅぅー!!



投げっぱなしにしてある おいら のロッドを シャクると!



   グーーーー



「お?キタか!?」
「ウソやろ?」




   ビーーーーン  ビーーーーーン



「・・・・・根掛かりしてるし・・・」
「好っきゃなー」
お前のヘルプしてたでやろがっっ!!!



   ぷっちーーーーーん




Noooooo~~!! こんな時に・・・」
秋「俺が釣っといてやる~」
「るっさいっ!」



しかし・・・



その後は




   う  ん  と  も  す  ん  と  も  ・ ・ ・





「おっかしーな~・・・ 絶対いるはずなんやけどなぁ・・・」
「間違いなくいるっちゃ! でも釣れんな・・・」



秋吉 が釣ってから 1時間程 経過・・・





   そ  の  時  は  ・ ・ ・




    キ  タ  ・ ・ ・







   し ば し の  放 置 プ レ イ  の 後





   軽 め の  2 段 シ ャ ク リ







    グ  ン  ッ






   グ ッ  グ ッ  グ ー ー ー ッ




「キ、キターーーー!!!」
「マジでか!? こっちまで持ってこれるか?」
「そんなにビックリするほどはデカくないと思うでイケルわ」




久々の引き と 今期初〝親〟ということもあって、


否が応でも慎重になる・・・



そんな折、 秋吉 が タモ入れを MISS 


「おいおいおい~ 頼むわ~」
「わりぃわりぃ~」
「ゆっくりでいいわ」



で、今度こそ、、、



   タ  モ  I  N  !!




上がってきたのは!


    08.05.22 TAKA 


ちょいとピンボケだけど、、、29cm の  GET!!!



しゃーーー!! オラーーーーッ!!



真夜中なのを忘れて、思わず 雄 叫 び をあげてしまった。


長かった・・・ なんだかすごく長い間釣れなかったように感じた・・・


その分、喜びは半端なかった!!


一瞬で疲れが吹き飛ぶのを感じた。


でも、何よりも嬉しいのは、




  赤 刀 に  ア オ リ  で  墨 入 れ




出来たこと!!

やっとというべきか、遂にというべきか、、、

なんにせよ、



  よ  か  っ  た  ぁ  ぁ  ぁ  ~ ~ ~




この後、秋吉ロスト連発 や、 リーダーが結べない?! など、

ネタはあるけれど、



  も う 何 も 書 く ま い ・・・

   今 し ば ら く 余 韻 に 浸 り た い ・・・





ってことで、





    終    了



結果

TAKA   1ハイ (29cm)
秋吉    1ハイ (23cm)

エロりん・ぐっちょん  いっぱい (38cm~)






なんとか釣る事が出来ました。

心配してくれた人・励ましてくれた人・応援してくれた人


  ありがとうございました~!!


これからは、 サ イ ズ U P ♂ 目指します!!







P.S.
   親アオリダービー は エロりん が バケモン GET しました。

   おそらく、福井の公式な記録では T O P じゃないかって話です! 
        (ちゃんと調べたわけではありませんが…)

   バ ケ モ ン は、 

   墨人ホームページ

   の ギャラリー か、

    フィッシング ポイント 

   の 最新釣果画像

   にて 閲 覧 できます。
  1. 2008/05/22(木) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

リベンジ & リベンジ Part 1


日・月 の 連 休 が明け、連続ボウズ を喰らって、すっかり凹んでる時に、


   秋吉がやって来た。


ま、来そうな予感はしたけどね・・・



「どうやったんや? 敦賀は?」
「全然あかん・・・」
「誰もか?」
「エロりんがモンゴリアン2つだけ・・・」
「きのうは?」
「あかんかった・・・
  とらっきー が釣ったわ。27.5cm と 30cmの」

「ダッセー! 話んならんな!」
「もうさすがに凹んだわ・・・」
「今日は客で来たんやけど、後から ポ イ ン ト 行かんけ?
  ライン巻き直そうと思って」

「暇やったらいいぞ」




散髪を終了して、暇そうだったので、ちょっと ポ イ ン ト に行くことに。


行って、秋吉のラインを巻き直して、エギを物色。

いくつか購入した。


すると、


「今晩行ってみるけ?」
「え~~~・・・ さすがに3日連続は嫁もウンって言わんかも・・・」
「今釣れてるうちに行ったほうがいいんじゃねーんか?
  俺もライン試してみたいし」

「いいって言ったらな」
「とらっきー も釣れたんやろ?
  んなら、俺に釣れん訳がない!!」

「なんの根拠じゃ・・・ 
   つーか、お前ダービー参加してないげ!」

「あ? いいんじゃ別に!
  そんなに釣れるんなら、確かめたいだけやで」




帰って、嫁に  懇  願  してみた




頼む!! イカせてくれ!!!
「・・・あんまり寝てないんやろ? 知らんよー!」
「なるべく早めに帰ってくるで!」
「・・・・・ふぅ・・・ 行くのはいいけど、気をつけてやー」
はいーーっ!





    長 く な り そ う な の で ・・・

     ち ょ っ と 手 短 に 書 き ま す ・・・





 P M 1 0 : 0 0    出  発



あの有名な漁港 到 着 


駐車場には、10台もの車が・・・


早速、1 番 B E S T な ポ イ ン ト  に向かうと、、、




「え?え? ウキ!? なんで?」
「エサで狙おうってのもいるんやなー」


BESTポイント の 海面には、点々とウキが並んでいた。


その両隣にはエギンガーがいた。

仕方ないので、そのもう少し奥の、いわゆる  モ ン ゴ リ ア ン の 巣 の前でやる事に・・・




 し か し ・・・




   な  ん  に  も  釣  れ  な  い  ・ ・ ・




その時!!!




隣のエギンガーのロッドがひん曲がってる!!




「おい! あれデカいんでないか!?」
「なんかえらい重そうやなー」



でもって、ゆ~~っくり上がってきたのを覗き込んでみると・・・





  デ 、 デ カ ッ ッ ッ !!!!



そのエギンガーは、ロッドを立てるのが精一杯な感じで、中々ギャフを入れられないでいた。


すると、


「すんません、かけてもらっていいですか?」
「あ、タモでもいいかな? ギャフ打ったことないし・・・」
「お願いします」
「あ、はい」



  タ モ 入 れ 成 功



お、重っ!! なんじゃコイツ!」
「デカそうやなぁ~」
「ありがとうございます」




上げると、、、



   ド   ス   ン



「ふおっっ!! デケーぞ!!」
「スゲーーー!! なんじゃこのデカさ!! 丸っっっ!!」
「ビックリしたー 1シャクリでいきなり持ってった!」
「そうなんや~!」
「あれ? TAKAさん?!」
「へぁ?」
「烏賊酔会のトミーです。 前に プ ○ ン ト 3 で会った・・・」
「あ、あ~あ~あ~ どうも~!」
「ありがとうございました~!」
「いえいえ、それにしてもデッカイの~! 俺が実際に見た中では1番やわ!」
「こんなんいるんやな~」
「凄かったわ~」
「おっしゃ!! 俺も釣ろうっと!!」
「心配すんな お前は〝藻〟しか釣れんで!」
やかましわっっ!!!
「わはははははー」



その モ ン ス タ ー を測ってみると、、、



   4  0  c m  !!!




ビックリですわ・・・

あのサイズが、あんな漁港の中にいるなんて・・・




その後、トミーさんとは色々話をして、もうあれ1ハイで満足したみたいで、
先に帰っていきました。


しばらくすると、ウキ釣りの人達も移動して、トミーさんの場所も空いたので、すかさず



   場  所  確  保



これが間違いだった・・・



それまで おいら と 秋吉 がいた場所には、当然のごとく、2人のエギンガーが陣取った。





その直後・・・





その、おいらのいた場所に入ったエギンガーが 30cmくらいのを上げた・・・


そのすぐ後にも、秋吉のいた場所に入ったやつが、25~6cm のを上げた・・・


そのまた後に、おいらがいたとこのやつが・・・



しばらくすると、ウキ釣りの人達も連続で上げていた・・・



そこの 絶 好 な ポ イ ン ト にいて釣れてないのは、




   お い ら  と  秋 吉   だけ・・・




 焦 り は い つ し か 諦 め へ と 移 っ て い っ た ・・・




やがて、おいらは



   疲  労  感  M  A  X



に・・・




   や  っ  て  ら  ん  ね  ・ ・ ・





    終   了



結果

TAKA・秋吉   ボウズ




帰りの二人は心なしか言葉少なだった・・・



「疲れたな・・・」
「疲れた・・・」
「まわりで釣れてるのに、俺らだけ釣れんのは余計に疲れるな・・・」
「お前はまだいいわ・・・ 3日連続やぞ・・・ さすがに凹むわ・・・」
「お前はいつものことやろ?」
「アホかっ!! 状況が違うやろー! こんなに釣れてるのに・・・
  はぁ~あ・・・ もうなんかどうでもよくなってきた・・・」






も う ・・・ ホ ン ト に  引 退  か も ・・・




リベンジ & リベンジ Part 2  に つづく
  1. 2008/05/20(火) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祭りってホント!?


前日、敦賀から意気消沈しながら帰ってる時に、次の日(19日)に一緒に行く約束をしている、
ゆうたのパパさん から電話があった。


「敦賀どうでした?」
「ダメでした・・・」
「俺もきのう有名な漁港行ってたんやって」
「どうでした?」
「おかげさんで、 初 親 G E T しましたわぁ!」
マジっすか!!? おめでとさんです!」
「アザースっ! 今めっちゃ釣れてるよ!
  土日だけで 5 0 ハ イ くらい上がってるって!」

エエェェェ~!?うっそやぁ~ん?!
「ホントやって!防波堤が墨だらけやって!」
「マ、マジでぇぇえ!!? 敦賀まで行かんでも良かったって事?」
「ホントに凄いよ!一人で10ハイ以上釣ったもんもいるんやってー!」
「ありえんし・・・」
     ・
     ・
     ・
     ・

「じゃあ明日はその漁港にしますか」
「じゃ、そうしますか」
「何時頃来れます?」
「今日あんまり寝てないで、3時半くらいに出ようかなぁ」
「じゃ、先に行って場所取っておきますわー」
「ありがとうございます! じゃ明日!」



てな事で、

月曜は、 リ ベ ン ジ で、もう一度敦賀にって思ってたんだけど、




   そんな情報聞いたら行かない訳にはいかんやろー!

    お祭り騒ぎってホントなんかぁ~!?




じゃあ、


あの 有 名 な某 漁 港 に行って確かめねば!



月曜
は、メンバーとらっきー も単独でその漁港に出撃予定だった為、一緒にシャクる事になった。


でも、おいら は またもや



   時 間 限 定 釣 行



に・・・


この日は、

   『 三 国 祭 』 

に行かなくてはならなくて、午前中には帰宅するのが条件だった。



一方、とらっきー は、「子供を幼稚園に送ってからしか来れない」って事で、
9時くらいにしか来れないとの事だった。




   ま、でも、少しの間だけでも一緒にできるかな~



なんて思いながら、  睡 眠 不 足 のまま、当日を迎えた・・・。



P M 11 : 00 就 寝 

  (途中何度か子供に起こされる・・・)

A M 3 : 00  起 床



今回は、しっかり排便も済ませて、



A M 3 : 20 出 発




漁港に到着すると、まだ薄暗く、風も強いというのに、何台もの車が止まっていた。



 や っ ぱ り 噂 は ホ ン ト な の か !?



見渡すと、ゆうたのパパさん の車を発見!!

早速、電話をかけてみた。


「おはようさんでーす! どうですか?」
「おはようざいまーす!
  あら?メール届いてないか?」

「え?! 気づかんかった・・・
  ってことは・・・釣れたんか!!?

目覚まさせてあげるわー!
マジでか?


そそくさと用意をして、ゆうたのパパさん の元へ向かった。


到着すると、スカリが浮いていた。


「こん中か? あげてもいい?」
「どうぞ~」


あげてみると!




「デ、デカっっ!!! なんじゃこれ!
記録更新したって~!!」
「スゲー! おめでとうございますっ!
  こんなサイズいるんやのぉう~」

「アザース!! 
  まだまだいるって! 俺の知り合いは、38cmってのも上げてるし!」

「ふぅぅぅ~ん。いるもんやの~」



そのスカリの中の モ ン ス タ ー を、後に測ってみたら、



   3  7 c m



という、おいらが見た中では、1番の



   B I G  S I Z E





   こりゃあ今日は期待出来るかもよぉぉーー!!




と、意気込んではみたものの、






    びょびょびょびょびょおおおおお~~~~

     ぶぼっ ぶぼばばばばばぁぁぁぁぁぁ~~~~~






という、物凄い風・・・


天気予報風に言うならば・・・



   強 風  一 時 止 む  の ち  突 風

    暴風・波浪 注意報




ってな感じ・・・



「風 キッツイ のぉ~」
「何言ってるんやって! アニキ来る前の方がもっと凄かったわ
  何人も帰ってったわ。 そんな中でアレ釣ったんやって」

「よう釣れたわ・・・」



話をしてても仕方ないので、早速始めることに。



ゆうたのパパさん が確保してくれていた場所は、の日1番BEST と思われる場所。




 そりゃあ 期待も高まりゃあ、心も躍るってもんさね!





始めてしばらくすると、さっきまでの風がウソのように治まっていった・・・





     チ ャ ~ ~ ~ ~ ン ス !!!







 し か し 、、、




   そ ん な 簡 単 に は 釣 れ や し ね ぇ ・・・




その内に、白々と夜が明けてきた。



今からが本番!と、手持ちのエギで1番釣れそうで、
実際に、ゆうたのパパさん もこれで釣ったという、


  『 墨 族  3.5 号  ピンク系 』



を、いささか向かい風の中、




   フ ル キ ャ ス テ ィ ン グ ~ ~ !!




   ブ  ン  ッ



   バ ッ チ ィ ィ ィー ー ン




    ぴゅうううううううう~~~~~




あ゛あ゛あ゛ぁぁぁぁーーーーーー!
「どうしたの?」
「飛んでった・・・」
「ウソ?なんで?」
「わからん・・・」



早くも ロスト ・・・ 根掛かりでもないのに・・・



  な ん だ か 今 日 は ツ イ て な い 予 感 が ・・・



リーダーごと逝ったので、結び直していた



  そ  の  時  !!




キタよ!!! 悪いね~」
「ウッソ!!? マジで!?」



見ると、ゆうたのパパさん の カラマレッティー プロト が曲がっている!!



  な ん で こ の タ イ ミ ン グ で ・・・


そんな事を思いつつ、リーダーを結びながら、ランディングを見ていた。


上がってきたのは、 27~8cm の  


「マジけやぁ~ くっそぉぉぉ~ こんな時に何やってるかなぁ・・・」
「アニキ! 今がチャンスやで! 何してるんやってー」
「今すぐ行くって!」





この後・・・



 事件は起こった・・・



 イイ感じで夜が明けてきて、 共に ベストコンディション・・・



 後はモンスターがエギを抱いてくれるだけ・・・



 願いを込めて キャスティング・・・




 

   ビ ュ ッ !



    カツンッ
 



あ痛っ!! 
   ? ? ?  なんじゃ?」





エギは前に飛んだし、ラインも切れてないし・・・


・・・? なんやったんやろ? 


ま、いっか・・・


とりあえず巻くか・・・






   スカッ  スカッ  スカッ 



んんん?? 巻けんぞ?!


どうなってる・・・





ん゛あ゛あ゛ーーー!!! 何じゃこりゃ!!?
「どうかしたんか?」
「リールが・・・ぶっ壊れた・・・」
へ? 何で?」
「わからんけど、 ラインローラー と ネジ が吹っ飛んだ・・・」

   KIX破損


「何で何で?」
「・・・・・わからん・・・」
「その辺に落っこちてないか?」
「こんなちっこいの探しようがないわ・・・ ありえんわ・・・」
「・・・・・・・」



 実は、このリールは、つい先日に某オークションにて、本体のみ(スプール・ハンドル無し)のを3200円で購入したもの
 買った理由は、自分の本体がボロボロになっていたのと、パーツ取り・カスタム用・予備 として買ったもの
 もっとちゃんとチェックすべきだった・・・





お も い っ き り ・ ・ ・





   戦  意  喪  失  ・ ・ ・




「なんか・・・一気にヤル気無くなってもた・・・」
「予備のリールとか積んでないんか?」
「無いのぅ・・・
  あ・・・ 秋吉のならあるけど・・・」

「じゃそれ使ったら?」
「あいつのボロイんやってなぁ・・・ ラインも2年くらい巻き直してないし・・・」
「でもやめるの勿体ないんで?」
「んじゃあ、奴のリール取ってきますわ・・・」




 まぁこの際、贅沢は言ってられんし・・・


 でも、、、めっちゃテンション下がったね・・・


 なんか、、、ちょっと、、、どうでもよくなってきた・・・


 いやいやいや、こんなんで凹たれたらあかん!!


 まだうちのチームは誰一人釣ってないんやし・・・


 今日こそは釣らねばっっ!!!


 俺が1番乗りに釣らんと!!!





  無 理 矢 理 に テ ン シ ョ ン を 上 げ た ・・・




しかし、奴のラインはヨレヨレで、ねじれまくってる・・・

リールもエギング用でもなんでもない、リアドラグのやつやし・・・

よくこんなんで釣ってるもんやわ・・・

つーか、こんなんに負けてる俺って一体・・・

やっぱり、釣りは道具じゃないんやな・・・

あらためて思うわ・・・





そんなことを考えながらシャクリ続けた。




 だ  が ・ ・ ・





   さ ぱ ー ー り  釣 れ ね ・・・






それでも続けていると・・・




   うん??!  なんか今 エギの後ろから付いてきたような・・・

    んなこたぁねーか・・・ 気のせいかな・・・







 その数分後だった!!




隣の人のロッドが大きく曲がっている!!!


なにやらデカそうな感じ!!


慎重にギャフって上がってきたのは!



37~8cm は あろうかというモンスター!!!



うっそぉぉぉ~~ん・・・
「どしたの?」
「いや・・・気のせいやとは思うんやけど、
  さっき、おいらのエギの後ろからなんか付いてきてるように見えたんやって・・・」

ウソーー! ぜってー隣が釣った奴やって!
  アニキ何やってるんやって~~!!

「いや、やっぱ気のせいやって・・・」
「それ認めたくないだけやって!」
「いや・・・見間違いやって・・・そういうことにしとくわ・・・」




せっかく無理矢理に上げたテンションも、、、



 心なしか、



  グンっ  と 音を鳴らして下がった気がした・・・




その後も、まわりでも誰も釣れている様子も無く、時間だけが経過していった・・・


しばらくすると、





   びょびょびょびょびょおおおおおおお~~~


    ばばばばばばばっっ びびょばっ ぼばぁぁ~~~




という



   暴  風  


  否、




    狂   風




へとなってきて、釣り客も、一人、また一人 と帰っていった。


そんな中、訪れる2人の釣り客がいた。

見ると、

去年も出会った2人組の、ヒゲ&メガネ の お兄さん達 だった。

「どう?」
「あ、ども! 全然です・・・
  周りでは釣れてますけど・・・」

「そう・・・」


折角久々にお会いしたのに、おいらのテンションはめっちゃ低くてすんませんでした・・・。


  今度会ったら、一緒にシャクりましょう~♪




そんなこんなで、気がつきゃあ


A M 9 : 0 0

を迎えようとしていた。


その頃、とらっきー が 到着!


「毎度さ~ん」
「どう?」
「カクカクシカジカ いろいろあってね・・・」
「あ~ そうなんや~」
「この風は吹いたり止んだりやけど、ちょっとキツクなってきたかな」
「とりあえずやってみるわ」



その直後!!


「キタよ!!」
「ウソっ!! 3ハイ目か!!? スゴイな・・・」
「あ! 足1本やわ・・・ お願いしてもいいっすか?」
「タモでもいい?」
「なんでもいいです」


2、3回 ミスしつつ・・・ 捕獲成功!


上がってきたのは、


  25~6cm の 



「今から三国の親戚のとこ行くんでしょ? 
  これ お土産 にあげますわ~」

「え? あ・・・ ありがとうございます・・・
  もうこれを写真に撮って、釣った事にしよっかなー・・・」

「そんなんプライドが許さんっしょう~!」
「まぁね・・・ でも・・・ もうなんか・・・
  ヤル気なくなってきた・・・」

「そんなこと言わんとー! 頑張ってやー アニキー!!」
「はい・・・」



そ の 直 後 ! ! !



乗ったよー!!
んマ、マジでかーーっっ!?
「マジ!」


巻いてくると・・・


あ!! もう1つ 後からついてきてるって!!
  アニキ!! 早く早く!!」

「今行く!!」




慌てて投げるも・・・



   スーーーーーー


っと消えていった・・・




とらっきー は、初親狙い にして 初親GET!!

その1ハイ目がコレ

   08.05.19 とらっきー 27.5cm


  27.5cm の 




その後、エロりん も情報を聞いて居ても経ってもいられずに、子供に留守番をさせて、参戦に来た。

今に嫁に殺されるぞ・・・


エロりん が 来た頃には、風も更に強くなっていて、ほとんどまともにエギが飛ばない・・・


ゆうたのパパさん は、エロりん の場所を確保する為、時間をオーバーしてまで一緒にいてくれました。

エロりん が到着すると、


「じゃ、お疲れさんでした! 頑張ってください!」
「すんません・・・ 場所まで取ってもらって・・・」
「なーもなーも、全然。 それより、まだ絶対にいるはずやで、釣ってください!」
「うーーーん・・・ もう戦意喪失してんたし・・・
  もうしばらくで帰りますわ・・・ お疲れさんでした~」





 ゆうたのパパさん ありがとうございました!!



やがて、風は更に激しさを増してきた


おいらは、今日の色々な出来事、

とらっきー に あっさり 『 1 番 乗 り 』 をされた事もあって、、、






   や ~ ~ ~ ~ め  た  っ と




エロりんは、

「ラス投!」


と言いながら、何度もキャスティングを繰り返していた。



「もう帰るわ~」
「ほんなら俺もラス投で!」
「何回目じゃ!!」




で、



   ヒ  ュ  ッ



   プチィィーーン



   ひゅるるるるる~~~~ 
(さよ~なら~)



あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーーっっっ!!!
はははははーー!! ラス投って言うて何回もやってるでじゃ!」
「くっそぉぉ・・・」


アホですわ・・・



とらっきー は もう少し頑張ると言うので、

「ほな、お疲れさん」
「お疲れ~」
「お疲れさん~」



ってなことで、

おいら・エロりん は




    終    了

TAKA   ボウズ
エロりん  ボウズ
とらっきー 親アオリ 27.5cm 1ハイ


ゆうたのパパさん  親アオリ 3ハイ(37cm・27cm・25cm)




と思ったら、

帰宅した頃に、、、


とらっきーが もう1ハイ追加

   08.05.19 とらっきー 30cm

   30cm の 




という結果でした。

なんだか・・・今回の釣行で、何かが音を立てて崩れる感じがしました。

前日、敦賀まで行ってもダメ・・・

今日はお祭り騒ぎのベストポジションでもダメ・・・

そのポジションでは、隣の人のを入れると、
狂風という悪条件でも 7ハイ も釣れているのにダメだった・・・

ガックリしながら帰宅して、嫁に今日の出来事を報告すると・・・


「もう引退やね」
「・・・・・そやな・・・そうせなあかんかもな・・・」



ちょいと本気で引退を考えてしまいました・・・


うーーーーーん・・・


なんだかなぁ・・・
  1. 2008/05/19(月) 03:20:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

敦賀へ


18日・19日 連 休 を迎えるにあたって、18日は、月に唯一の日曜休み


普段は平日休みだから、メンバーとは中々一緒には行けないけど、
こんな日くらいは一緒に行こうとメンバーに声をかけた。


向かうのは、最近 活性が高いと聞いている、


   敦賀の〝とある場所〟




   が 、




一緒に行けるって言ってくれたメンバーは、YOSSAN のみ…


他のメンバーは、色々と事情があって


  〝 不 参 加 〟


に・・・


ま、それぞれ事情があるなら仕方けどね・・・



でも、やっぱり・・・



   ち ょ っ と 寂 し い ぞ ~

     お ま い ら ぁ ~ ~ !!




と思っていたら、

後日、エロりん も参加する事になった。


これで少しは心強くなりました。




 し か し ・・・


日曜は、あちこちの小学校で、


   『 区 民 体 育 祭 』


なるものが行われてるみたいだが、


   う ち は ま だ 関 係 な い や~


なんて思っていたら、おいら 可 愛 い 姪 っ 子 達 に、

「見に来てや~」
「わかった~見に行く~」
「絶対やよ!わかった!?」
「お、おう、ちゃんと行くよ」


て、 懇 願 & 約 束 されてしまった。


だもんで、なるべく 1 0 時 く ら い までには帰るという、



  時 間 限 定 釣 行


って事に・・・




この日は、


 SUIDS INK の sir@さん 
 越前烏賊酔会 の マサラッチ 


も同じ場所に行くとのことで、


sir@さん からは、

「沖堤にボートで渡るから、一緒にどう?」


との お 誘 い もあったのだけど、
時 間 限 定 釣 行 の為、泣く泣くお断りした・・・。




そして、 当 日 ―


おいら と YOSSAN は一緒に、エロりん は単独で、別々に行く事に。


 A M 3 : 2 0

YOSSAN が迎えに来て、



   出   発   !!


武生までは下道で行って、武生~敦賀 は高速を使った。

現地までは、1時間半弱 で着く事が出来ました。



そこの駐車場には、sir@さんマサラッチ の車が停まっていた。

早速、sir@さんに電話してみた。

「毎度さ~ん、どう?」
「おはよーさんで~す。
  こっちは下が砂地でイマイチやわ・・・」

「そうなの? ここって何処で釣ったらいいの?」
「俺らはいつもあっちやけど、どこでも釣れるんじゃないかなぁ
  こっち来るか?」

「行きたいんやけど、午前中には帰らんとあかんのやって~」
「俺らもそんなに長いことはえんよー。
  こっち来たかったらんまた言ってやー」

「はいよー」



ってな事で、


おいら達は、人が7~8人見えるところに行ってみる事にした。


釣り場までは少し歩いたが、到着すると、足場には〝墨跡〟が点在して、イカにも釣れそうな雰囲気だった。



様子を伺うと、まともな エギンガー 1人だけで、
あとはファミリーフィッシング やら 大学生くらいのお遊びフィッシング ばかり だった。




「こんなんならイケルな!」
「そやなー、でもこんな浅いとこで釣れるんか?」
「墨跡もあるし、釣れるんでないか?」
「んなら、やるかー」



でもって、早速!



   キ ャ ス テ ィ ン グ  開 始 !!





す る と 数 分 後 !!



先客のエギンガー のロッドが大きく曲がっている!!!



「おいっ! あれ釣れてるんでないか?」
「ほやなー」
「ちょっと見てくるわ!」


見に行くと、ギャフを入れるとこだった。


「あ! アオリや!! いいサイズや~!」


上がってきたのは、30cm弱くらいの GOOD SIZE !!


始めて早々にそんなのを目にして、いきなり




   テ  ン  シ  ョ  ン  M  A  X



に!!!!



その事を sir@さん にも伝えると、マサラッチも同じようなサイズのを上げたとの事!





  お ぉ お ぉ ~ ~ ~ ~ !!

   今 日 は 釣 れ ち ゃ う ん じ ゃな ぁ ぁ ~ ~ い !!?





やがて、先端の方が空いたので移動した。




 し  か  し  ・ ・ ・



    釣  れ  ね  ぇ  ・ ・ ・



  まぁ、まだ時間はあるんやし、いまに釣れるやろ~!




場所が敦賀という事、目の前で釣れた事、すぐ目の前に見える沖堤でも釣れてる事、
どれをとってみても、 好 条 件  なのは間違いない!




    ♪ 早 ~ く こ い こ い  親 ア オ リ~




なぁんて 心の中で 時期はずれな替え歌を歌うほどテンションは上がっていた。



やがて、遅れて エロりん 到着


「どうや?」
「まだあかんわ~。
  でも、先端の人が俺らが始めてすぐ釣ったし、マサラッチも釣れたってさ~」

「マジけ!? つーか、お前らは何やってるんや!? 
  とりあえず、今行くわ!」




やがて、エロりん も釣り場に来て キャスティング し始めた。




しばらくすると、先客の人の ロッドが曲がった!


上がってきたのは、



   モ ン ゴ リ ヤ ~ ン


なんだか、ちょっぴり、、、



    ほ   っ  ・ ・ ・



それでも おいら達は 、 、 、




   全 ~ ~ 然  釣 れ ね ぇ ~ ~



と思っていたら!!



エロりん のロッドが曲がった!!


「おっ キタぞ~!!」
「マジけやっ!!?」
「ん~~・・・ 引かん・・・」
「ってことは・・・」
「おっえぇぇぇ~~~!!!」


上がってきたのは、、、

やっぱり、、、



   モンゴリヤ~~ン

「クソッ!! ムカつく・・・」
「ははははー! ダッセー」
「イカ釣ってないヤツに言われたくねーわっ!!」
「俺はそんなモン釣りにきたんじゃねーし!」
「釣ってから言えやー!」
「今釣ったるわーっ!」
「ま、俺は一応ボウズじゃねーし」
「んなもんボウズと一緒じゃ!」




とは強がったものの・・・




   釣  れ  や  し  ね  ー ー ー ・ ・ ・ 




エロりん モンゴリアン をもう一つ追加したが、
おいら YOSSAN は、そいつすら釣れない・・・




沖堤にいる sir@さん にメールで様子を伺うと、


『そっちはどう?
  こっちは、エロがモンゴリアンを2つ捕獲したのみ』

『こっちはマサラッチが二杯、俺一つです
  活性はいいみたいだね』

『やっぱ沖は違うんかなぁ。
  こっちの目の前の沖堤でも上がってるし・・・
  釣れる気がせん・・・』
『こっちきます?』



行きたいのは山々だけど、時間的に余裕が無かった・・・


エロりんは 「行く!!」 ということで、

sir@さんに迎えに来てもらって、沖堤へと向かっていった。



迎えに来てもらってる時、エロりん が、


「うちのチームはまだ誰も釣れてないぞ・・・
  どんだけヘタレやねん・・・」



と ぼやいていた。


エロりん にそう言われて、ハ ッ と気付いた・・・



 この場に、墨人・SQUIDS INK・烏賊酔会 の、各リーダー・会長 が揃ってる・・・


  なのに・・・


   釣れてないのは お い ら だけ・・・





   情 け な い ・・・  

    と い う か 、

     恥 ず か し い ・・・





そんな思いもあって、この場にいれない感じがしたのと、YOSSAN の、

「ここじゃ釣れる気がしねー」


という後押しの言葉があって、




   場  所  移  動



という言葉を借りた、



   逃   避




という行動をとった・・・。




向かった先は、先週、嫁(tommy) と共に探索した場所へ。




着くと、沖堤には何人かの人がいるが、手前には誰もいない。

見るかぎりでは、釣れそうな感じ






   しかーーーーし






   さ ~ ~ っ ぱ り  釣 れ な い





時間を考えて、短時間勝負の




   R  U  N  &  G  U  N



をすることに!!




「こんなとこまで来てボウズでは帰られんやろ~」
「ぜってーーーに釣ってやる!!!」




思いとは裏腹に、行けども行けども、





   う ん と も す ん と も ・・・





釣れると思ったんやけどなぁ・・・


 やっぱり、俺の勘なんてこんなもんだわ・・・


  所詮 ヘタレ は ヘタレ やね・・・





それでも、諦めの悪い2人は、流れ流れて・・・・・



気が付いたら、目の前には 水 島 が見える所まで来ていた・・・





   キレイな海  



    広がる青空  
  


     照りつける太陽






ふと時計を見ると、帰ると約束した 10時 だった・・・



「もうやめるか・・・」
「そやな・・・」



諦めの悪い2人は、言葉少なに、敦賀を後にした・・・。




ということで、




    終   了



結果

TAKA    ボウズ
YOSSAN ボウズ
エロりん   コウイカ 2ハイ






「・・・・・あかんかったなぁ・・・」
「・・・・・こんなとこまで来て・・・」
「俺は明日の午前中も行く予定やで、
  頑張ってみるわ・・・」

「無駄やけどな・・・」
「・・・かもね・・・」




もう、疲れ脱力感凹みで、反論する元気も無かった・・・。
しかし、帰りに、次の日に一緒に行く予定の ゆうたのパパさん からの情報で、
親では有名な漁港で、 だけで、な、なんと!

   5 0 ハ イ  以 上

の釣果があったらしい!

それを聞いて、ちょっぴり期待が膨らんだ!!




  そんなに釣れるんなら、おいらでも釣れるやろっ!!




ということで、19日の釣行 へと つづく・・・





P.S.
   最近忙しすぎて、ブログの更新が遅れがちですが、勘弁してください・・・

  1. 2008/05/18(日) 03:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今期初〝親〟狙い 第3部 


敦賀 様 子 見 程 度 エギングを終え、家へと向かっていると、携帯が鳴った。




 その瞬間・・・




  なんとなくわかった・・・




   きっとヤツだ・・・






    釣 り バ カ   秋 吉 じ ゃ な い か ・・・ ?





やはりそうだった!



「はいよ~ 何や?」
「今晩どうや?」
「どうって・・・
  おいらは 朝 4 時 から行って、
  今、 敦 賀 でもドライブついでにチョロっとやって帰ってるとこなんじゃ」

「釣れたんけや?」
「ま、色々とあってな・・・あかんかった」
「やっぱりなー ヘタクソが釣れるわけねーやろ」
うるせーわっ!
  今晩行くっつっても・・・何狙いや?
  お前ダービー参加してないで〝親〟なんか釣らんやろ?」

「いや、夜ヒマやし、パチンコ行くよりはいいと思って・・・」
「でもさすがに夜もってのはちょっと・・・なぁ・・・?」
「行きたいんなら行けばいいよ~」
「いいってさ~」
「ほんなら夜出れるようになったら電話するわ」
「了解」





ちゅーことで!!





本 日 3 回 目 の 釣 行 決 定 !!!




   ア フ ォ ですわ・・・





場所は、 朝 の リ ベ ン ジ って事で、

朝と同じ漁港に行く事に。




P M 9 : 4 5


ちょいと遅くなったが・・・ 


   出  発 !



漁港に到着すると、やはりというか、当然のごとく、何人かのアングラーがいた。


先端に行こうか迷ったが、夜中に回遊はあまりしてこないだろうと思い、
朝に烏賊酔会の人達がいた A 級 ポ イン ト でやる事に・・・



状況は、朝とあまり変わらず、


ほぼ無風ベタ凪潮もあまり動いてない・・・






   う ~ ~ ん 厳 し そ う や け ど ・・・

    や っ て み っ か ー !!







見渡すと、先端に1人、元階段の下に2人、根元に2人・・・

ちょうど中間にあたる足場の高いところにはいないものの、

全体にまばらにいる感じ。

あちこちから、話し声シャクリ音 は聞こえるものの、釣れてる様子はない・・・



「風は無いし、波も静かやし、良さそうやなー」
「でも、潮が悪いわ・・・ 浮いてるゴミも動いてないやろ?」
「まぁな・・・」
「ま、時間潰しみたいなもんやな・・・」
「あかんかったら、早めに帰るか」
「そやな、さすがにちょっと疲れてるしな・・・」



そう言いながら、



   あなたも わたしも キャスティンぐぅ~♪




朝、Dのおっちゃん に聞いた、コ コ で 1 番 という場所で始めた。

そこは、藻 場 がしっかりあって、柵がある方から投げても、僅かに届かない位置で、
アオリ溜まりやすくなっている と言っていた場所。





が、、、





何回かキャスティングをしていて感じたのが、あまり根掛かりをすることが無く、
カンナに藻が絡む事が少ない・・・

この漁港には長年通っているが、最近つくづく思うのが、




   こ こ 数 年 で 極 端 に  が 無 く な っ た



という事。


それだけ、エギンガーを始めとする 釣り人が増えたから であろう・・・。

だからといって、どうする事も出来ないのが現実だけど・・・

なんだか、寂しい感じはします・・・。





んなことを考えながらシャクリ続けること、



   1 時 間 以 上 経 過






  ま っ っ っ た く 異 常 無 し !!





どんどん疲れが増していく・・・



隣ではあいも変わらず、ビール片手にシャクリ続けてる・・・



キッチンドランカー ならぬ   エ ギ ン グ ド ラ ン カ ー



それを横目に、段々とヤル気もなくなってきて、ついつい





    ロ ン グ ス テ イ 




と言えば聞こえはいいが、ただ単に





    放   置   し て る だ け






   だって釣れないんだもぉ~~ん・・・





そんな事を繰り返してると!!






   グッ  グーーーッ




「ふおっ!! キ、キタかー!?」




 思わず、目一杯アワセた!





   ジーーーーーーーーーー





   ビィィィィィーーーン  ビィィィィーーーン





「・・・・・っだよ!! 根掛かりかよっ!! 硬ぇーしよ~!!」
「ダサッ」
「んなもん・・・すぐに抜け・・・る・・・  フンッ!!






    ぷ っ ち ぃ ぃ ~ ~ ~ ん





あ゛あ゛ぁぁぁ・・・ ムカつく・・・」
「だははははー! 期待を裏切らんなー お前は!」
「くっそぉぉぉぉ・・・
   はッ! 唯一のエギマルが・・・」

「マジけ!? あ~あ・・・」





更にヤル気を無くし、リーダーを結び直していると!






   ブ ボ バ バ バ バ ー ー ー





おっえぇぇぇ~~~!!

「どうしたぁ? 変な音したぞ~?」 ( ニ ヤ リ )
「バックラッシュ・・・ なんかエライ事になってるわ・・・
「人の事笑ってるでじゃ!」
「とりあえずエギだけ引き上げるかな。 
  誰かみたいに ロ ス ト せんように」

やかましわっっ!!




おいらがリーダーを結び直したのとほぼ同時に、秋吉も奇跡的にバックラッシュも解けて、またもや、





   あ、あなたも わたしも キャスティンぐぅぅ~~~!!





ってな感じで、ほぼ同時に 再 開 !!






  し か ー ー ー ー し






   釣  れ  る  気  が  し  ね  ー ー ー





ほんでもって、またもや、、、




    ロ ン グ ス テ イ 




と言う名の、




    放   置   プ  レ  イ





気がつきゃあ0時を過ぎていた・・・



「ぼちぼち帰るか~?」
「ほやなぁ・・・」




すると!!




   グーーーーーーーーー



「おっえ~~! また根掛かりけや~ もうロストしたくね~ぞ~」




   ズルズル・・・   


   ズ シ ィ ィ ィ ー ー ー ー ン




んんん!!? なんか重いんやけど・・・」
じゃねーんか?」
「いや、ちゃうなー! 重みがそんなんじゃねーわ」
マジけ!?
「うーーーーん、でも全然引かんぞ?? コウイカかなぁ?」




上げてみると!!!




んなっ?! なんじゃこりゃああ? カ・・・カニか・・・??」
「ぶわはははははーーー!!!
    ワ タ リ ガ ニ って!! わはははははーーー!!」

なんでこんなもん釣れるんじゃーーー!!

    08.05.12 ワタリガニ


「お前は、イカ以外のもん 釣るの 天 才 やな!!」
釣りたくて釣ってるんじゃねーーわぃ!!!
「わはははははーーー!! 笑わかせてもろたわ~!!」
「くっそぉぉぉぉ・・・・」





その後は特に何事も無く経過していった・・・



気が付いたら、漁港内には おいら達以外はみ~んな帰った後だった・・・



ってことで・・・





    終    了



結果は、

TAKA  ワタリガニ 1
秋吉   ボウズ






「いやぁ~今日は久々に大笑いさせてもろたわ~
  それだけで来た甲斐があったわ」

うっさいんじゃ!! 
  ったく・・・ 今日1日アチコチでシャクって、カニって・・・」

「さすがやなー! 俺の ヒ ト デ に匹敵するか、それ以上やなー!」
全っっっ然 うれしないわっっ!!





ってなことで、、、

今日1日の釣果がこれでは・・・

  はぁ~~あ・・・  なぁ~んだかなぁぁぁ~~


ってなりますわ・・・

なんだか散々な1日でした・・・


他のチームやら、あちこちの情報では、
 バ ン バ ン 
と釣りまくってるというのに・・・



 情 け な か ぁ ~ ~ ~



今に見てやがれー!!!!
  1. 2008/05/12(月) 21:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今期初〝親〟狙い 第2部 


予定よりも早く帰ってくると、嫁(tommy)は子供に おっぱい をあげていた。


あら? 何? 早いんじゃないの? もう帰ってきたの?」
「うん・・・ なんか急に腹痛くなって・・・」
「で? 釣れたの?」
「・・・・・全然・・・今日は日が悪いんやわ・・・
  誰も釣れてなかったし・・・」

ハンッ 腕のせいじゃないんかぁ~?」
「むぐぐぐぐ・・・・」



その後、嫁が掃除・洗濯をしている間、子供と一緒に少し眠りについた・・・



目が覚めると、朝の寒さがウソのように ポ カ ポ カ と暖かく、太陽が眩しく照っていた。



「天気良いし、ドライブでも行くか~!」
「お父さんのとこも行かなあかんし、お母さんも用事頼みたいって言ってたやろ?」
「あ、そっか・・・ んなら早めに用事済ませてから行こうか」
「どこ行くの?」
「うーーーん、あ! 南条S.A のメロンパンが美味いらしいぞ?」
「あ~、聞いたことあるわ~」
「YOSSANも言ってたぞ? それと、グルグルウインナー も有名やわ」
「じゃあ行こうか」
「時間あったら、そのまま敦賀まで行ってもいいか?」
「何しに?」
「え? お客さんに聞いたんやけど、親アオリのポイントがあるんやってさ」
「・・・・・結局それか・・・」
「いや、様子見ながら、チョロっとだけやりたいだけ・・・
   朝すぐに帰ってきてもたし・・・ダメ?」

「別にいいよ」
「サンキュ~~~!」




ってなことで!



敦賀まで、
 
   ド ラ イ ブ  &  エ ギ ン グ (様子見程度)


に行くことに!!




最初に向かったのは、南 条 S . A


ここは、高速に乗らなくても入る事が出来て、
メ ロ ン パ ン が人気らしく、それだけを買いにわざわざ訪れる人がいるほどらしい。

それと、最近ではペロペロキャンディのような形をした、
グ ル グ ル ウ イ ン ナ ー なるものも人気らしい。



   そ り ゃ あ 両 方 喰 わ な い と !!



と意気込んで行ったら、



 メロンパンは下り側
 グルグルウインナーは上り側


にしかないらしい・・・



   め  ん  ど  く  さ  っ  ・ ・ ・




先にメロンパンを買って、グルッと移動してグルグルウインナーを買って、そこの そば屋さんで食べた。



感 想 は ・・・




   ごく普通やね・・・

   何で有名なんか理解に苦しむね・・・

   わざわざ来るまでもないかな・・・




二人で、

メロンパン2個(数量限定のやつ と 夕張メロンパン) と
カレーパン大辛カレーパン
グルグルウインナー を食べたが、、、


どーーも納得がいかず、



更に 

 おろしそば大盛 を追加して



   完   食  ! !



これは美味かった!!!



満腹になったところで、





     敦  賀  へ  G o  ~  !!



敦賀で向かったのは、いわゆる有名なポイントではなくて、お客さんからの情報で、



   え ??  こ ん な と こ で ?


という場所。


そこは、

ワンドになっていて、下は砂地で所々に藻場があって、
沖にはテトラ沖防波堤があり、は落ち着いていて、
産卵場としては 最 高 な場所。



そのワンドに沿って、船着場や小さな漁港が点々としていて、いかにも



   釣  れ  そ  う  ~  ~


なとこ。


しかし、沖には定置網が入っていて、条件としては、その定置網という難関を突破してきたヤツ だけ・・・。


お客さん情報によると、そこの定置網には毎年大量の 〝親アオリ〟 が入っているんだそうです。



そのワンドを所々寄りながら、チョイとシャクってみたり、様子を伺いながらドライブをした。

子供がいた為、そんなにじっくりとは探索は出来なかったが、

エギにはしっかりが付いてきたり、も確認でき、
地元の漁師に聞くと、

「ここってアオリイカって釣れます?」
「さぁ~な~、釣りをしてるもんがあんまりいないわ~
  でも、網には入ってるなー」


とも言っていたし、




   な ん と な ~ く  釣  れ  そ  う



な場所でした。

ただ、基本的には、【 釣 り 禁 止 】 なところが多かったです。


釣れるかどうかは 未 知 数 です。



今回は、子供がグズりだした為、夕マズメを前に後ろ髪を引かれる思いで、その場を後にしました。





 え?  え?  終  わ  り  か っ て ?




  終 わ り で す け ど ?  何  か  ?






 ってことで、




   第 2 部   終   了





第 3 部 へ つづく
  1. 2008/05/12(月) 11:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今期初〝親〟狙い 第1部


5月に入って、墨人 『親アオリダービー』 も始まって、




   気 合 い 入 れ て い く ぜ ぃ ぃ ぃ ー !!!



なんて思いつつ、G.W. の 6 日 に出撃を予定していた・・・





  が!!





5日の夕方に、おいらの親父 重 ち ゃ ん が、




   緊   急   入   院




との電話が入った。

1週間くらい前から 風 邪 をひいていて、日に日に具合が悪くなっていくのが見て取れ、
食欲は無いわ、咳が出て寝れなくて寝不足だわ、それでも医者に行けと言っても言う事聞かずに働いていて、
見るからに、 疲 労 困 憊 だったので、


「休みはおとなしく寝てろや!」
「おぉ、わかった~」


って言ってたのに、趣味の一つの 畑 仕 事 に行ったらしく、フラフラで倒れる寸前で帰ってきて、
よほど辛かったのか、滅多に弱音を吐かず、医者嫌いの 重ちゃん が、


「もう・・・アカン・・・医者行く・・・」


と言って、自分で運転して病院に行ったところ、



   即  入  院



となったらしいです。

元々、器官が良くないくせに、毎日1箱のタバコ&晩酌 はかかさず、

それが風邪がひどくなっているのにもかかわらず止めなかったのが原因で、



   肺   炎


を引き起こしたみたいです。


今では、肺炎はほぼ治って、ついでに色々と検査してるところです。

早ければ、来週にも退院できそうです。



仕事においても、釣りにおいても、師 匠 である 重 ち ゃ ん ・・・

こんなことで くたばってもらうわけにはいきません!!

早く元気に退院してきてもらいたいものです。。。





ってなわけで、



6日の釣りにも行けず、10日UIDS INK ・ 烏賊酔会 との

   親  睦  会

にも参加出来なかった・・・。


そして、忙しい1週間が終わって、ようやく 休日


重ちゃんも落ち着いたし、あちこちから情報も入ってきているし、



やっぱり・・・




   釣 り 行 き て ぇ ぇ ぇ ぇ ~ ~ ~ 





嫁(tommy)に聞くと、

「あのぉ~ 朝だけでも行きたいんやけど・・・?」
「行ってくればいいけど、疲れてるんやで気をつけてやー!
  あんまり遅くまではあかんよ!」

「はいーっ! ちゃんとライジャケも着るし、10時までには戻ってくるわ!」
「ちゃんと寝てから行ってやー」
「はいよ~」



つーことで!



12日の朝マズに、やっと 親 狙 い に行ける事に!!

理解のある嫁で良かった~!!!




PM11:00過ぎ


 子供と一緒に床に就いた。



AM4:00 

 起 床  出 発



子供と一緒に寝た為、完全に熟睡は出来なかったが、そんな事よりも釣りをしたい意欲が勝った!


向かったのは、とりあえず 今 期 初 ということで、 超 メ ジ ャ ー 級 の いつもの漁港へ



到着すると、まだ薄暗い、しかも平日なのにもかかわらず、数台の車と、何人かの先客が見えた。


車を降りると・・・





    さ  、  寒  っ  っ  !!!!




それもその筈・・・


ここに来る途中に設置してある 電光気温掲示板 が 示していた温度は




     6   ℃




寒すぎる・・・




G.W.には真夏のような30℃を超える日もあったのに・・・

いったいどうなんてんだ??

そんなこと言っててもしょうがないので、先端に向かうことに。



途中の横に突き出てる足場の高い A 級 ポ イ ン ト には何人かの先客がいた。


見ると、烏賊酔会 の人達のようにも見え、挨拶に行こうかとも思ったが、間違ってると恥ずかしいのと、
少しでも早くキャスティングしようと先を急いだ。


見渡すと、先端には誰もいなく、手前の方に2人のエギンガーがいた。





    ラ  ッ  キ   ィ  ィ  ィ  ~ ~ ~ ~

     先  端  貸  切  じ  ゃ  ぁ  ぁ  ぁ  ん




途中、手前の人に声をかけてみた。

1人目

「どうですか~?」
先1「全然です・・・」
「そうですか・・・」


2人目

「どうですか~?」
先2「あ!! TAKAさん!!?」
「え!? あ、どうも~」


見ると、

会ったのは初めてだけど、ブログやホームページでは良く目にしている


  烏 賊 酔 会 の モ ギ ー ニ ョ さん


だった!


「どうですか?」
「今来たばっかなんですわ」
「あ、そうっすか。
 先端って誰もいないけど、行けんの?」

「行けますよ~」
「じゃあ、ちょっと行ってきますわ~」



なんだか素っ気無い会話ですんませんでした・・・。



そして先端に到着。


早速、 キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始 !!



様子はというと、

  は多少あるが、気になるほどでもない
  はベタ凪 スンスンに澄んでいる
  は緩やかに流れてる程度




回遊待ちの先端には多少条件は悪いけど、、、



     ま ぁ ま ぁ で な い の ~ ~







 し  か  ー  ー  し





うっすらと明るくなり始めても・・・




  釣 れ る 気 配 す ら あ り ゃ し ね ー




   おいおいおいどうなってんや?
   
   釣れるって情報はウソか?

   モンゴリヤンすら釣れやしねーぞ?






しばらくすると、貸切だった先端に一人やって来た。




   あ!!!!


   その見覚えのある出で立ちは・・・



Da○wa のIL ロッドに、エメ○ルダス のリール、キャップに、サングラス・・・



このブログ読者ならもうお気づきのはず・・・


そう・・・




   D の お っ ち ゃ ん や !!!




「おはよーさん! 寒いね~
  どう?」

「寒すぎですわ~
  全然釣れんし・・・」

「あ~、そう~… 
  今日はちょっと条件悪いもんね~」

「ですね~・・・」



そう言いながらも、

Dのおっちゃんキャスティングし始めた。




   ヒ ュ ッ !



   ピ ュ ピ ュ ピ ュ ピ ュ ッ ! ピ ュ ン !


    ピ ュ ピ ュ ピ ュ ピ ュ ッ !






相変わらずイイ音させますなぁ~。

思わず横目で見ながらニヤついちゃいました。




   ピ ュ ピ ュ ピ ュ ピ ュ ッ !


    ピ ュ ッ ピ ュ ッ ピ ュ ピ ュ ン !






静かな漁港に響き渡る風切り音・・・


かなーり目立ちます。



も一度チラ見すると!!





   あーー!!! キャップがSHI○ANO や!



ってどうでもいいか・・・


Dのおっちゃん とは毎年遭遇して、何となく話し合うようになっていた。


この日は隣り合わせだったため、いつもよりたくさん話しをして、
色々な情報を得たり、おっちゃんの事が色々とわかった。


Dのおっちゃんは、岐阜県出身で、
 釣りが好きすぎて、4年くらい前に地元の仕事を辞めて、福井に引越してきたらしい。
 今までに釣った大物は、ヤリイカ 胴長60cmアオリイカ胴長50cm (いずれも福井ですが詳細は伏せます)






   っ  て  !!



    そ ん な ん ど ー で も い ー わ っ っ !!

     イ カ は ど こ に い る ん じ ゃ ー い っ !!






その後も シャクりまくろうが、ロングステイをかまそうが、ズル引きしようが、






   ま ー ー ー っ っ た く  無   反   応





やがて、

 空は明るくなり、太陽が顔を出し、気温も上がって、風も無風状態に・・・




時刻も、 A M 6 : 0 0 をまわった頃、 携帯が鳴った♪



それは、 烏賊酔会 の おなけん@さん からだった。


「どーも、おはようさんです、どうです?」
「いやぁ、全然やね~・・・ そっちも?」
「こっちも全然ですわ~」
「寒かったでかなぁ?」
「来た時に水温計ったら12℃でしたわ」
「そうなん? ちょっと低いの~」
「今日初ですか?」
「そうなんやって・・・」
「それでこの状況はキツイっすね~」
「ホントに・・・」
      ・
      ・
      ・
      ・

「ところで、隣にいるのって墨人の人ですか?」
「ちゃうちゃう! Dのおっちゃん やって!」
「はは、やっぱり!」
「今日休みなんか?」
「今から出勤ですわ」
「マジで? スゴイの~ 
  もう上がり?」

「ボチボチですね」
「お疲れさ~ん」




やはり、来た時に見た 烏賊酔会らしき人達はそうだったみたいで、4人くらいいたように見えた。


しばらくすると、みんな一緒に帰っていった。


それにしても、出勤前にシャクリに来るとは・・・気合い入りまくりです。


見習わないと・・・





その後は、Dのおっちゃん と 話をしながらシャクリ続けるも・・・






      無   反   応






もう段々と ヤル気 も無くなってきて、ほとんど惰性のような感じになっていった・・・





 す る と 突 然 !!





  そ い つ は 襲 っ て き た !!!





   そ  れ  は  !!!!







     猛   烈   的   便   意






    グロロロロロロロ・・・・・
      キュルルルルルルルル・・・・・






     は  ぅ  あ  っ  っ  ・ ・





思わずロッドを置き、クーラーBOX に腰掛けた。





  な、な、なんだ・・・ 突然に・・・ どうした?!

  何かがお尻のホールから這い出ようとしている!!

  ま、待て! 待ってくれ!! まだ出てこないでくれ!!

  落ち着け・・・ とにかく落ち着くんだ・・・ ふぅぅぅぅ・・・ 

  ど、どうすればいいんだ? トイレは? 間に合うのか?

  外海のテトラで野○ソ・・・ 紙が無い・・・

  どうする・・・ どうしたら・・・ どうやれば・・・







数分間ステイした




やがて、波が引いてくようにスーーっと便意も落ち着いていった。







   た  、  助  か  っ  た  ・・・




しかし、今度またいつ大波が襲いかかるか分からない・・・


釣りを続けるべきか・・・トイレを探すべきか・・・



その時、頭の中に曲が流れた(本当に)






   ♪ 帰~ろ~う~か~  もう帰~ろ~う~よ~

      茜~色に染まる~ 道~を~

       ・ ・ ・ ・ ・ MY SWEET HOME~ ♪
  by  home / 木山裕策







   う ん ・・・  帰 ろ う ・・・





 A M 7 : 3 0


Dのおっちゃん には、

「ちょっと磯場の方にでも行ってみますわ」
「あ、そう。それもいいね。気をつけて」
「はい、じゃ、また」


そう言い残して、、、





     終     了    ( 第 1 部 )





帰る途中、幾度も襲い掛かる波に耐えながら、、、




    無   事   帰   還




事なきを得た。


冷静に考えたら、途中の公衆トイレを探すなり、コンビニで借りるなりすればよかったのだが、

その時はもう必死で、なんとか無事に帰る事しか頭にありませんでした。。。





第2部・第3部 に つづく
  1. 2008/05/12(月) 04:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
墨人(すみんちゅ)
TAKAのブログ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセス

ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

↑ポチポチっと・・・

ランキング

ぎょねっとブログランキング

GyoNetBlog ランキングバナー

↑ポチポチっと・・・

QRコード

QR

お気に入りブログ新着記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福井の天気

潮汐表

福井県-福井
提供:釣り情報フィッシングラボ

Google マップ


大きな地図で見る

都道府県別アクセス

 ブログパーツ 無料

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。