墨 人  ブ ロ グ

T A K A の 釣 行 レ ポ ー ト で す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤリ 最終?


忙しくて、ブログは書けなかったけれど、 2 0 日 の 夜 秋吉 と釣行していました。


その時の様子は、ダイジェストでこんな感じ・・・





狙いは、ヤリイカで、場所は、

  

  少 し 北 上 し て る ん で な い か ?




って事で



今まで1番お世話になってるであろう、定番の漁港に向かった。

到着すると、先客の エサ師 2名 と 石川ナンバー エギンガー&ジギンガー 2名 がいた。

様子を伺うと、

エA「全っっ然あかん・・・」
「1ハイもですか?」
エB「全くや・・・アホらしいわ」
「何時頃からやってたんですか?」
エB「8時くらいやなぁ」
「2時間ちょっと全く?」
エB「あかん・・・」


そう言って、肩を落として帰っていった。



そのまま先端へ行き、そこにいたのが、石川ナンバーの2人 だった。

様子を伺うと、


「全然ダメなんで、今は他のを狙ってるんですけど、全然・・・」
「そうですか・・・」




   おいおいぃぃ・・・全っっ然あかんやないかぁ~~~



とりあえず始めて 


数 投 目 !


「キタんでなぁい!?」
ウソやろぉ?!」
「小っちゃ!!」
「メスか?」
「あ! これ違うなぁ、ほらこの時期いつも釣れるマイカの子 みたいなやつ・・・」
「ほんとやー、ヒ イ カ (ジンドウイカ) やな~」
「これが釣れるんなら数期待できるんで?」
「そやな!」




  し  か  し  ・ ・ ・




   そ  れ  っ  き  り  ・ ・ ・ 




その場所は1時間ちょっとで諦めて、もっと ?北?に 移 動 ~


向かったのは、ファミリーフィッシング で 有名な漁港

去年はココで いい思い をした。



  が ・ ・ ・ 



   ま っ っ っ た く  気  配  無  し




秋吉 が エギを1つ ロ ス ト しただけ・・・



そのまま   終  了   して、


結果は、


TAKA  ボウズ
秋吉   ヒイカ 1
 
     08.04.20 秋吉 ヒイカ




ってな感じでした。



その後は、

25日の早朝 に、エロりん が?親? 偵 察 に行って来たが、


まったく異常なし!


だったそうだ。




 ―でもって、



もうしばらく行かないつもりだったが、


今日(29日)の昼頃に、秋吉 から電話が鳴った。


「今晩どうや?」
「あら?お前しばらく忙しくて行けんって言わんかったか!?」
「忙しいのは忙しいけど、行けるとしたら今日くらいなんじゃ」
「んな急に言われても・・・ 嫁に聞いてみんと・・・」
「いいよー、行っておいでや~」
「いいってさ
  っつても、何狙いや?」

「もう終わってるかもしれんけど、ヤリ狙いで」
えーー!? この前アカンかったやん。もう終わってるやろ~ 何処行くんや?」
「また 南のとこ 行ってみよっさ」
「うーーーーん、いいけど・・・ 釣れるんかなぁ?」
「まだ少しはいるんで?」
「んじゃ、行ってみるかー」
「ほんなら夜また電話するわ」



ってなことで、


急遽、最終の?ヤリに行く事に!





すると、今度は 夕 方 に、 う●こちゃん から 電話が


「もっしー どした?」
「今、○○漁港(ファミリーフィッシング向けの)に来てるんやって」
「一人でか?」
「うん。 ここって釣れるんか?」
「うーーーん、わからんなぁ・・・ この前はあかんかったわ」
「稚鮎はいっぱいいるみたいやけどの~」
「稚鮎ももう遅いかもよ」
「そうなんか? とりあえずやってみよっかな」
「おいら と 秋吉 夜に行くぞ?」
「ホントにか!?それまで待ってようかなぁ~ また電話してや」
「わかったー」
「なんか釣れたらメールするわ」
「了解」



そして、しばらくして メール が届いた。


『ボラだらけで釣れる気がしねぇ
  夜行く時 連絡くれ~




どうやら、早々に諦めて帰ったようだ。


夜に電話すると、薄着で釣ってて、風邪をひいたらしく、夜は無理とのこと・・・


アホすぎる・・・




そして、 夜 ―



 P M 1 0 : 0 0 頃   出 発



スッ飛ばして 漁港に到着。


もう誰もいないと思いきや、相変わらず、電気を点けて何本も竿を出してる 岐阜ナンバー の人が
南側の角からちょい手前を陣取っていた。



   あの人達はいつ来てもいるなぁ・・・
    ご苦労さんやわ・・・




秋吉が様子を伺いに行って戻ってきた。

「どうやって?」
「ポツポツやってさ」
「あ、そう? まだ釣れるのは釣れるんやな」
「そんなら少しは期待できるかもな」
「じゃあ、一番南行ってみるか」



行 っ て み て




     唖     然




そこには、 ズラ~~~~ っと、所狭しとウキが並んでいた。





   ど こ ま で  貪  欲  や ね ん ・ ・ ・




仕方なく、北側と南側の中間くらいですることにした。



風も無く波もベタ潮は若干流れてる程度

おまけに海面には 藻 が点々と浮いている


こればっかりはどうしようもないので、その隙間を狙って


  キャスティング 開始



す る と !




海面が



    パ ァ ~ ~ ~



っと プランクトンだか夜光虫による、蛍光色の波紋が広がった

シャクる度に、



   パ ァ ~ ~ ~

    パ  ァ






    すいません・・・ 手違いでこの後の記事が消滅しました・・・

     ご了承ください・・・
スポンサーサイト
  1. 2008/04/29(火) 22:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

親バカ?バカ親?


3月の釣りに行っていなかった期間、

ただただ



   ぼっっっけぇぇぇぇ~~~~



としていたわけじゃありません。


といっても、たいした事もしてなかったんですけど・・・


昨年、おいら 待 望 B A B Y が誕生した事はこのブログでも書きましたが、

産まれる前から、やりたかったことがありました。



そ れ は 、 、 、



親子で お 揃 い  〝 墨 人 T シ ャ ツ 〟 を着ること!




 つ ま り 、 、 、




親子 さぁ~ん人 ・・・ 

 いや、 3 人 で、お揃い・・・




   オ  ソ  ロ  ー   (世界の ナベアツ 風)



を着ること。



嫁(tommy)と二人で、いわゆる、

  ペ ア ル ッ ク

っていうのは・・・さすがにちょっと ハ ズ い けど、

親子3人 なら アリ かなぁと思って・・・



ま、嫁には


イヤ!!



と、、、 一   蹴  されましたけど・・・






それでもめげずに、密かに作っちゃおうかなぁと模索してるところに、



2月 に ト イ ソ ン 家  第二子(♂) が誕生した!


でもって、



その 御 祝 い を持って行った時、トイソンの嫁 メ グ ソ ン に、


「子供に 墨 人 の 服 作ってや~」


と言われ、、、


「え?いいけど、俺の作ろうとしてるのは、ベビー服やで?」
「上の子はTシャツがいいかな~」
「うーーーん、ほな考えてみるわぁ~
  ま、作業するのは YOSSAN やけどね・・・」

「んじゃ、お願い~」
「色とかどうする? 赤でも青でもできるけど?」
「やっぱ〝 墨 人 〟なんやで、でしょう!」
O.K!!





つーことで!


次の日から、YOSSAN と共に、


   あ あ で も な い  こ う で も な い


と 試行錯誤しながら、デザインが出来上がった!!



それを ト イ ソ ン 夫 妻 に確認をとると、


「表の胸のイカをもっとかわいくして、目を描いてくれ」


とか


「手を描いて、〝グ~~〟ってしてくれ」


だの といった細かい注文を追加。



ま、苦労したのは YOSSAN だけどね・・・ 




そ の 結 果 !!


ショップに事細かに伝えて発注・・・



 で も っ て~



   遂 に 完 成 ~ !!







 〝 墨 人 B a b y ロ ン パ ー ス 〟

           &

 〝 墨 人 K i d s ’  T シ ャ ツ 〟





     墨人Babyロンパース

     ↑〝墨人Babyロンパース〟 モデル:栞央音

     墨人Kids’Tシャツ

     ↑〝墨人Kids’ Tシャツ〟  モデル:ヒロソン


     墨人 Baby&Kids’ フロント

     ↑ フロントのデザイン




     ※大人のモデルとの違い
      英語の文字が、『 ○iki HOUSE 』っぽい書体にしたこと
      フロントのイカのデザインが可愛く、しかも、グ~ってしてるとこ
      フロントの文字が、『EGING MASTER』ではなく『EGING BIGINNER』になってるとこ
      フロント・バック 共に『餌木達人』の印鑑がないこと





Kids の方を着ている ヒロソン は、トイソン家第一子(♂)で、
もうすでに、エギングの 英 才 教 育 を受けているらしく、風呂場で シ ャ ク リ まくってるそうです。



 しかしながら・・・


  残念なことに・・・


   トイソンテ ィ ー チ ャ ー ってのが・・・


    ねぇ~・・・




ちょいと前に、トイソン一家が遊びに来た時に、ヒロソンと、


「ブーちん(※おいらの事) こんどいっしょにイカちゅりにいこ~!」
「おぅ? いいぞ~! 行くかー」
「あのぉぅ、あのぉぅ、らいちょうにのっていこー!」
「んん!? 雷鳥で行くんか?」
「うん!!」
「そ、そやな・・・行こうな~」



という会話もあって、一応教育はされてるようでした。


いつか一緒に シ ャ ク リ たいもんです。


ま、そん時ぁ、おいら ス パ ル タ で教育してやりますがね!!









この、〝墨人 Baby&Kids’〟を作った時に、ついでに・・・

ついでにといってはなんですが・・・





   〝 墨 人 デ カ ー ル (ステッカー) 〟






も作っちゃいましたー!




こっちも、



   あ あ で も な い   こ う で も な い



色々と試行錯誤して、


あ、もう言わなくてもお分かりでしょうが、苦労したのは YOSSAN ですが・・・




 で !



 出来上がったのが



   こ  ち  ら  ↓ 

     墨人デカール






貼ってある車を見つけたら、後からアオリくれてやってください!


 無視しますけど・・・






ま、そんなこんなやってたんですわぁ~。





   う ー ー ー ー ー ー ん ・ ・ ・ ・ ・

    親 バ カ  というか バ カ 親 というか ・ ・ ・ ・ ・

     い や は や ・ ・ ・ ・ ・










   ん ん ん ん ! ! ! ? ?



      親 バ カ  ぁ  !!??




〝親〟といやぁ、、、


気温の上昇とともに水温も段々と上がって、魚達の活性も上がってきました!

そろそろ〝ヤツら〟もやってくることかと思われます!




 ということで!!!



今年も開催します!!







 第二回 墨人 親アオリ ダービー


    期 間  : 5 月 1 日 ~ 6 月 3 0 日

    参加費  : 1 0 0 0 円

    対 象  : 胴 長 2 0 cm 以 上

            ●長さがハッキリ確認できるメジャーと一緒に撮影したものを
             TAKAにメールで送るか、データで持ち込みする事。
            ●期間内は何ハイでもO.K.。

    勝 敗  : 胴長の一番大きいのを釣った者が 優 勝 

            ●優勝者は、賞金として、参加費全額取っ払い!!
            ●優勝者がいない場合、参加費は次の大会まで持ち越し

    特別賞  : 胴長 35cm以上 の モ ン ス タ ー を釣った場合、
            特別ボーナスとして、参加者から 1 0 0 0 円 づつ 徴収できます!








てな事で、今年もこの時期を迎えました!!
去年は参加人数も少なく、イマイチ盛り上がりに欠けましたが、
今年は、秋吉 以外  全 員 参 加 !!

秋吉の不参加の理由としては、

  釣れるかどうかも分からんのに朝早く起きて行く気になれん
  釣れても、そんなデカイのは美味くないからいらん


ってな感じです。


ま、釣りに行ける時間もほぼ夜限定だから、朝マズ狙いの釣りはあんまり向いてないかも・・・
しかし、過去に一番デカいのを釣った事あるのは 秋吉 だったりする・・・
ちゃんと測ってはいないけど、30cmは超えてました。
マイカ狙ってて偶然釣れたとはいえ、もの凄かった・・・。
欲の無さが良かったのだろうか・・・。



さて置き、去年の 覇 者 は わたくし T A K A でした。

もちろん、連 覇 してやりますわぁ~!!


そして、 



   K I N G の称号を不動のもとにぃぃぃぃーーー!!!!







P.S.
    最近では、 ロ ス ト K I N G やら ナ マ コ マ イ ス タ ー などという
    不 名 誉 な称号もついていますが・・・
    一掃してやります!
  1. 2008/04/27(日) 12:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

なぁんだかなぁ・・・・


前回の釣行で、なんとか〝お祭り〟 には参加できたものの・・・


 どーーーも腑に落ちん というか、、、 納得出来ん というか・・・


なんだか モ ヤ モ ヤ とした気持ちが残ったままでいた・・・


まるで 残 尿 感 があるかのような、 ム ズ ム ズ とした感じ・・・




   原 因 は わ か っ て い る




 ダ ブ ル ス コ ア 秋 吉 大 敗 した事が




    ど う に も こ う に も 納 得 が い か ん !!






つーことで、奴への リ ベ ン ジ 心に堅く誓った!





そんな中、日曜日の夜に行かないか? と、とらっきー からお誘いを受けた。
 


しかし、、、

土・日と仕事がクソ忙しく疲れ果てていたのと、

前日のアルコールが体内で消化しきれていなかったのと、

月曜日は子供の生誕100日の【お宮参り】があるから、泣く泣く断った。



その後に、秋吉 からもお誘いがあったが、同じ理由で断ると、



「ほんなら月曜の夜にでも行こうか?」
「まだハッキリ行けるとは言えんで、また連絡くれんか?」
「わかったー。ほんなら月曜にまた電話するわ~」



この時点ではまだ行けるかどうかわからなかったけれど、

行けるのであれば、こんなに早く リベンジのチャンス が訪れようとは、



   願  っ  た  り  叶  っ  た  り





日曜日に単独出撃した とらっきー はというと、
着いて早々に 1 ハ イ G E T ! して、


 さ ぁ 今 か ら !! 


と 意 気 込 ん だ ま ま



   う  ん  と  も  す  ん  と  も



だったらしく、

結局、 A M 1 : 0 0 過 ぎ まで粘るも、それきりだったらしい・・・。


それでも、NEW ロッド の 〝 墨 入 れ 〟 はなんとか果たしたようだ。





 ― そして 月曜日



次々と予定の行事を難無くこなし、夜になった。

嫁(tommy)の了解も得て、釣りに行けることに!



し か し 、 、 、



 こ ん な ん で い い ん や ろ か ・ ・ ・



 一 応 ち ゃ ん と は や っ て る つ も り や け ど ・ ・ ・





  嫁 も 相 当 ス ト レ ス や ら  疲  れ  が 溜 ま っ て い る や ろ う に ・ ・ ・






    ま  、  い  っ  か  ~  ~






すると、秋吉から電話が


「どうや? 行けるんか?」
「行けるけど、バスケ終わってからやで遅くなるぞ?」
「かまわん。うちも遅いし」
「んじゃ、9時半頃な」
「OK! あ、とらっきー はどうするって?」
「今日は疲れてるからやめておくってさ」
「わかったー」



ってなことで!


    い ざ っ !  リ ベ ン ジ へ !!



向かった場所は前回と同じ場所。


現地に着いたのは、 P M 1 0 : 2 0


様子を伺うと、3人の先客がいた。


まず、手前の北の角地に、2本出しにして、車の中で眠る〝滋賀ナンバー〟の お っ さ ん


一番奥の南の角地に、バッテリーで電気を煌々と照らし、その真下に5~6本の竿を出してる 〝岐阜ナンバー〟の おじさん(じいさん?)


そして、、、

その間の全部に、4~5m間隔でズラ~っと竿を出してる〝一宮ナンバー〟 バ カ 、あ、失礼・・・ おっさん? がいた。




「県外ナンバーばっかりやな・・・」
「つーか、あの真ん中の奴 ア ホ ちゃうんか?
   モ ラ ル っちゅうもんはないんか!?」

「マジで・・・
  どうする? 一番奥の電気点いてる隣でやるか?」

「そこしかないやろ~?」



ホントは前回釣れたとこと同じ場所でヤリたかったのだけど、
あんなに幅広く前後にウキが並んでいては、投げる場所が無いので、
仕方なく電気の隣でやることに。



「んじゃあ、俺は前の時と同じ〝3号イワシ(改)〟でやるわ」
「あ!きったねー! ま、いいわ、
  んじゃあ 〝3.5号イワシ〟でやるか」




二人とも、前回釣果の良かった イ ワ シ カ ラ ー を使うことにした。



二人並んで



  キ ャ ス テ ィ ン グ  開 始




ココは内湾になる為、波は無いものの、風が若干 西 から吹いている



ス タ ー ト し て 数 投 目



「乗ったんでなぁ~~い!」
「ウッソ!? 早くね?」
「でも小っちゃいわぁ~」



上がってきたのは、 メ ス の ヤ リ ち ゃ ん だった。



「小っちゃいなー。 ウキの人もメスしか釣れてないっぽいしなー」
「このサイズなら2桁は欲しいな」
「回遊に当ればなー」



その後すぐに!


「よしっ! 乗った!」
「何ぃ!?また!?」
「これも小っちゃいなー」
「っかしーなぁ・・・ なんで・・・」
「あ?」
「なーもー・・・」




いきなり 2 ハ イ の差をつけられて、焦り気味の おいら ・・・




   こ の 〝差〟 を 早 く 埋 め な け れ ば !!




す る と !!



「しゃーー!! キタっ!」
「お?」
「こっちもたぶんメスやな・・・」



上がってきたのは、やはり ヤリちゃん♀ だった。



とりあえず、




     ほ   ぉ  ~  っ  っ




「メスばっかやなー」
「もうオスえんのやろか?」
「全然いないこともないやろうけど・・・」
「なんか、、、〝お祭り〟は終わった感じがするなー」
「かもな・・・」
「でもポツポツでもコンスタントに上がりゃあいいやろー」





 し  か  し  ・・・



その後は、秋 吉 1 ハ イ 追 加 して







    ピ    タ    リ




と止まってしまった。。。



秋吉の追加の1ハイは、あの バ カ ・・・いや、おっさんズ ラ ~ っと並んだウキ と、
電気でやってる おじさん との間を狙ってのものだった。

しかし、そこは二人入れる余裕は無く、おいらは電気のすぐ隣でシャクっていた。


しばらく二手に分かれて釣っていると、秋吉が何かを持って戻ってきた。



「ライン直してたらこんなもん釣れた」
「なんじゃ?」



   08.04.14 秋吉 ヒトデ



ヒトデかよっっ!!」
「こんなもん釣ったのは初めてやわ」
「ここは何でもいるなー・・・」




その後も、釣れるのは電気の下でやってる おじさん だけで、おいら達 はもちろん、
アホみたいにウキを出してるおっさんにも ア タ リ すら無いように見えた。



気がつきゃあ、すっかり日付も替わっていた。



「もうあかんのけぇ?」
「どうやろな~」
「前も1時過ぎてから釣れたし、わからんなー」
「うーーーん・・・」



しばらくすると



バ カ ・・・失礼、おっさん が竿を片付け始めた。



ここぞとばかりその場所に



   キ  ャ  ス  テ  ィ  ン  グ ーーーー !!




 直 後 !!!




「よっしゃーー!! 乗ったー!!」
「マジでか?」
「こっち釣れると思ったんじゃなー」
「そんならこっち移動してくるか?」
「そやな、もうやめるみたいやし」



秋吉も荷物ごと移動してきて、キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始





その時!!





   フゥォンオウン、、オン、、、オウゥゥゥゥゥン・・・・・・



という〝音〟と共に、南の角地でやってる おじさん のバッテリーが停まり、




      フ    ッ



っと電気が消え、辺りが 闇 夜 に包まれたかのように暗くなった・・・

実際には、月明かり や 常夜灯 で少しは明るかったのだが・・・






 す  る  と  ど  う  で  し  ょ  う  !!




おっしっ!! 乗った!!」
「釣れるやん!」
「散ったんかな?」
「かもなー お? 
  乗った!!




それからしばらくは、さっきまで釣れなかったのがウソのように、



おいらが釣れれば秋吉が!、秋吉が釣れればおいらが!


といったような、まさしく




    入  れ  食  い  状  態  



に!!



時間的に言うと、釣れ出したのが、A M 1 : 1 5 頃 で、1時間くらい で落ち着いた。  


さすがに眠くなってきたのと、風が北風に変わって寒くなったので、


後ろ髪引かれる感はあったが、、、



「寒いな・・・」
「もういいか・・・」
「帰りますか・・・」



てなことで、





    終    了



結果は、

TAKA  ヤリイカ 10ハイ (♂ 1 ♀ 9)
   08.04.14

秋吉   ヤリイカ 12ハイ (♀オンリー)
       ( 画 像 な し )






「くっそぉーー!! また負けた・・・」
「途中1ハイ差までいったけどなー」
「最初の2ハイ差がそのままって感じやなー」
「実力の差やろ?」
「うっさいわっ!!」
「それにしてもメスしか釣れんなー」
「俺は1ハイだけオス釣れたで、俺の勝ちやなっ!」
「そっっんなにまでして勝ちてーんか!!」
「当たり前じゃっ!」




ってなわけで、 リ ベ ン ジ ならず・・・
またもや負けてしまいました・・・
うーーーーーーーん、 納得いかんなぁ・・・・・

それにしても、今回はメスばかりが釣れ、
もうぼちぼちヤリイカは終了しそうです。
オスはほとんどいないようでした。

終了するにはまだなんだか早すぎるような気もしますが・・・

終わりなんかなぁ・・・・・

  1. 2008/04/14(月) 22:20:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

くやしぃぃですっっ!!


ヤリイカのあまりの釣れなさに げ ん な り して、釣りに行く気はおろか、
ブログを書く気力も無くし、、、


気がつきゃあ すっかり、、、



     春






   釣 り 行 か ん と い か ん !!



と思いつつも、重い腰がなかなか上がらずにいた。。。


新聞の釣り情報などを見たり、人からの情報だと、
新港辺りで、 サ ゴ シ やら ア ジ  が


   お  祭  り  騒  ぎ


と聞いても、



   ふぅぅぅ~~ん・・・


としか思えなかった。




  が!!



ある日、何気に 

   S U I D S   I N K

ブログを覗くと、

ヤ リ イ カ が 


   9 4 ハイ

 だの

   3 1 ハイ

 だの


知らぬ間に



   お  祭  り  騒  ぎ


に!!!!





     おい おい おい おい ~~~ !!
      一 体 ど う な っ て ん じ ゃ !!?
       ど エ ラ イ 事 に な っ て る や ん け ー ー っ っ !!!!


    こ り ゃ 早 く 行 か ん と あ か ん や な い か ーーーー!!!!




 し か し ・・・



釣りに行くにも、

天気が良い日には都合が悪く、都合が良い日には天気が悪い という 悪 循 環  が続き・・・

行きたくても行けないという ウ ズ ウ ズ とした日々が続いた・・・

例年通りだと、〝 お 祭 り 〟なんてのはそう長くは続かない・・・

なんだかんだで、情報があってからもう1週間以上が経過していた・・・




     あ~あ・・・ もう終わっちまったやろーなー・・・




なんて思ってるところに、 秋 吉 から電話が鳴った


「今晩どうや?」
「たぶん行けるけど、もう終わってるかもよ?」
「そんなに釣れはせんかもしれんけど、行くだけ行こうっさ」
「場所は? I N K  のもんらが行ってるとこか?」
「場所分かったんなら行ってみよっさ」
「うーーーん、テリトリー荒らすみたいやけど・・・
  たまにはいっかー・・・」

「ほんなら夜なー」



つーことで、久々の釣行決定!


他のメンバーも誘いたかったが、釣れるかどうか確信がなかったのと、未知の場所なので、
今回は探索のつもりで 秋吉 と二人で行く事に。



すると、

エロりん
 からメールが

『明日天気良さそうやし敦○方面まで親狙いで
  行ってみるわ 多分釣れんと思うけど

『俺は今晩、秋吉とヤリ狙いで出撃するわ。
  たぶん○○に行くわ』

『えさじゃないと釣れんのじゃ?』
『俺は大丈夫。
  いれば釣るから

『まぁblogの更新期待してるわ。
  いい加減 あおい空 は飽きた。』





     ・・・・・うーーーーん・・・
     ま、確かに・・・随分と更新してないね・・・
     釣りに行ってないんだから書く事も無かったんだけどね・・・
     でも、こんなブログでも楽しみにしてる皆様、すいませんでした。。。
     なるべく更新するようにしますね~。






おっと、話が逸れました・・・





てなことで!

  夜 ―



秋吉を迎えに行って、現地に到着したのは、

   P M 1 0 : 0 0 頃

初めての場所で、少し迷いつつ車を進めると、そこには先客の車があり、
海には点々とウキが並んでいた。


「どうやらココみたいやなぁ」
「ここはちょっとわからんなぁ」
「こんなとこで釣れるんやなぁ」
「先客がいるんやで釣れるんやろー」
INKのもんやったりして・・・ まさかな・・・」


早速準備して、釣り場に向かった。
途中の先客の車を見ると、 INK のステッカー が貼ってあった。


「やっぱり INK のもんやぞ!」
「ウソ!? ホントやな」
「声かけてみるわ」


「こんばんわ~ INKの人でない?」
「え? そうやけど・・・」
「墨人ですけど~」
「あ! TAKAさん!?」
「毎度~」


そこにいたのは、 INK の sir@さん と ゆうちゃん だった。


「早速情報聞きつけてきたんかー」
「釣れてるうちに釣らんとの~
  どう?釣れてる?」

「ん~イマイチかなぁ・・・
  さっき ミ ミ イ カ 釣れたよ」

「え?どれ?
  ホントやー初めて見たわー」

「どれ? ちっちゃいなー」
「ヤリはもう終わったんか?」
「ん~、今日はあかんけど、昨日も釣れたし、
 時間帯かなぁ。朝マズのほうがいいんやわ~」

「ウッソぉぉぉ・・・ ま、頑張ってみるわ」



そう言うと、おいら と 秋吉 は離れた場所に移動した。

するとそこには、5~6m間隔でウキを出してる人や、
発電機で電気を灯して無数のウキを出してる人もいた。

ちょうどその間にスペースがあり、そこに陣取った。



「みんなスゴイな・・・ 誰もエギなんかやってないし・・・」
「ま、やるだけやってみるか。ダメなら移動してもいいし」
「そやな」



 キ ャ ス テ ィ ン グ 開 始



でもって 2投目!




「お!? キタんでなぁ~~い!?」
「ウッソ!! マジけや!!?」
「でも小さいなー・・・」


巻いてくると、



   フ シ ュ ッ  フ シ ュ ー ッ



「ホントけやー! 早くね?」
「はい、お先ー」
「ちっくしょぉぉぉおお」



 次 の 瞬 間



あ゛あ゛ーーーっ!!!




   ぽ   し   ゃ



落ちたーーーーーっ!!
「うわはははははーーー!! ダッサっっ!!!
「ムカつく・・・ この高さで落とすとは・・・」
「どんくさっ!すぐ入れろやっ! わははははー」


しかし、遅かった・・・


「残念やのぉぉう  ぷぷぷ」
「情けない・・・」



しかしその直後




「よっしゃ! キタっ!! 今度はさっきのよりデカいぞ!」
「マジか? 何でお前ばっかり・・・」




   フシュッ  フシューーーッ




落ちろっっ!!!
落とすかっ!!!
「ちっ・・・」



上がってきたのは、30cmくらいの ヤリくん(♂)


「よし! とりあえずボウズ解消~!」
「すぐに釣ったるわっ!」





そ の す ぐ 後




「よっしゃー! キターー!!」
「え?え? マジ?」


秋 吉 連 続 H I T !!


「釣れるやん 釣れるや~ん!!
  もう 勝 利 の 美 酒 いくかな!」

「くっそぉぉぉおおおお・・・」






  そ  し  て  !




    グ ン ッ


    グッ  グッ





「んお? キタか?」




   フシューッ  フシューーッッ



シャーーー! おらぁーーーー!! キターーー!!!
「やっとか?」
「るっさいっ!」



上がってきたのは、35cmくらいの 立派なヤリくん(♂) だった。





 実 に 三 ヶ 月 ぶ り の ヤ リ イ カ G E T !!




「いやぁ~~長かった・・・ 三ヶ月にようやくや・・・」
「それで終わりやけどな」
アフォかっっ!! 今から抜いてやるわっ! さっきのはハンデじゃ!!!」
「釣ってから言えや!」
T「すぐ釣ったるわ!」





   し か ー ー し






      ピ タ ー ー ー ー ー ー ー ー ー リ




と 止まってしまった・・・

まわりのウキにも無反応・・・




そんな中、INKのsir@さん はせっせと場所移動していた。


「なんか調子良さそうやのぉ」
「でも止まったわ・・・」
「お前だけな」
「お前もやろっっ!!」
「はははは
  ゆうちゃん は親狙いで若狭の方行ったわ」

「へ? 今?」
「うん」
「マジで!!? 根性やなぁ」
「うちの エロりん も明日 親狙いで敦賀方面に行くって言ってたわ」
「そうなんや」
「まだ早いって言ったのに」
「でもちょっと前に、若狭で上がったみたいやわ」
「へぇ~そうなんや!?」




そしてまた別々に・・・




すると、仕事中の エロりん から電話が


「どうなんや?」
「ボチボチ釣れてるぞ」
「マジけ!? エギでか?」
「そうや」
「仕事終わってから行こうと思ったけど、行けるかどうかわからんわ」
「そっか、んならしゃ-ねーな」


そう言って電話を切った。



その後、しばらく同じ場所で粘ったが、釣れる気配すらないので、
最初に INKの人達がいた所へ移動することにした。





移動してきて 数投目




「よしっ! キタぞ!!」
マジけや!?




    秋吉 ヤリくん(♂) 追加




秋吉 が追加するも 1ハイだけで、続かず・・・




し ば し 我 慢 の 釣 り ・・




先に 秋吉 がシビレを切らして移動することに。



「ちょっとsir@さん のとこまで行ってくるわー
「おう。釣れたら電話で教えてくれ!
 俺が釣れても教えんけどな」

「わかった~。 お前のは期待してね~」



そう言って 秋吉 は 移動した。






   そ の 直 後 だ っ た !!!






   グ グ グ グ グ



   ズ  シ  ン  ッ



「キ、キタか?!
    ふおっ・・・ お、重っ! な、何じゃぁあ!?」





やたらと重いが、引かない・・・




「コウイカか? ゴミ?」




独り言を言いながら上げてくると・・・





「うわっ!! お前かっっ!!
  ・・・つか、デ、デカっっ!!! キモっっ・・・




上がってきたのは、、、


   B I G  N A M A K O (なまこ)

   08.04.08 ナマコ

     ※形が変形した為、印象とは異なるかもしれません




今まで、幾度か釣り上げてはきたが、これは最大級の大きさだった。
上の画像では伝わりにくいけど、 3 0 cm くらいありました。
言うなれば、


   尺 な ま こ


って感じですかね。


早速、この ブ ツ を持って 秋吉 のとこへ





「デッケーの釣れたぞ!!」
「どれ?」
「ほらっ!!」
「なまこ けやっ!! デッカ!!!」
「はははは、デカイの~」
「得意やなー お前は」
「しらんがな・・・」
「こっち来るんなら空いてるぞ」
「もうちょい向こうでやるわ」



戻って再開して、しばらくすると今度は 秋吉 が戻ってきた。


「どうやな~?」
「全っっ然あかん・・・」
「ほれ!」
「あ! 釣れたんか!?」
「なかなかのサイズやろ?」
「ちっくしょーー! 調子いいなー」
「実力じゃ!」
「今に見てろ!」




しかし、その後も




   う ん と も す ん と も ・・・




ここでやってても時間の無駄のような気がして、秋吉 sir@さん のとこへ移動した。


「あっちはあかんわ・・・
  どうや?」

「こっちも止まってるわ」
「エサはどう?」
「ボチボチやのぉ
  あら? ウキないがし!




上げてみると、小ぶりの ヤリちゃん(♀) が乗っていた。


「小さいの~」
「こんなの多いわ」




その後も、やはり





    う ん と も す ん と も ・・・





今度はおいらがシビレを切らして、最初の場所に移動した。




   

  す る と !!





 いきなりの H I T !!





そのまま、秋吉 のとこへ




「おらっ! クーラーBOX よこせやっっ!!」
「おおおぉぉ~!!」
「そっち釣れるんか!?」
「1投目からキタわ」
「もうちょいしたらそっち行くわ」




しばらくして、秋吉 と 合流した



でもなかなか釣れず、秋吉 がまた移動しようとした 



  そ の 時 !!



「よっしゃー! 乗ったぞ!」
「マジで? ほんなら移動せんとくかな」
「むこう行くんなら行けば?」
「ここで釣れたんなら移動せんっつーの」
「お前4ハイやったっけ? すぐ抜いてやるわ!! はははー!」




その後、本当に連チャンして、遂に 秋吉 を抜いて  5ハイ に!


「おらー!! ブチ抜いたぞ!」
「ヤベェ~な・・・」
「突き放してやるわ!」
「お! 残念やったなー そんな簡単に逆転は許さんわっ!」
「なぬぅ~? 釣れたんか?」



あっという間に 秋吉 に追いつかれた。


ここからが、悲劇の始まりだった・・・。




それからというもの、秋吉 連 続 H I T が続く

途中から sir@さん も参線して い き な り H I T !



二人に 怒 涛 の 連 チ ャ ン が続く中、

なぜかおいらだけ、 ピ タ リ と止まってしまった・・・




そしてようやく






   グ グ グ グ



   ズ  ン  ッ




「よしっ!!  んんん?? 

   引かんぞ・・・ ちょっと待てよ・・・

    この感覚は・・・」
 




 上げてくると・・・




   やはり・・・





     N A M A K O (なまこ) ~ ~ ~ 





「のわぁぁぁー・・・ なんっでやねんっっっ!!!!
「うわはははははーーーー!!! 2匹目けや! 
  やるなー さすがやわ~!」

「すごいの~」
「釣りたくて釣ってるんじゃねーわぃ!!」
「お前には、モ ナ コ マ イ ス タ ー ならぬ
   ナ マ コ マ イ ス ター
  の称号をやるわっ! はははははー!!」

「はははははー」
んなもん いらんわっっっ!!!!







この 悪 夢 の よ う な 出 来 事 で、 テ ン シ ョ ン が ち ょ い と 下 が っ た ・・・





その後、秋吉 は 移動した。

sir@さん は 元の場所に戻ったり、こっちにきたりして、
コンスタントに釣ってるように見えた。




もうやめようと思った時、エロりん から電話がきて、こっちの釣果を伝えると、
仕事終わったら駆けつける との事だった。



移動していた 秋吉 が戻ってきた。


「どうや?」
「あかん・・・」



すると!


「お? わりぃ~ね~!」
「マジ?」
「何やってるんや?」
「うっさいっっ!!」


その後も、秋吉 と sir@さん にだけ H I T !



それを横目に、あまりの自分の不甲斐なさ・情けなさ に・・・




     ぺ  き  ん  っ




心が折れた・・・





     ア  ホ  ら  し  ・・・  

      や  っ  て  ら  ん  ね  ・・・






ロッドを納めた




「やめたんか?」
「もういいわ・・・」
「俺の圧勝やな!」
「重量では俺の勝ちじゃ!」
「はぁ?」
「今日は数じゃなくて、重量勝負じゃ!」
「なんじゃそれ」
「はいはい、負けじゃ負け!」




負け犬の遠吠えとはこの事やね・・・




その直後、エロりん が到着

「お疲れさん」
「お疲れ~」
「やめたんか?」
「俺だけ釣れんし、やってられん」
「おっ! エロいの登場や」
「毎度さん」
「釣れてるぞー」
「ほんならちょっとやってみるかの~」



エロりん が 車に道具を取りに行ってる間に、秋吉  終 了 した。



そして、エロりん の 第1投目


「お? 釣れたぞ!!」
「・・・・・・・・」
「やるなー」
「コレ美味いんか? やるわ」
「美味いんやぞ! お前食わんでも嫁に食わせろや」
「ふぅ~ん  つーか、コレ ブログ に載るんか?」
「え?何が? 何かあった? ワカランケド・・・」
おいっっ!!
「わははははー」
「まぐれじゃ!」
「1時間以上も釣れんかった奴に言われたないわ!」
「ほや!段々無口になるし」
うっさいっ!! もう遅いし 眠いで帰るぞ!」
「ほな行くか」
「おう、お疲れ~」
「明日 親狙い に行くんやろ? 気をつけてなー」
「釣れたらメールするわ」
「心配せんでも釣れんって・・・」
「わからんぞ~」
「じゃ~な~~」






   て な こ と で




エロりんを残して



  A M 2 : 0 0 過 ぎ





     終     了


結果は、

 TAKA  ヤリイカ 5ハイ(34cm~)  ナマコ 2匹
   08.04.08 ヤリイカ

 秋吉   ヤリイカ 12ハイ(35cm~) (画像 撮り忘れ)






「久々に釣れたのはいいけど・・・
  なぁぁんかなぁ~ 納得いかんわぁ・・・」

「ま、実力やね」
「いや、それはない!」
「いいやろ? ナ マ コ マ イ ス タ ー の称号が与えてやったんやし」
いらんっっつーのっっっ!!!





今回は、久々の釣行 & 三ヶ月ぶりの釣果 ってことで、
嬉しいはずなんやけど・・・
あぁもコテンパンにやられると・・・
ぶっちゃけ・・・




  く や し ぃ ぃ で す っ っ ! ! !




やっぱり差が出てくると、焦って、それがエギの動きに伝わるんかもしれません。
なんで? ってぐらい おいら だけ 釣れなくなりました・・・。

ホントに



   や  っ  て  ら  ん  ね  ・ ・ ・



って気分になりました。

今回、初めて sir@さん と一緒に釣りが出来て楽しかったのですが、
おいら のテンションが下がってしまって、すごく反省しました。。。

   もっと楽しく釣りしなくては!!


気持ちを リ セ ッ ト して出直します!!








P.S.

   sir@さん は、あの後、朝まで粘って 50ハイ を越えたらしいです。

   エロりん は、あの後3ハイ追加の 4ハイ 
   朝方に親狙いに行って、撃 沈 したらしいです。

   やっぱり〝親〟はまだもうちょい先かな・・・
  1. 2008/04/08(火) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
墨人(すみんちゅ)
TAKAのブログ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセス

ランキング

にほんブログ村ランキング

にほんブログ村 釣りブログ エギングへ
にほんブログ村

↑ポチポチっと・・・

ランキング

ぎょねっとブログランキング

GyoNetBlog ランキングバナー

↑ポチポチっと・・・

QRコード

QR

お気に入りブログ新着記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

福井の天気

潮汐表

福井県-福井
提供:釣り情報フィッシングラボ

Google マップ


大きな地図で見る

都道府県別アクセス

 ブログパーツ 無料

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。