墨 人  ブ ロ グ

T A K A の 釣 行 レ ポ ー ト で す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

釣りバカの道


週間天気予報を見る限り、今日しか天気の良い日は無い。
しかし、今日は行けても夜遅くしか出れない・・・。
行っても釣れるのか?最近寝不足がキツくなってきてるしなぁ・・・ もう年か?
う~~ん、どうしよう・・・



        人は歩みを止めた時に 
     そして挑戦をあきらめた時に 
     年老いて行くのだと思います。

                道

       この道を行けばどうなるものか
     危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし
     踏み出せば その一足が道となり
        その一足が道となる
     迷わず行けよ 行けばわかるさ




   え?誰?どこから?ア、アントニオ猪木?

頭の中にあの有名なフレーズが流れた。

   よし!もう迷わない!行くぞ!!ありがとうアントン! (彼を慕う者はこう呼ぶ・・・別に慕ってないけど・・・)


てなわけで、早速 秋吉 と連絡を取ると、

「俺も遅くなるけどいいぞー」
「じゃあ短時間勝負で行くか!」
「OK! どこ行くんや?」
「この前探索成功したとこ。近いし」
「了解」

やはりこやつも相当の釣りバカだな・・・


― そして夜、

嫁のtommyが二人分の弁当を作って送り出してくれた。

「がんばって釣ってきてー」
「おう!サンキュー」

道中、秋吉は弁当を旨そうに食べていた。
俺は現地に着いてからゆっくり食べることにした。
これが後に明暗を分けることになるとは・・・


現地に着くと釣り人は一人もいない・・・

     ま、時間も時間やしヤリイカ釣りではマイナーな場所やしな・・・

車を降りて人がいないのが理解できた


     びょおお~ びょおおおおお~
       びょびょびょびょびょおおおおおお~


ぬおっ 風強っ」
「先端はもっと風強そうやなー 投げれるかなー?」
「迷わず行けばわかるさ!」
「は??」

― 先端到着


     びょよよよよおおおおおおーーー
       びょびょびょよよよおおおおおおーーーー


「なんじゃこの風は・・・」
「スゲーな・・・今年最高の風かもな」
「でもまだ追い風なだけマシやな」
「そうやけど、追い風なんて生やさしい風じゃないぞ、まさしく暴風やな」
「そやな・・・とりあえず俺は弁当食うわ」
「じゃとりあえず投げてみるか」

準備に入る秋吉を横目に弁当をむさぼりついた。

     う、うまい!俺は幸せもんやの~


秋吉の第一投目のキャスティング

あっかんわー、めっちゃ糸出まくりの横に流されまくりや」
「そんなんで・・・(モグモグ)釣れるんかぁ?(モグモグ)」
「シャクっても感覚がまったくないな」
「うーーん、キビしいかもな・・・(モグモグ)

すると!

お!?乗ったぞ!しかもデカいぞー!!」
ば、ばみ゛ぃ~!!バジでが!?」な、何ぃ~!!マジでか!?)
「よっしゃ!オラーっ!」(ブッコ抜く)
(ゴクン) デ、デカっ!!40cm近いんじゃねーか!?」
「ヤリでは過去最高のデカさやわ」
「やるな~、俺も早く食べて投げようっと」

秋吉第二投目

「またきたぞ!!」
う゛ぞっ!!マジか!?」
「さっきより小さいけど30はオーバーしてるかな」
「食ってる場合じゃねー!俺もやる!」


弁当のおかずだけを口の中に詰め込んで、強まる風の中キャスティング

     ビ ュ ン

    ブババババババー

「なんじゃコレ!?めっちゃ流れるなー、糸出すぎやろっ!」
「エギ沈んでるかどうかもあやしいやろ?」
「よくこんなんで連チャンで釣れたなー」
「俺もビックリやわ」


しかしその後しばらくパッタリ

そこへ!

     グーーーー 

T「なんじゃい!根掛かりかい!」

     ブ ッ ツ ン

ん゛あ゛っ!切れた・・・しかもリーダーごと・・・最悪や・・・」
「その辺は釣れるけど結構根掛かるぞ」
D-ZONEやな・・・」 ※(根掛かり多発のデンジャラス・ゾーン)

リーダーを結び直し、今度はスナップをつけずにチワワを作ってエギを結んでみた
エギはこの風でも沈むように糸オモリを巻いた3号改にした

そしてキャスティング

     ビ ュ ン

      プチッ

     ぴ ゅ う ~  さよ~なら~

あ゛っ!!・・・ム、ムカつく・・・
「ははははは!プチッって!何しに来たんや?エギ捨てに来たんか?」
「・・・っさい!」

今度はリーダーは残っていたので素直にスナップを着けていると・・・

「よーし!乗ったぞ!」
「・・・・・」
「早く釣れやー」
「やかましっ!」

その後数投目で

「やっとキター!しかもちょっとデカそうやぞ!」
「お?やっとかー!」
「ホリャー!」(ブッコ抜き)
「おおーデカいデカい、最初の俺のといい勝負やわ」


それからしばらくして


「なんか釣れたぞ?」
「どれ?」
小っさ!!過去最小やな」
「がははは!こんなん釣ろうと思っても釣れんぞ!エギと同じサイズやん」
「記念に写真撮ってくれ」
「あいよー」

最小チビヤリ


「しかしこれヤリイカの新仔やな?」
「シーズンの最初に釣れるオスが釣れたかと思えばこんな新仔もいるとは・・・
  どうなってるんやろ?この場所は・・・」

「ホントやな・・・」

そのチビヤリをリリースした後


    びょばばばばばばばーーー 
      ぼばばばばばばばーーーーー


更に強まる風の中、秋吉HITするもその後続かず

秋吉は勝利を確信して一人終了してビールを飲み始めた

「俺はもういいわ。ガンバレや~!今日はビールが美味いわー」


    くっ こ、こんなはずでは・・・
     ヤ、ヤバイ・・・早く釣らないと・・・
       頼む!きてくれ!ヤリイカちゃんよ~!!




願い届かず・・・・・

   終  了

結果は、
TAKA 1ハイ 35cm
07.03.28

秋吉  4ハイ 最大37cm (チビヤリはリリース)
秋吉07.03.28



「今日は俺の完全勝利やな」
「ハイ・・・完膚なきまでにな・・・」
「最初の連発が効いたなー」
「あの時 弁当さえ食べていなければ・・・」
秋「でもこの時期にまだこのサイズ釣れるんならもうしばらくいけるんんで?」
「そやなー、天気良くなったらまたこようぜ」


今年最高の暴風の中の釣行・・・
どんだけ釣りバカやねん!
でも来週どうなるかが楽しみ。
こうなったら釣りバカの道を突き進むぞ!!
スポンサーサイト
  1. 2007/03/28(水) 22:30:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヤリイカを求めて


きのうの敗北感を仕事の忙しさで忘れようとしている時に秋吉から携帯が鳴った。

「もしも~し、どした?」
「よお、ヘタレボウズ!ははは」
っさいわー!!ヘタレちゃうわ!何の用じゃい!」
「きのうのままじゃスッキリせんやろ。
   今晩もどうや?ちょい遅くなるけど」

「もう釣れんて・・・あそこじゃもうヤリいないって・・・」
「だ・か・ら、目先を変えて今まで行ってない所を探索しに行ってみんか?」
「ひょっとしてアソコか?ヤリイカ釣れるなんて聞いたことないぞ?」
「だから探索なんやって。ボウズ覚悟でな」
「・・・・・OK」

つーことで、二夜連続の釣行!
場所は、まずはアオリの聖地(アオリの時のホームグラウンド)

現地に着くと、先客が帰ってきた。

   ひょっとして釣れるのか!?こんな場所で?

秋吉が情報収集して戻ってきた。

「どうやったって?」
「メバル狙いやってさ。全然ダメやったってさ」
「メバルか・・・」
「とりあえず行ってみようぜ。探索なんやし」
「俺はもうボウズ喰らいたくねーんやけどなぁ・・・」


先端に着いてとりあえず痕跡を確認してみる。

墨跡無し、イカ釣りした様子無し、明かりまったく無し


     こ り ゃ 釣 れ ん な ・・・ 墨人の勘

一応キャスティングしてみるもまったくの無反応

「あかんな、まったく気配が無いわ」
「エギ引っかかってロストするの勿体無いし、次行くか?」
「そやな。ここ釣れたら超穴場やったのに・・・」
「そんなうまくいかんて・・・」


     場 所 移 動


次は明かりもあって潮通しもいい所
どちらかというとメバル向き

「ここなら釣れてもおかしくないけど、風の影響をモロに受けるな」
「でも人っ子一人いないのは怪しいな」
「ここはアオリも釣れた事ないしなぁ・・・
  いるにはいるんやけどなぁ、相性が悪いんやな・・・」

「そういやぁそうやな。俺もここじゃアオリ釣ってないわ」
「ま、ここまで来たんやし、とにかく行ってみるべ、探索探索」


先端はやはり風強く、潮の流れも速い
キャスティングするも、糸はフケるしエギがなかなか沈まない
墨跡も無く、痕跡も無い


     や る 気 な く な る わ ~


バッグの中に自作の鯛カブラ(今流行りのやつ)を持ってきていたので、
ヤリイカを諦めて穴釣りに切り替えてみた

「お前そりゃもう墨人じゃねーぞ!?」
「・・・・・だって二日連続ボウズはイヤやし・・・」
「ま、いいけど。イカの気配無いし、やってみれば?」

テトラの隙間で穴釣りを始めてすぐに!

   クイクイッ

とアタリのような感触が!
慌てず溜めて溜めて・・・あわせたその時!

   グーーーッ

ロッドがしなる!

     

テトラの間に根掛かり・・・
やがて

   プ ッ チ ー ン

んがっ!き、切れた・・・しかもリーダーごと・・・」
「あははは、余計なことするからじゃ!」
「うぅ・・・・・」

リーダーを結び直した頃にはテンション下がりまくりで心も折れかけていた

「やっぱりここもダメやな、次行くか?」
「えーーまだ行くの?もう行くとこないぞ?」
「帰りながら某漁港の先端に行ってみようぜ」
「ああ、あそこね。釣れるのは聞いたことあるけど、エギングじゃキビしいかもよ」
「時間も時間やし、行くだけ行ってみてダメならすぐ帰ろうぜ」
「ほいじゃ行ってみますかー」



     場 所 移 動


車を走らせ、漁港に着いた時には0時過ぎ
先端から先客が戻ってきた
秋吉が情報収集に

「どうでした?」
先客「3ハイだけ。今は潮が止まってるから厳しいかも・・・」

するとその先客がこっちを見て

先客「おお、俺俺!や」
「んん!?お前かー」

そいつはおいらの幼馴染のだった。

「ここでヤリイカ釣れるんか?」
「釣れるよ。俺はエサ釣りやけど、この前は10ハイくらい釣れたよ
  今日のサイズは小さいけど、この前は平均30cmくらいはあったよ」

「マ、マジでか!!?」
「でもエギではどうかわからんよ。時間も時間やし・・・」
「俺を誰やと思ってるんじゃい!」
「ヘタレ」
「やっかましーわ!!」
「ま、頑張ってやー、ほんじゃお先にー。気つけてのー」
「おう、お疲れさん。情報サンキュー!」


     こりゃ期待できんじゃないの!!?
       テンション上がってきたー!!!



早速先端に着くと、風も無く波も無くて良さげな感じ
痕跡もそれなりにある。

キャスティング数投目

「お!キタんじゃないか!?」
「うそっ!マジ!?」

   プシュッ プシュッ

「よっしゃ!なかなかのサイズや!」
「やるなー!また俺だけ釣れんのじゃないやろなー」

すると!

   クイクイッ

「!!?」

シャクってみた

   ス カ ッ

T「あら?気のせいか?」

   クイクイクイッ

「んんん!!?」

   フ ン ッ  (シャクりあげる鼻息)

   グ グ グ ッ

「キ タ ーー !!」
「よかったなー」

久々のヤリイカGET!


     ん~なんだろう この高揚感というか満足感は・・・
       今日はもうこれでいいや~




その後しばらくやってみるが、乗らない・・・

   は い 、 終 了 ~


結果は、
TAKA 1ハイ
07.03.21

秋吉  1ハイ
秋吉07.03.21


「最初からこっちくればもっと釣れたかもなー」
「そやなー、でも俺は今日は十分満足やけどな」
「あそこで釣れるって分かっただけでも探索成功かな」
「そやな、風が無いのが条件やけど、イケるかもな」
「楽しみが増えたってことで良しとすっか」


危うく二日続けてボウズになるところでした。
でも今回はそれより、新たな場所を見つけたのが1番の収穫でした。
ヤリイカも終わりに近づいてるけど、今回釣れたのは2ハイ共オスでした。
ってことは、あの場所ならもう少し楽しめるかも・・・。
  1. 2007/03/21(水) 22:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々!


入院しているばあちゃんの容態が日に日に良くってきた。

それと同時に、墨人の

   ド ク ン  ド ク ン  ド ク ン 

と脈を打ち始めた。
考えてみれば、半月以上も釣りをしていない。


     ぬぅぉおおおおおおおおーー!
      血が騒ぐ!! 海が呼んでいる!!
          行かないと死んでしまうっ!!!
  大袈裟な…

早速 秋吉 に電話した。

「ばあちゃんもだいぶ良くなったし、行こうぜ!」
「そっかー良かったなー、でも明日祝日で休み前やで人いっぱいじゃねーか?」
「あ・・・そういやぁそうやな・・・それに風も強そうやしな・・・」
「明日の夜ならそんなに人いないんで?」
「そやな・・・その方がいいかもな・・・気温も明日の方が高そうやし・・・」
「じゃ明日って事で」
「あいよ・・・」

つー事で、もう1日待つことに・・・

     ぬぐぐぐぐ・・・じれったい・・・明日よ早く来い!!


と思っていたら、夜になって秋吉から電話が

「今日意外と早く出れそうやし、今日行かんか?」
「俺はかまわんぞ」
「じゃ今日な」
「オッケー!」

毎日ばあちゃんの看病をしてくれてるtommyも気分転換にと一緒に行くことに。


いつもの漁港に着くと、思っていたより車の数が少ない。

     おおー!この数ならイケるんじゃな~い!!

意気揚々と車を降りると

     さ 、寒 い ・・・

そういえば道中の温度計ではたしか・・・

     0 ℃

そりゃ寒いよ・・・


「さすがに寒いな・・・」
「そやな・・・これで釣れんかったらもっと寒いぞ・・・」
「寒っ~い!あたし途中でGIVE UPするかも・・・」
「とりあえず行くべ」

先端に向かうと人の数とは裏腹にズラ~リと並ぶ電気ウキ

三人「 ・ ・ ・ ・ ・ 」

仕方なく内湾の B級ポイント へ

しかし、

     まったく釣れる気がしねー


しばらくするとA級ポイントのおじさん達が撤収し始めた。

   即 移 動 ~

移動途中に、おじさん達に情報を聞いてみた。

「どうでした?」
「全然あかんわ、イカえんなー」
お2「今からバンバン釣れるかもしれんぞー!頑張ってみれや。がははははー」
「どのくらい釣れました?」
「二つだけ」
え?・・・サ、サイズは?」
お2「ちっせーな、メスやな」
「お疲れさんでしたー」
「お疲れさん、ほな おやすみ」
「おやすみなさい・・・」

     え゛ー!?あんなに竿出しててたった2ハイだけ!?
       なんか イ ヤ ~ な予感が・・・



移動してしばらくすると、気温もグッと下がり体も冷えてきた
イカはまったく釣れる気配が無い

「さ、寒いな・・・」
「私もうそろそろ限界かも・・・」
「あら?雪降ってきてないか?」
「マ、マジ?・・・ホントや・・・そら寒いわ・・・」
「寒いねー」
「釣り来た中では今年一番の寒さやな・・・」

そんなチラリチラリと雪が舞っている中、しばし我慢のキャスティングが続く

すると

「秋吉さんの釣れてない?」
「え?」
「よしっ!チビイカやけどとりあえずGET!
「マジ?」
あ!私も釣れたよー!」
「え?え?」
「ちっちゃいけど釣れた~! ^m^ 」
「よーーし!俺も続くぞー!!気合いじゃー!」


   パ ッ タ リ

「私釣れたし、寒いからもうやめるね」

そう言ってtommyは終了。車へ戻って行った。


   ヤ、ヤバイ・・・このままでは・・・
     いやいやそんなはずは無いよ、俺に限って・・・



過ぎゆく時間、下がっていく気温テンション・・・

「寒いしそろそろあがるか?」
「え?・・・う、うん・・・もうちょい・・・」
「早く釣れやー」
「お、おう・・・」


     バ、バカな・・・こんなはずは・・・
       いやいやきっと大丈夫、アレにだけは・・・
         なってたまるか・・・



しかし寒さも限界になってきた

「もう撤収すっか?」
「あ、あと2投でやめる・・・」


     とうとうやってしまうのか!?んなバカな・・・
       このラスト1投に賭ける!!! 
         お゛り゛ゃ ー ー ー ー !!



   撃 沈


結果は、
TAKA  0ハイ
秋吉   1ハイ (チビイカ) 写真無し
tommy 1ハイ (チビイカ) 写真無し


「お?とうとう喰らったか?」
「い、言うな・・・みなまで言うな」
「え?ボ ウ ズ のことか?」
「Nooo~!」
「ははははは!もうKING返上で ヘタレ やな」
「ヘタレ言うな!!」

ということで、今年初ボウズを喰らってしまいました。
でも全体的にヤリイカ少なく、終わりに近づいてるのかもしれません。
それにしてもなんなんだろう、この敗北感というか脱力感は・・・。
テンション下がるわ~・・・
  1. 2007/03/20(火) 20:45:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

釣行できない・・・


   今回は釣行レポートではありません・・・


先週はいろいろあって釣りには行けていない・・・。


月曜にばあちゃんが事故にあった。。。

命に別状は無かったが、しばらく意識朦朧の日々が続いて仕事していても気が気でならなかった。

それもようやく落ち着いた頃、近所中で可愛がっていた(特にうちのばあちゃん)、野良犬(チャロ)が死んだ。。。

野良なのに12,3年以上も生きて尚且つ事故ではなく、老衰で安らかに逝ったのは、皆に可愛がられ愛されていたからだろう。

飼い犬ではなかったけど、大粒の涙がこぼれた。。。

それと同時期に、ばあちゃんが意識を取り戻したのだが、
ばあちゃんにはまだチャロの事は伝えていない。。。
なんだか、、、チャロばあちゃんの身代わりになってくれた気がしてならない。
もしそうなら、心からチャロにお礼を言いたい。

   「ありがとうチャロ! 安らかに眠ってな・・・」

今は、回復に向かっているばあちゃんが早く良くなることを祈っている。。。


そんなこんなで今週は釣りには行けなかった。ま、天気も悪かったけれど・・・。



そして今日は、

     M Y  B I R T H D A Y !! おめでとう!俺!

と言っても特に何も無いのだが・・・。

ばあちゃんも回復に向かっている事だし、気分も変えて、気持ちも昂ぶらせるって事で、


   自分への誕生プレゼントでも買うかー!!


って事で フィッシング ポイント へGO!

行って、社長店員さんと話しをして、某メーカーのNEWカタログを見ながら、

「このぐらい買わないとあかんやろー」
「え~ 高っいしなー・・・」
「今注文せんと手に入らんよー」
「それはわかるけど・・・うーーん・・・」


   ああでもない、こうでもない・・・


「よしっ 決めた! このロッドする!!」

はい、ご購入~! 

注文してしまった。値段はなんと およそ¥40000 也!!!

ロッドが良ければイカが釣れるわけではないのだが、前々から「欲っしいー!」と思っていたロッドなだけに思い切っちゃいました!

しかしこのロッド、人気があって生産が少ない為、入荷は 夏終わり~秋頃 になるとの事。
 
     遅っ!!

でも、支払いも商品が来た時でいいから しっかり貯めておけるから と自分に言い聞かせ納得させた。

どこの何を買ったかは お 楽 し み に って事で・・・。

   あぁ待ち遠しい・・・。
  1. 2007/03/11(日) 15:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

YOSSANと今年初釣り


きのうの夜に YOSSAN からの電話で ウワサの北の方 に初エギングに行って
ヤリイカ 1ハイGET したと報告があった。

 その場所は、おいらの親戚のおっちゃん:HEY YOUさん(仮)からの情報では、
 ヤリイカが釣れるのに全然人がこない場所 らしく、
 数は期待出来ないけどデカいのが回遊してくるらしい。


   そりゃあ確認せんとあかんやろー!! (単なる釣りバカ)

てことで、今日は YOSSAN と今年初の釣行することに。

   おいおいおい、今週これで3回目やぞ!?
    どんだけ釣りバカやっちゅうーの・・・



早速現場に着くと、そこにはHEY YOUさん(仮)の姿が! 
 電話で詳しい場所を聞いて今日行くとは伝えておいた

「お~遅かったな!」
「何時から来てたの?」
「6時からや」
6時!?早っ! で?釣れてるの?」
「来てすぐに40cmくらいの釣れたけど、その後はパッタリやな・・・」

   ん~・・・期待できんなコリャ・・・

とりあえずやってみることに (ちなみにHEY YOUさんはエサ釣り)

テトラの上でバランスを気にしながら投げること3投目

   ク ク ッ

「お? 乗った!
「ウソやろ~?」
「・・・でも ちっちゃいな~」

チビイカGET!

その直後立て続けにHIT! 今度はヤリイカGET!

「なーんや、結構釣れるやん」
「おいおいお~い ウソやろ~!? おんさんアホみたいやんかー」
「ははは、腕の差 ってやつかなー!?」
「やっかましぃーわ~い!」


しばらくして YOSSAN 到着

「どうや~?」
「今んとこイイ感じかなー」
「どのくらい?」
「今んとこ 3つ  そこのおんさんは6時から来てて 1ハイ
「やっかましぃーわ~い!そんな小っさいの狙ってないんじゃ~


しばらくして、

「おんさん もう帰るわ~、全然釣れんし疲れたわ・・・」
「エギの方が釣れるって!」
「車には積んであるけど、もうめんどくさいわー」
「気ぃつけてー」
「ほんならのー、テトラから落ちんよーにのー」


HEY YOUさん(仮)が帰ってからポツリポツリとチビイカは釣れるがヤリイカは釣れず・・・

その後しばらくするとパッタリと止まり、沈黙のキャスティングが続く・・・


するとその時!

     パーーーン!
       パーーーン!
 

静かな海に鳴り響く 発砲音

   (ビクッ)な、なんだなんだ!? 銃声か!!?
     ヤクザ同士の抗争か!? 組長襲撃か!!?


辺りを見渡すと、

     パシュッ パチパチパチ 
      パシュッ  パラパラパラ



   は、花火!? なんでこの時期に花火やねん!
    ったく人騒がせな・・・


すると今度は、

「よしっ!」
(ビクッ) え? な、何?」
「乗ったー! ヤリや!!」
「やっとキタか! よかったなー」

YOSSAN に本日初HIT!

間髪入れずに、

「俺もキター!! なんじゃ?時合いか!?」
「そうかもなー、回ってきたんかもな」
「それなら急いで釣らないと!!」



   ・・・・・・・・パッタリ


雨もパラパラ降り出して そのまま

   終 ~ 了 ~


結果は
TAKA    7ハイ(ヤリ 3、チビ 4)
07.03.03

YOSSAN  1ハイ
YOSSAN07.03.03



「そういやぁ、俺と勝負してやるとか言ってたよな? 俺の圧勝やな!」
はぁ!?俺はそんなちっこいイカ狙ってねーし!」
「言い訳?」
ちゃうわ!! それに俺が来てからはヤリイカはお前も1ハイだけやろ?」
「・・・そりゃあそうやけど・・・」
「ほんなら引き分けやな」
い゛ぃーーー!!? なアホな・・・」
「ヤリイカ勝負やし」
「・・・・・まぁ、いいけど・・・」


なぁ~んか納得いかんけど、勝負はまた今度ということに・・・
それにしても、おいらは今週3回目の釣行、
YOSSANは3日連続(1日目はメバリング)
HEY YOUさん(仮)は2日連続・・・
みんなしてどんだけ釣りバカやねん!!

あ、YOSSAN と HEY YOUさん(仮) は前日に
顔を合わせてたらしい。
偶然とはいえ、なんかスゴいね・・・
  1. 2007/03/03(土) 20:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ストレス


「今日行こうぜ!」
「いいけど・・・ちょっと風強いんで?」
「なんとかなるやろ」
「なるかぁ? まぁ行くだけ行ってみるか・・・」

前回の釣行で久々に大漁だったのがよっぽど嬉しかったのか
昼頃に 秋吉 からのお誘い

なんだかんだ言いながらも決行してしまうのは釣りバカの性なのだろうか・・・


前回見事? QUEEN を襲名した 嫁(tommy)にも声をかけてみた

「秋吉が今晩行こうって言うんやけど、行くか?」
「来てほしいんか? 行ってやってもいいけど?」

     はぁあ!? 何そんな上からモノ言うてんねんっ!!
       たかが1回勝ったくらいで!!!


と言いたいのをグッと我慢して

「あ、無理に来なくてもいいよ、風ありそうやし・・・」
「しゃーねーなー、行くわ」

     ・・・んのやろう~ エッラそ~に・・・・


   ― 数 時 間 後―

「そろそろ行くぞー」
「やっぱり寒いしやめよっかな~」
はぁあ? 行くって言ったんちゃうんかい!
   ったくコロコロ変わりやがって・・・」
(ブツブツ・・・)
(プチッ) はいはいはい、行きますよ!」
「行きたくねーんなら別にいいよ来なくて」
(ブチッ) 行くって言ってるやろ!!」

    な、な、なんやねーん!! 


なんだかんだで 3人 で出発

いつもの漁港に着くと、寒さはあるものの風は無くなっている

     が、

いつもよりかなり多い車の数・・・イヤ~な予感

とりあえず先端へと向かうことに・・・


     唖  然


海面には、防波堤の根元~先端までビッシリと並ぶ電気ウキ
中にはいつぞやの〝貪欲おじさん〟もいて、一人で4~5本は竿を出している。

     ちょっとは遠慮という事を知れ!!


仕方なくC級ポイントへ移動

前回同様、『明かり』を入れてイカを寄せる作戦をとることに、、、名づけて

     【擬似漁船作戦】 ・・・まんまじゃん



開始してしばらくキャスティングを続けるも

   釣 れ る 気 が し ね ー

しばらくして

「ごめーん、コレ・・・」
「釣れたんか?」
「糸が・・・」

   バ ッ ク ラ ッ シ ュ

チマチマと絡まったラインを解いていると

お!キタんじゃな~い!?」
「マジ?」

プシュッ プシュッ と 秋吉ヤリイカGET!


   こんなことしてる場合では・・・早く解いて釣らないと! イラッ

ラインがヨレヨレになるも、なんとか復活! 
ちょっとヨレヨレがひどいけど・・・たぶん大丈夫やろ・・・

   急がねば!

キャスティングしたその時

     ブ ボ バ バ バ ッ

「なんかイヤ~な音したぞ」
「・・・・・・・」

今度は自分のがバックラッシュ・・・

   なんでやねん! イラッ

そんなにひどくもなく無事解いて巻いていると

の゛わっ もう一箇所あった・・・」

   なんでじゃい!! えー加減にせーよ ゴラ゛ァッ!! 
   ぬ゛ぅぅぅ・・・こんなチマチマやってられっか!
 イライラッ 

   プ ッ ツ ン 

ラインを切ってリーダーを結びなおしてキャスティング

すると!

   グ グ グ グ ッ

「よっしゃっ!」
「釣れたんか?」
「おう!」

胴長30cmほどのヤリイカをようやくGET!

   よっしゃ今からや!! 待ってろよ~ イカめ!!

そこへ、

「ゴメ~ン・・・」
え゛ー?また!?」

先程直してヨレヨレになってた所がまたもやバックラッシュ
やはり切っておくべきだった・・・

「・・・これは俺のミスや、しばらく俺の使ってて」
「うん、わかった」

ヨレたラインを切り、リーダーを結び直していると

「釣れたよー!!」
「また“あの(邪道な)”釣り方で?」 
うん(*^^)v」
「スゴいなぁ・・・」

   な、何ぃ~!! 早く戻らねば・・・ イライライラッ

直して復帰した時にはパッタリと釣れなくなっていた・・・

「この場所で全員釣れてボウズじゃないだけいいかもな」
「まぁな、でも俺はほとんど釣りしてないけど・・・」
「何しに来たんかわからんなー」
「まったく・・・」
「ねぇ、あっちの方 人いなくなったんでない?」
「え?」

見ると、貪欲おじさん達のいたA級ポイントが空いた

     即 移動~

移動してしばらくして、TAKA・tommy にHITするも後続かず・・・
時既に遅しなのか・・・

   釣れん・・・寒い・・・もうダメだ・・・燃え尽きちまった・・・真っ白な灰によぉ・・・  ←誰?

     ペ キ ッ (心が折れた)

   はい、終了

結果は、
TAKA  3ハイ
07.03.01

tommy  2ハイ
tommy07.03.01

秋吉   1ハイ (写真無し)


今回は釣りをしに行ったんだかラインを直しに行ったんだか・・・
なんだかストレスの溜まる釣行でした。
しかし、人増え過ぎで思うように釣りが出来ない。
「釣りに来るな」とは言わないが、自分だけの釣り場じゃないんだから、
もう少し遠慮というか、秩序を持てないものだろうか・・・
  1. 2007/03/01(木) 21:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

TAKA

Author:TAKA
墨人(すみんちゅ)
TAKAのブログ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

ブログ内検索

アクセス

ランキング

にほんブログ村ランキング

↑ポチポチっと・・・

ランキング

ぎょねっとブログランキング

GyoNetBlog ランキングバナー

↑ポチポチっと・・・

QRコード

QR

お気に入りブログ新着記事

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

福井の天気

潮汐表

Google マップ

都道府県別アクセス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。